FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-02-17 (Tue)
    見ていて小気味いい回でありました。

    ゲストは以前光ちゃんが 「スシ王子」 番宣でお世話になった
    「ハナタレナックス」 という番組の中のメンバーの御一人。

    御名前自体は存じ上げていたものの、正直
    当時の番宣が、自分にとっても初対面同然の方。
    でも当時の 「ハナタレ」 同様、今回もやっぱり感じました。
    頭の回転のいい、ユニークで明るくてサッパリ・ハッキリした方。

    「ハナタレ」 以前の印象では、
    どっちかというとあまり好みではない部類の方だったけど (失礼!)
    この2回の収録で好感度はグググ―――――――ンとUP!! 

    いつもの半端ないウッゼーーー横からの突っ込みに

    「あんまり話に入ってこないでくれる?」
    「余計な笑いが入ってくると、話の流れが崩れるわけよ。」
     by 大泉さん


    あ――――――!!  
    スッキリした!!!!!!  にぱ 

    あなたが初めてじゃないかしら?
    そこまでハッキリ言ってくれたのは?
    もうそれだけで嬉しくて、大喝采×大爆笑。 笑い。

    その時の光ちゃんの笑顔が何もかも語っているように思ったのは
    私だけー? ぷぷ

    そして堂本一問一答。
    椅子をすすめるフリをして、ちゃっかりその椅子に座った光ちゃん。
    戸惑いながらも、さっと空気を読んで、お茶目なMCになる大泉さん。

    それを見上げる光ちゃんの子供みたいな笑顔。ふるーつ☆Cultivation・ハート×2 
    (光ちゃん、大泉さんに “デレ” ですね?)
    天の声の方もシャレてます。そのまま質問に行きます。

    「子供の頃はどんな少年でした?」 の問いに
    「ちっちゃい子供でした。」
    と即答する光ちゃんがナイスです。

    ホントに光ちゃん、激・可愛いです。はあと
    頭いいし~。(いつものことだけどね。(^_-)-☆)

    こう言うのがホントの “笑い” だよね。
    (できればそのまま光ちゃんに全部質問に答えて欲しかった。/(笑))

    しかしね。。じとー
    怖いねー、Booingって。

    突っ込まれたら、絶対そのままじゃ済ませないのね。
    例えその場がどうなろうと、どんな空気になろうと
    相手がゲストだろうと、容赦ないのね。

    流石ですわ。
    なんだかんだ言って、大泉さんを悪者に決定しちゃったよ。げ

    へー。
    私は誰かさんの方が余程悪者に見えるんだけど。
    信じられない、その神経。

    信じられないと言えば、そのあとの瞬き対決の時に出たテロップ。
    あれも信じられないのよね、いつも。
    いくら好みの問題とは言え、本気でそう思ってるとしたら……
    早めに病院言った方がいいと毎回思うんだけどね

    あとネイルの時にした横入り話。
    あの発想って・・大泉さんや光ちゃんがフツーだと思うけど
    彼は違うんだ。

    あの発想を持てる “男” の方が女の私から考えたら信じられない。
    (ある意味あの人は純粋な男ではないかも知れないからそうなのか?)

    まあ兎にも角にも、ラストのラスト 光ちゃんが言った

    「今日は楽しかった!」

    あの一言は重かったと思うのは私だけかなぁ?

    光ちゃんがいくらホントにあの場が楽しかったとしても
    あの一言をカメラの前で言ったということ
    またその前に、そういう気持ちを素直に口に出せるようになった
    その事実に……。

    光ちゃんの気持ちに確実な変化が潜んでいると思った
    今回の堂兄でした。(⌒-⌒)


    あと某大好きなブログさまとメル友さんから、教えてもらった
    市川○三郎さんのブログ。

    今年も観劇してくださったんですね、SHOCK。(^ー^)
    そこに並んだ絶賛の言葉に心から嬉しく思いました。

    同じ “演者” の目線で見た上での喝采に
    誰かこのブログの内容をマスコミやメディアで取り上げて欲しい。
    そう思ったのは、きっと座長さまファン、SHOCKファンなら
    共通に思ったことではないかなぁ?

    あと、宙乗りと宙づりの違いも教えてくださっていましたね。
    それもまた別角度から表したお褒めの言葉ですよね。(⌒-⌒)
    以下 嬉しい御言葉の覚書。


    開幕早々から長時間にわたるミュージカルナンバー 誰一人 
    脇のダンサーに至るまで 気の抜かない一糸乱れぬ群舞の数々。 

    (中略)
    何より、光一君を支えていこうという意気込みの 
    スタッフ キャストの皆様が、
    義務ではない自ら望んでやろうという姿勢。

    (中略)
    それが 危険をも顧みない彼らの信頼関係で結ばれた舞台へと
    続いて行くのでしょうね。
     
    (中略)
    正直、立ち回りなども 私も何度もやった事はございますが 
    立ち回りは型の手順では覚えられません。 

    (中略)
    あんなに長いと 記憶の限界を超えてしまいます。
    (中略)
    おそらくお稽古で 個人個人が 一人でこのショックの舞台の
    自分の役を演じても 完璧にこなせるだけの セリフ ダンスの動きが
    頭に入っていなくては あれだけの長時間をこなせられないでしょう。

    (中略)


    今あらためてこの 『エンドレス ショック』 は 
    堂本光一君は
    燃え尽きることのない太陽のような
    エネルギーの燃焼でしょう。




     ★☆。.:* (‘-^v) Thank you for e-mailing! (v^-‘) *:・”☆★  

    星 ma○○○○さま
    メール ありがとうございました。
    御返事はBlogをUPしたあと直接させていただきます。
    御確認、よろしくお願いします。  それではまた。 に


     ★☆。.:*:・“゚★(‘-^v)Comment Thanks!(v^-‘)★。.:*:・”☆★ 

     ろっこつさま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    御同意、ありがとうございます。実は私も殆ど同意見です。

    まだ観ていらっしゃらない方もおられますので
    あまり深く突っ込めないのですが、
    今年限りでのあの面子は本当に勿体ない気がしますね。
    こうなってくると本当につくづくG活動が邪魔ですね。

    思えばあのSHOCKが前作のSHOCKからEndless SHOCKになった
    2005年の前の年、2004年の後半。

    光ちゃんはまるで神隠しのように行方や動向が分からなかった。
    そのような記憶があるのですが・・記憶違いでしょうか?

    ということは、
    脚本を練ると言う事は、相当な時間と手間がかかると言う事。
    あのダラダラ・救済コンがなかったら、いや せめてせめて
    あれが11月で全て終わっていたら。
    1月末のシングル発売がなかったら……と思えて仕方がありません。

    返す返すも……ウゼ―――――――!! でございます。
    邪魔だ―――――――!! どけ―――――――!!!!!
    ……の一言に尽きます。

    その上光ちゃんソロの最後の砦とも言うべき帝劇にまで
    Gの色を持ち込み、染めようと、いやもう半ば毒されている。。。(ーー;)

    この恨み節はどこへぶつけたらよいのやら。。(忘れへんでー。)
    コメントありがとうございました。それではまた。 に


     ★☆。.:*:・“゚★(‘-^v)web claps Thanks!(v^-‘)★。.:*:・”☆★ 

     み○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    1000文字をゆうに超える大作の感想を寄せてくださり
    本当にありがとうございました。

    もし差し支えないようでしたら、
    私なりの感想を直にお返事させていただきたいので、
    PCのメアドを教えていただけると、とても嬉しいです。(⌒-⌒)
    (強制ではありません)
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     エ○○さま 
     野○さま

    御返事はBlogをUPしたあと直接させていただきます。
    御確認、よろしくお願いします。  それではまた。(^-^)

     ありんこさま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    申し訳ありません、まっさらな気持ちで初の観劇を迎えたい
    そうお考えの方には苦行の毎日ですね。f^_^;

    一応私の感想はこれで終わりましたので、ご安心を。
    (私はセッカチなので、ネタばれを我慢できません。/(苦笑))
    御観劇の暁には、是非当日の座長さまの御様子
    教えていただけると嬉しいです。(*^_^*)

    だけどあの舞台のこと。
    私が観劇してからもう今日で丸1週間が経っています。(早っ!!)

    詳細は分かりかねますが、きっともう細部の練り込みや細かい変更は
    数え切れないほどあるのでは? と思われます。
    どんな風に変わっていくのかも楽しみです。
    (それもSHOCKの醍醐味のひとつ、と考えています。)

    最近気候が不安定且つ寒暖の差が激しいです。
    どうぞお体に気をつけて、無事帝劇に着き、御観劇できますよう。( ̄人 ̄)
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)
    スポンサーサイト



    | 堂本光一 | TB(0) |