FC2ブログ
    123456789101112131415161718192021222324252627282930
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2013-04-19 (Fri)
    時間はあっという間でしたが、流石NHKさん! という編集に
    安堵しました。
    良かったー、変なものが映りこんでなくて。

    ダンスはDEAD or ALIVEだったけど、
    あと少し時間を割いていただいて、夢幻も見たかったなぁ。
    特に後半部分の振り付けは鉄板だったもの。
    欲を言い出したらきりがないけど。

    何にせよ、DVDは、絶対に出してほしいですね。
    でも9月に梅田があるから発売はかなり先に延びそう?
    待ち遠しいです。

    さて前の記事に感想を……と書いたけど、どの場面も素敵すぎて
    どうやって感想を書こうか悩んでいます。
    元々感想文は大の苦手だし、どうしましょ。

    でも強く思うことは唯一つ。

    あの舞台は何回でも観たい。
    帝劇でも博多でも。

    両劇場で今年は5回観劇できたけれど
    何回見ても飽きるどころか、引き付けられてどうにもなりません。

    始まる時のワクワク感、終わってしまう時の切なさ。
    それだけは何回観ても変わらないんですよねぇ。

    話は変わるけど、コウイチは全てを受け止めて旅立てたけど、
    私がその時を迎える時、コウイチのように微笑んで逝けるだろうか。
    甚だ疑問に思う今日この頃です。


    最近PCに向かうと左目から涙が出て止まりません。
    軽い痛みも伴います。
    ブルーライトとやらのせいかしら?


    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)

    17日 ぴ○さま
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒)
    ウギャャャ~(>_<) まさかの偶然!
    なんと勿体ないことをしてしまったのでしょう。

    お互い分かっていれば、博多座内でお会いすることも
    もしかしたら可能だったかも知れないと思うと残念の極みです。

    13日、私は獅子神様がスタンバっておられるのを見ました。
    私の列の1つ後ろくらいの場所に白い髪がそっと立っていました。
    でもいつの間に入ってくるの? と、毎回思います。

    また今回の博多座は、2日とも上手側でした。
    私はほぼ90%近く何故か下手になるのですが(ライヴもそう)
    今回は珍しく上手側で、久しぶりに違う角度から見えて良かったです。

    座長さまの風邪は今はもうだいぶ良くなってこられたご様子ですが
    13日はまだ咳き込んだりガラガラ声になるやらで心配でしたね。

    でも気迫はいつも通りか、それ以上。
    風邪なんて引いてなんかいない、そんな気迫さえ感じるほど。

    どんなにかしんどいでしょうに、グイグイストーリーに引き込まれ
    その音を聞いている時以外は、座長さまが風邪をひかれているのを
    忘れてしまって、観入っていましたが
    (流石に咳やガラガラ声は胸が痛くなりましたが。)

    さて劇中のコウイチは、CONTINUEで正に天使のような姿を見せ、
    満足げな顔をして歌いますが、私が天邪鬼なせいでしょうか、
    どんな理由があっても、志半ばで召されることになったのに
    どうしてコウイチはあんなに安らかなんでしょう。

    私だったら「まだやり遂げてないことがある、帰りたい!」
    そう叫んでしまいそうなんですが……。

    今年のパンフに書かれていたストーリー内容、
    ほぼそれに間違いのない解釈をずっとしてきたつもりだったのに
    そこだけが私は納得できないでいます。

    自分のことより、お客様、現世の光ちゃんがそうあるように
    劇中のコウイチもそういうことだということなんでしょうね。

    でも毎回、緞帳が下りるたびに、このストーリーを
    何とかハッピーエンドで終わらせたい(形の上でも)
    そう思ってもがいてしまうのです。

    いっそ、緞帳を下してから、「コウイチの意識が戻ったぞ」
    そんなセリフを入れたいと何度思ったことか。
    邪道ですけどね。(苦笑)
    (2幕での出来事は、ヤラの夢の中の出来事にしたいの。(苦笑))

    あと、今年は涙腺決壊の場所が1つ増えました。
    コウイチを見送るオーナーの「コウイチ、ありがとう。」
    そのセリフです。

    今まではそのセリフを聞くと、怒りさえ覚えたものですが
    演じ手が変わると、こうも変わるものかと、既に決壊している涙腺が
    更に崩壊するのです。

    配役って大事ですね。素晴らしい名セリフが1つ増えました。
    なんだか支離滅裂なレスになってしまい、すみません。
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)

     
    スポンサーサイト
    | 堂本光一 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。