FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-01-25 (Sun)
    筆が進まない、と言いつつ、書こうと思えばネタがあった先週。
    しかし自分の帰宅が毎日9~10時では流石に限界が・・。
    実は23日のM捨ても、すっかり忘れてた。f^_^;

    一応録画はかけておいたから見逃すことはなかったけど
    ミニ捨ては見られなかった。
    噂によるとミニ捨て光ちゃんが大層激カワだったとか。(悔しい)

    と言いつつ、そもそも自分の地域、
    ミニ捨てがあるのかないのか自体が分かんない。  
    だってリアルでは滅多に見られないもん。(見る気もないけど)f^_^;

    さて。
    色んな雑誌を見たりM捨て見ててみてて思ったんだけど。
    光ちゃん、Gの仕事してる時、表情暗くて硬くて辛そう。
    グラビア見ても、TVやPV見ててもそう。

    やつれてるっぽく見えたり、怒ってるように見える時もある。
    あの美授とプロ魂をもってしても
    そんな風に見えてしまうような気がする、その裏には……。

    理想や行きたい方角に行けない不本意な気持ちがある。
    自分にも、ファンに対しても。
    そんな気がする。

    光ちゃんは上昇志向も高く、作品に対して常に “もっと” 
    と言う真摯で高潔で高邁な精神と気持ちを持ち続ける人だから、妥協を最も嫌う。

    その根源は何より作品に対しての気持ちとファンに対する気持ち。
    最大限の努力をはかり、最高の表現をすることで
    作品にもファンにも敬意をもって報いたい、それが光ちゃんの思いだと推察する。

    そうあることが全てのことに対する自分から相手への、または楽曲への
    答え。伝えたい思い。
    上手く言えないけど、そんな気がする。

    しかし今のGでは妥協・自己満を余儀なくさせられる。
    (Booingの自己満を最優先せねばならぬと言う意味)
    それが光ちゃんの表情を曇らせたり、険しくさせる。

    “表現者” 堂本光一としての苦悩が正直に顔に出ている…とでも言おうか。

    23日の夜は10時に帰宅したので、当然M捨ては録画で見たけど
    ガックンとのほんの少しの絡み以外では 
    (サイボーグチックな動きをして、おどけて見せてる時以外は)
    やっぱり表情は硬い。明るさにも欠ける。

    タモさんと話している時、タモさんが上手に話を運んでくれたこと
    光ちゃんが違う事は違うと
    以前とは変わってその場で釈明 (説明) するようになったこと
    それらのお陰で、歌の前の喋りは以前に比べて多少見やすくはなっていた。

    タモさんがBooingをスルーしてくれたのも、とても気持ちが良かった。 
    タモさんは光ちゃんの本来の姿をちゃんと知っててくれるんだろうし
    気づいてもいてくれてるんだよね。
    スルーするだけでなく、あとで自らフォローまでしてくれたもの。

    が、Booingの姿勢は相変わらずであるとも再確認できたのは
    流石G、いやBooingクオリティー。

    あと歌のカメラワークや音は、今までの中で一番 “まとも” だった気がする。
    (普通はあれが正常だと思うけど、意外、と思った時点で異常だよね)

    まだまだ100点とは言えないけど、
    それでも以前よりは、という程度の評価はできるかな。
    (はい、すみません、上から目線です)

    やっぱりソロでない限り、気持ちよく見られる番組はない。
    100% 心から楽しめるものは有り得ないのかも知れないと思ったM捨てでした。

    あと付け足し。ガックンのダンスを見たら
    無性に光ちゃんのダンスが見たくなった――――!!!!!!
    光ちゃ―――――――ん!!!   Hey!! Dance Please!!! (和製英語) 


    それと先週。
    何かすっごいプロモをするというのに、その上まだこれでもかと
    某所から御丁寧に2つもメールが来た。

    CD買ってね、のお願いメールがケータイ  とPCに。 パソコン

    やっぱ余程予約状況が悪いとみえる。その必死さが誰かさんと被るわ。
    それなのに相変わらず上から目線は変わらない。
    シラを切ってるような印象。そういうところも同じ臭いがする。

    せめてお願いならお願いらしいメール文面にすれば、まだ多少可愛気もあろうに。  
    流石殿さま (裸の王様) は違う。

    無残な脳みそと性格が育てたタレのツケは、育てた側が払うしかない
    …とはいうものの、そのとばっちりを受け、巻き込まれる会社もある。
    そんな他社が可愛そうでならない。

    なので今回のCDとは違うけど、また来るかも知れないメールのかわりに
    ワタクシが先にプロモをしてあげる。(エリカお譲さま風に)

     X探偵オリジナルサウンドトラック
       (2009/03/18・ポニーキャニオン) ¥2625(税込)
       あらー、とってもお安いですわよ、みなさま。沢山買って差し上げてね。 ぷぷ

     「堂本Xと頭のなか 」
       著者: 堂本X  (出版社: 日之出出版 ) 発行年月: 2009年03月  
       FINEBOYS連載 『堂本X 自然体オフスタイル 東京』 が装いも新たに
       ファッションでライブなSPECIALブックとして生まれ変わりました。

       東京、横浜、パリ、そして故郷・奈良、気の向くままに歩いた軌跡とともに、
       ファッション観、人生観をたっぷり盛り込んだ20代の締めくくりの一冊。

    (あのぉー、言いにくいけど、言ってもいいかなぁ?
     とてもあの姿は20代には見えないんですけどー?
     それに生まれ変わった方がいいのは、書いた文章もかもだけど
     何よりその無残で残念なそのご本人そのものだと思うんだけど) ぷぷ

    しっかし 謎だらけー。何で今更サントラ? DVD・BOXが出たあとに。
    何で採算合わなくて返品必至のモノが出版される?(過去の事例から言って)
    まあ知りたくもないけど。その事情も、その作品の中身も。
    知ってどうにもなるものでもなし。┐('~`;)┌

    レコード会社も出版社も本音はいい迷惑なんじゃないのかしら?
    でも申し訳ないけど
    サントラも本もゴミになって邪魔くさいからタダでも要らねーです。
    今どきはゴミの分別も面倒だしね。

    キミは 「Funky Monkey Baby!!」
    (単語を1個づつ直訳して嘲笑するしかない愚かな私…
     と言いつつ、本当の赤子ならまだ将来がある…とも思う)


     ★☆。.:*:・"゚★(`-^v) Comment Thanks! (v^-`)★。.:*:・"☆★ 

     桃子さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。 
    ご無沙汰しております。

    さてそうですね。
    ココを始めた時期が悪かったのと、元々の自分の性格のせいでしょう。
    でも本当は光ちゃんの可愛いところとかカッコいいところ
    全てのステキすぎるところを書きたいのに……というジレンマは
    ないわけではないのです。

    だけど今のところは憤慨するようなことの方がずっと多くて…。

    きっと心が狭い上に性格もねじ曲がっているからでしょう。
    好きと思ったら止められないのと同じように
    イヤと思ったらそれも止められないし、嫌いなものを嫌い
    そう言わないで胸の内にしまっておくことができないんです。

    昨日 友からSHOCK・チケが届いたよ~! と知らせがあれば
    「なら元本割れの返金用紙はいつ来るんだよー!!」
    「なんで外れた上に元本割れの返金用紙を強制的に突きつけられなきゃ
     いけないの? “私はいつでもいい” にもちゃんと したのに!」
    そんな余計なことまで思ってしまうんです。(だから外れるのね。) 
    もう負のスパイラルです。

    光ちゃん、お願いだから今年こそ1年中夢を見させてください。( ̄人 ̄)
    そう祈らずにはいられない今日この頃です。
    コメントありがとうございました。それではまた。 に

     匿名希望さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    もう本当にスカとしました。太陽  激しく同意の上に、特に( )の中の文章、
    ラスト4行には大笑い&拍手喝采。にぱ 

    その他の御返事は直接させていただきました。
    御確認どうぞよろしくお願いします。   それではまた。 に

     こでまりさま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    いいえ、どういたしまして。f^_^;

    あの言葉は光ちゃんファンとしてとても嬉しい言葉でした。
    そしていかにも光ちゃんっぽい言い方だな~と思いました。

    決して自分主体の物言いでなく、受け手側の思いに身を任せ
    それを真摯に受け止める、堂本光一そのものの意見の言い方、思い、考え方
    …とでも言ったらいいか。

    そしてその陰に潜む光ちゃんの思いも見て取れたような気がしました。

    救済コンが始まる時、光ちゃんはまだ微かに
    禁忌に期待していた部分があったように思います。
    でも実際終わってみると、悲惨極まりない幕引き。

    流石の光ちゃんも腹を括るしかもう道はないと思ったのではないかと
    推察します。いえ、確信に限りなく近いと言った方が正しいです。

    そして会場にいたファンや、
    会場に行けなかった、行けなくなってしまったファンの思いも
    ちゃんと伝わったんじゃないかな、そういう風にも受け止めました。

    だからまだどれくらいの時間がかかるのかまでは分からないものの
    近い将来、いつかは必ず私たちが一番望む姿で
    光ちゃんは私たちの前に立ってくれることになる。
    それが感じ取れた気がしたのが、何よりも嬉しかったです。ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

    そしてまずは今年こそ、長い間待ち望んだソロCD (ソロアル含む) とソロコンの実現!!!
    それを待っています。
    そしてそれはきっと実現する。そう思っています。heart02

    コメントありがとうございました。それではまた。 に


     ★☆。.:*:・”゚★(‘-^v) web claps Thanks! (v^-‘)★。.:*:・”☆★ 


     M捨てジャンクション ”いつものところ” で発見!!!  
       いつもながら 「ありがたや~~~!!」 はあと 

     まーちん、どうしたの? web  ”UP” の文字が光ってないよ・・。
       単に忙しくて原稿を落としただけ。そうならいいけど。
       何事もなければいいけれど…。

       座長さまも言ってたよ。あなたの役どころは、とっても重要なんだと。
       会えるの、楽しみにしてるから…。
    スポンサーサイト



    | 堂本光一 |