FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-01-15 (Thu)
    んーーー、いーなーぁー。ふるーつ☆Cultivation・ハート×2
    もう何でこう いちいち可愛いんだろう?

    笑顔は言うまでもなく、どんな表情、仕草にも癒される。

    これが本来の光ちゃんの姿なんだよね。
    こんな表情、Gでの仕事の時には唯の1度たりとも見たことない。
    光ちゃん自身が凄く すごーく自然体。

    お顔はまたどんな角度から見ても、これまたとってもキレイだー。はあと
    (女から見ても嫉妬だ。)

    憎らしいほどキレイってこういうことだろうなあ。
    そんな顔で無防備に笑われたら、もうズキュン   しかないよ。


             goronyan_s2.gif

                 はらはら ほれほれ へろへろ~

                               hiraki_6.gif


    気づくとつられて自然と自分の頬まで緩んでる。

    ハッキリ言って自分の好み的には 『知神さま』 の方が好きだけど
    そして話の内容も、それほど驚くほど新鮮で、超・アンラッキーだー
    ・・って殊更騒ぎ立てるような内容ではないものもあったのに
    テンポ良く嫌味なく、さらさらと心地よく進んでいくのがいい。

    この辺が光ちゃんの上手さ、正に本領発揮って感じ。うぃんく
    上手に話を広げ、時に自分の意見も挟みつつ、その癖
    決して場の空気を澱ませず、人を落とさず、自分も落とさず
    最終的にはゲストの方の話に戻してうまくまとめ上げるのは流石。

    だからかな、終わった後には日溜まりの気分だけが残る。
    その上何だかお日さまの香りまで漂ってくる気がするのは
    一重に痛いファンだからってことで。f^_^;

    変にブッた切る人もKYな人もいないし
    安心して見ていられるってこんなに気持ちがいいんだ。笑い。

    あと、最後のコントはホントに美味しかった~~~。ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

    「サイン、勿体ない。」   カメちゃん ナイス   私もそう思う
    でも放り出すのに、ちゃんとマジックのキャップを閉めてから
    ・・っていうのがいかにも光ちゃんっぽい。(*≧m≦*)

    ちょんまげからどうワインに繋げるのかは、鈍いワタクシは
    即座には分からなかったけど、あの 「アイ~ン!」 に撃沈。
    (この調子だから、最後の
     ワイン=ホルスタインのくだりはチョイ考え込んじゃった。
     +あの牛さんのぬいぐるみをポイする仕草もかばえぇぇ

    それにしても光ちゃんお疲れさま。
    忙しい合間を縫ってソロ・番組してくれて。

    だけどあのコント、ホントは照れ臭かったんと違う?
    顔が赤くなってたような気がするんだけど。(笑) ウチのTVの加減?(爆)

    あともうイッチョ。光ちゃんの幼き日の写真。
    もうあの頃から既に超・キレイ。
    でも今とちょっと違うのが、同じ綺麗でも、受ける印象が 「クリスタル」 なんだよね。

    若さゆえか、緊張してるのか、ちょっと尖んがってて
    その癖 落したら壊れてしまいそうな感じがする。
    だけどそんなところがいかにも少年って感じでまたイイの。
    (結局光ちゃんのことなら何でもアリなのね、私って。/(*≧m≦*))

    それにしても 徳光さん。
    放送局にいながら、しかも報道の最先端にいながらセナの顔も知らなかったなんて。
    私から考えたら、本人直筆のサイン入りパラソルなんて120万でも安いわ!(笑)

    あ、そうそう光ちゃん。
    貴方は今の貴方のそのままが1番いいのよ。背丈も何もかもが、ね。うぃんく


     ★☆。.:*:・“゚★(‘-^v)Comment Thanks!(v^-‘)★。.:*:・”☆★ 

     ろっこつさま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    私もそんな風に思えます。

    それに加え、光ちゃん自身は、この先自分のソロも視野に入れて
    禁忌としての活動も考えた時、光ちゃんはまず何より
    禁忌と言う場を、最低限度のクオリティーまで引き上げなおし
    それが成ったら、自分のソロに本格的に取り組もう
    そう考えていたような節もあるような気もします。

    要はまず屋台骨をキチッっと立て直してから、と言うのが
    光ちゃんとしての希望であり、理想だった。そんな気がします。
    けれど救済コンがもたらしたのは、ろっこつさまも仰るように

    ファン分裂の加速と、Tの変態ぶりの露出と、光ちゃんのBooingへの対応の変化。

    正にそれだったと思います。本当に見事なまでの失敗です。
    それもこれもその根源は・・言わずもがな、ですが。

    そしてファンの分裂の加速と言う点においては
    残念ながら光ちゃんonlyと呼ばれる人々の中にもそれは生まれた。
    多かれ少なかれ、それもある、そんな気がします。

    そしてココまであのGを放置している事務所。普通なら考えられない。
    どんな理由があろうと、それを何の咎めもなく続けさせている
    その事実がある限り、それに関わっている関係者は全て同罪です。

    J さんには光ちゃんを芸能界デビューさせてくれ、
    ココまで育ててくれた恩義は確かにありますが、彼とて
    それを黙認しているという事実は、どのような理由があったとしても
    私から見たら罪の重さは同じです。

    あの事務所は○っているとしか思えません。

    皮肉・嫌味として言うならば、J さんが光ちゃんとBooingを組ませた
    それだけが唯一の栄誉でしょう。
    その栄誉の中身は・・ココまであのGを生き長らえさせ、
    金儲けの材料に出来た、という会社ベースでの観点で、です。

    光ちゃん以外の人では、あのGは有り得なかったと思うから。
    恐らく光ちゃん以外の誰と組んでも、Booingとなら
    数年もつのが精いっぱいだったと思います。

    私はろっこつさまより更に露骨ですから (洒落? f^_^;)
    Booingがフェイドアウトなんて生易しいものでは満足できません。
    まあ これ以上はココには書けないのが何とも残念ですが。(苦笑)
    コメントありがとうございました。それではまた。 に


     ★☆。.:*:・“゚★(‘-^v)web claps Thanks!(v^-‘)★。.:*:・”☆★ 

     れ○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    毎日来てくださっているとのこと、ありがとうございます。

    さて、例の写真。本当におぞましく、汚らわしいです。
    Booingのあの顔は、正に犯罪者そのものの顔。
    あのような行為は、相手がだれであれ犯罪行為です。
    職業や間柄など関係ないでしょう。

    また、あの場には様々な立場の人々がいた。
    もし仮に光ちゃんが訴えれば、あれだけ大勢の目撃者がいたわけだし
    証拠写真もあれば、何より動かせない事実がそこにある。
    それにそれを目撃した人の心のケアも心配です。

    +光ちゃんファンとしても、先々を思うと恐ろしくて本当に一時も気が休まりません。
    事務所は一刻も早くBooingを処分・解雇すべきです。
    しない方が間違っている。私はそう思っています。
    しかもBooingは再犯なんですから

    それにもし仮にあの会場がその類のことを望むファンだけで
    埋め尽くされていたとしても  事務所は毅然と言うべきです
    ウチの会社はそのようなことを売り物にしている会社ではない、と

    けど、それを言わないだけでも・・知れているということですね。
    コメントありがとうございました。それではまた。 (^-^)

     あ○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    全くそのとおりです。激しく同意です。

    しかし例えJ氏が関わっていなくとも、痩せても枯れても彼は一企業の代表者。
    その責任は全うせねばならない筈。
    そうでなければ給料をもらう資格はありません。
    彼等の給料=タレントと、そのファンがもたらしたもの、だからです。

    無論一人のタレントを育て上げるには、莫大な投資が必要です。
    しかし光ちゃんはもう十二分にそれに利子をつけて返したし
    大体がそういう問題ではないはずです。

    しかし現状を鑑みると、ステージ○マをバックに、いいように
    好き勝手に振る舞う人、ステージ○マと癒着した某幹部の存在
    それらを考えると、彼をあそこから出すのは何か余程の材料がないとムリ
    ・・と言わざるを得ないのが現状でしょう。

    何で正しい筈の光ちゃんが・・と怒り心頭になるのが正直な気持ちですが
    理屈どおりにいかないのもまた世間の哀しい実情です。本当に悔しい。

    まっとうな者が何も報われずに苦労ばかりを背負いこみ
    努力の欠片もない悪党がのうのうとしているのを見ると、たまらない気持ちになります。

    反面、光ちゃんが出てしまったあとの痛手を思い知らせてやりたい
    そんな意地悪い感情もまた働く私でもあります。 (性格悪っ!)
    コメントありがとうございました。それではまた。 (^-^)

     あり○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    淋シカッタヨォ~ト言イツツ、アマリノ狂イ咲キブリニ、カケル言葉ヲ失ッタノカナ
    ・・ト言ウ反省モ、シテイナイワケデモナイ。。

    アレは本当に公開レ○プと同罪です。
    人を人とも思わぬ、鬼畜のなせる技としか言いようがありません。激怒

    光ちゃんはある意味とてもプライドの高い人。
    音楽・芸術等エンターテイメント全般への、
    そしてそれを 「背負う自分」 へのプライドです。

    それを何万と言う人たちの前で全て切り裂かれたのです。
    普通なら立ち上がれないほどのダメージです。

    でもそんな中で彼を支えたのが、また音楽・芸術へのプライドだったのでは?
    そんな風に感じましたが、ひとたびステージを降りた後の
    光ちゃんの心情を思うと・・。(号泣×激怒

    あとパナには・・ある人と同じ匂いを感じます。
    その人は光ちゃんの信頼を一身に受けていたにも関わらず
    今のパナと同じようなことをしていましたよね。
    そして彼は最終的にどうなったかと言うと・・。

    パナ、今ならまだ間に合うかな?それとももう遅いかな?
    目を覚ませ! と思わないでもないけれど・・1度失せてしまった信用は、もうね。。

    SHOCKを前に、こんなに不安になったことはありません。
    光ちゃんは良くも悪くも人を疑うと言う事を知らない部分がある。
    そこがまた怖いんですよね。そんな光ちゃんのピュアな部分が。

    どうか何事もなく全公演終えて欲しい。例年になく強く願います。
    コメントありがとうございました。それではまた。 (^-^)

    …‥・★━━━…‥・★━━━…‥・★━━━…‥・★━━━…‥・★━━━…‥・

    2008~2009のカウコンである一人の青年がカムバックを果たした。
    彼はデビュー後間もなく未成年なのに飲酒をしたと言う事で
    身分降格の上、無期限の謹慎生活を送った。

    でも自ら犯した間違いを猛省し、研修生としてレッスンに励みながら
    諦めることなく辛抱強く頑張った。
    彼のファンもまた同じだったと思う。

    彼も彼のファンにも、今 私は暖かい拍手を送りたいと思う。
    でも彼が罪を犯したのはまだ未成年で、犯した罪も自分の私生活においてのことで、
    誰かをその罪に直接巻き込んだのではないと思う。
    (経緯等、間違っていたらごめんなさい、です。)

    彼のしたことを良いこととは思わないし、庇うつもりもないけれど
    それに比べるとBooingのしたことの罪は・・

    それとは遥かに重大で重いと私は思う。
    Booingはもう新人でも未成年でもない。今年30にもなる大の大人。
    (年ばかり取ればいいということではないと言う見本でもある)

    その人がしたことは・・一体何?
    それに目をつぶって知らん顔するって一体どういう了見?
    どうしても私には納得がいかない。激怒

    【暴行罪】
    他人の身体に有形的、物理的な力を加えた結果が傷害の程度に達しない罪

    【猥褻】
    1 みだらなこと。いやらしいこと。また、そのさま。「―な話」「―な記事」
    2 法律で、いたずらに人の性欲を刺激し、正常な羞恥心(しゅうちしん)を
     害して善良な性的道徳観念に反すること。「公然―」「―物」

    【猥褻罪】
    猥褻な行為をする罪の総称。公然猥褻罪、猥褻な文書・図画などを
    頒布・販売・陳列する。 猥褻物頒布罪、強制猥褻罪など。

    【公然猥褻罪】
    不特定または多数の面前で、猥褻の行為をする罪。

    【強制猥褻罪】
    13歳以上の男女に対し、暴行または脅迫を加えて猥褻行為をする罪。

                                             以上参照:大辞泉

    猥褻:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%84%B6%E7%8C%A5%E8%A4%BB  
    暴行罪:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E8%A1%8C%E7%BD%AA
    スポンサーサイト



    | 堂本光一 |