FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2012-06-08 (Fri)
    ♪ 明日私は旅に出ます。あなたの知らない人と二人で
      いつかあなたと行く筈だった 春まだ浅い信濃路へ ♪

    ……と言うのは冗談ですが、実は6/9(土)から
    6/13(水)まで、家にいませんので
    当然パソも見れないので、非常に情報過疎な状態になります。

    普段から情報に疎いのが、より一層情報を知らない、
    そんな状況に追い込まれます。
    その上、メールの送受信にも、かなりの制限を受けます。
    おちおちケータイを見ている状態ではなくなると言う事です。

    なのでその間に、もしかして もしかして もしかして
    王子ソロの CDとか CDとか CDとか
    DVDとか DVDとか DVDとかの発売情報が出たら……
    完全に乗り遅れます。

    それだけが気がかりです。
    初回限定版が手に入るか、非常に危うい状態になります。

    どちらも出てくれるのは大歓迎だけど
    もしその期間にお知らせが来たらと思うと夜も眠れません。

    良いお話なのに、自分勝手にオロオロしています。
    嬉しい情報は早く欲しい。
    でもその間は……と身勝手に悩んでいます。

    何か情報があったら、どなたか拍手コメントで
    詳細を教えてくださると、非常に助かります。
    よろしくお願いします。
    (ケータイはトイレの中でひっそりと覗き見るつもりです)

    さて。
    先日のオールナイト・ニッポンでの話。
    ファンの間に波紋が広がっているようですね。

    私は「love×2」の時代の王子の事は当然知りません。
    番組が終わってから、その1部をDVDに落としたものを
    譲っていただいた分だけは知っていますが
    その前後に何がどうだったのかは詳しくは知りません。
    (拓郎さんが、政治が動いたと仰ったのは知っていますが。)

    その拓郎さんと、坂崎さんのラジオ。
    色々なBlogさまや、メル友さんから
    断片的なことは教えて頂いたけれど、
    自分としては正直、複雑な気持ちです。

    だってね、王子の事を知らない人達は
    あのような大御所さんが言った言葉ですから
    まして王子の事を知らない方々は、
    発せられた言葉だけを鵜呑みにしてしまうので
    そこに誤解が生じてしまうのを案じているのです。

    当時の事をご存じの方々の中では、あれは褒め言葉だと言う方もみえます。
    一方、あの言葉は誤解を呼ぶ言い方で、まして豚が一流になったなんて!
    とお怒りになってる方々もいらっしゃる訳で。
    ファンの間で意見が二分されてる状態に思えました。

    私もちょっと聞きには、後者の方に思えました。
    拓郎さん、ちょっとそれはないでしょ? って。

    王子は、見えない所で頑張るタイプで、決して天才派じゃないし
    でも反面、呑みこみがいい面もあるし、センスもとってもあるし
    だけどSHOCKを10年以上続けるために、
    王子がどれだけ努力したか、精進したか、想像も出来ない世界だし
    何と言ったらいいのか分からないのです。

    まして王子は思えばずっと弱音を吐ける立場でもなかったし
    そういうタイプでもなかったと思いますしね。

    以前、まだ堂兄を見ている時、何かの話から
    ダンスの話になった時、王子は自分の手が小さいから(指が短いから)
    ダンスをする時には、不利になると言う話をした記憶があります。

    そうしたら、誰かが「じゃあどうしたらあんなに綺麗に踊れるんですか?」
    そう王子に逆質問をしたような気がするのです。
    (記憶が曖昧なのです。/汗)

    その質問に、王子はさらりと

    「がんばるの。」

    そう答えた記憶があるのです。
    その時の表情が今も記憶にあります。
    その場面だけ。

    また世間では、1%の才能と、99%の努力で
    人は花を咲かせる、みたいなことも言われています。

    思うに、私は王子は典型的なそういうパターンの人だと思います。
    その比率のパーセンテージは何とも言えませんが、
    王子は確かにダイヤの原石ではありますが
    いくらダイヤでも磨かねば光りません。

    自らを光らせるために、王子は常に何が今出来るかを考え続け
    陰で口には出せぬ程のことをしてきたからこその『今』を掴んだ、
    そういう人だと思えます。

    あらゆる才能と呑み込みの早さを合わせ持って生まれ、
    そしてそれをよりハイレベルな状態に持って行くのをモットーとし、
    生業とし、それに見合う事を人々の前で実践して魅せてきた
    そういう人だと思えます。

    決して練習が嫌いな訳でもないし、しない訳じゃない。
    あるBlogさまで、当時王子はギターの練習をする時は
    集中してやりたいから、人のいるところでは練習しない、
    そう言っていたと拝読しました。

    忙殺されていた当時の王子。
    短時間に効率よく多くの事を完璧にこなすには
    とてつもない集中力を要した、そういうことだと私は解釈しています。
    そしてそれは今も同じだと思います。

    On、Offの落差が激しい王子。
    それは唯一王子が我が身を守るために自然に編み出した
    ひとつの技術でもあると私は解釈しています。

    あと王子は家ではゲームばかりしていると
    近年、ずっと言い続けていますが、あれも同じような事だと思います。

    私生活は極力語りたがらない王子。
    それを防護するために、「ゲームオタク」を吹聴している
    そんな印象を受けるのです。

    まあこれは、ある程度は本当でしょうけれど
    実を言うと、口で言っている程にはゲームばかりをしているんじゃない、
    私にはそう思えるのですが、どうでしょう?

    そうそう、話は前後しますが、拓郎さんの言う
    王子ハッタリ説。
    もしそうならば、私はこう解釈します。

    俺はちゃんと出来るんだ、何でも出来るんだと、
    自分で自分にハッタリをかます、
    そしてそう自分に思い込ませて、自らを追い込み、壁を乗り越えて行く、
    それが堂本光一という男ってことではないか、と……。


    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)

    6日 キャ○○○さま
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒)
    例の話、私は実際に当時のことを知っている訳ではないけど
    それでも、「はい~~~???」と言うのが第一印象でした。

    失礼ながら、拓郎さん、何を言ってるの? 正気? と。
    だって私の印象では全くの逆パターンでしたから。

    坂崎さんが船を出してフォローはしてくれたようですけど
    そのフォローも、知らない一般人が聞いたら、
    どれくらい通用しているか?  ……謎です。

    だってぶーたんが練習熱心で、故に一流ミュージシャンになった
    それにも反発心を抱きましたし、(事実無根だと思ってしまいました。)

    努力が嫌いで、なのにいつでも俺さまでいたくて、
    王子を落とし込み、蔑み、捏造話をこれでもかと垂れ流して、
    自分を良い子に見せよう、出来がいいヤツと見せよう、
    それに躍起になっているのが、ぶーたんなんですよ、
    現実を見てください、知ってください、と。

    そして王子ソロが始まると、いつも決まって同時に王子スケに
    ぶーたん達の苛めスケがどんどん挿入されてるんですよ、と。

    反面、一流ミュージシャンになった上に、あんなに凄い舞台を
    毎年進化と深化をさせているのが王子なのよ、と。

    当時まだデビュー前の、17歳くらいだった王子たちと
    大御所と呼ばれる拓郎さんが同じ番組で共演してくださる、
    その事に、よくOKを出してくれたものだと、
    私は拓郎さんに、その意味でも器の大きさを感じていたのですが
    何と言ったらいいのか、ハッキリ言えば今はよく分かりません。

    確かに、禁忌に出会って良かったと言ってくれたのは
    とても嬉しい事ではありましたけど、
    その個々の人物像に関しての意見は、
    私としては受け入れがたい部分がないとは言えません。
    私ってやっぱり器が、懐が、小さくて浅すぎるのでしょうか?

    あと、後輩Gくんたちのコンサート・チケットの取り方、
    そんな風になっているんですか?
    じゃあ、FCの意味なんてどこにあるんでしょう?

    上層部のお気にで、今も飛ぶ鳥を落とす勢いなのに、
    だからこそFCに入らなくちゃ、と思う人も多い筈なのに
    FC会員でいるメリットはドコに?
    つくづく不思議な事務所ですね。

    さてウチの愚息たち、私が旅に出ている間に
    もっと冷たくなりはしないかと案じています。
    えーい! 言う事を聞かないと、スープにしちゃうぞ!
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)

    6日 カ○○さま
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒)
    御同意、ありがとうございます。
    王子はもう新人でもなく、未成年でもありません。
    また事務所への貢献度も計り知れないものがあります。

    それだけ大物になって、事務所に利益も沢山出させたのです。
    本来は事務所側が気を使って色々しなければならない筈なのに
    それをしてくれないのなら、もう王子自身が自己主張しなければ
    負のスパイラルがどんどんエスカレートしはしないかと
    案じられてなりません。

    コウイチを地で行くような未来が待っていやしないかと
    2005の初演以来、ずっと気になっていました。
    「光ちゃん、貴方はこの若さで自分の自伝を作ってしまったの?」と。

    そして仰ること、私もまんま同意です。

    >光一さんは本気で舞台に身を捧げそうで怖いです。 
    >でもそこまでしてもあの事務所は何もしてくれません。 

    >それと光一さんがSHOCKに特別な想いがあるのは
    >重々分かる気がしましたが、それでもあえて言いたい。 
    >SHOCK以外の舞台、仕事をもっとしてほしい。 

    舞台と言うものは、限られた人しか観に行けません。
    (広い意味で言えば、ソロコンもそうですが、
     舞台よりはまだ若干のゆとりがあると思われます。)

    ファンにも色々事情も好みもあるんです。
    行きたくても行けない人が、一体どれ程いることか。

    あれだけの才能がある人が、
    ソロのレギュラー番組の1つも持ってないのは、
    ある意味異常な状態ではないかと思います。

    王子ソロのレギュラー番組なら、このご時世でも
    きっとお金を出そうと言うスポンサーさんは沢山いると
    私は思っています。
    逆に王子ソロだからこそ、お金を出そうと言い出すと思います。

    世の中、胸のムカつくものばかりが蔓延っていて
    精神衛生に悪い事が多すぎますね。
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)

    6日 あ○○さま
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒)
    はい、あのBlogさまには毎日通っていますし
    それ以外のところでも、拝見しました。

    「ハッタリ」と言う言葉自体が、あまり聞こえの良い単語ではないし
    拓郎さんは褒めたつもりでも、そうなってないような気がするのは
    王子onlyファン故の要らぬ心配でしょうか?

    対して豚が「コツコツ」とか「一流ミュージシャン」なんて……。
    彼がコツコツしているのは、王子落とし込みと嫌がらせや苛めで、
    一流ミュージシャンになったのは王子の方ですよね。
    坂崎さんのフォローもどこまでリスナーに通じたか?

    そのあたりの危機感が、ファンの間で波紋を呼び、
    肯定派と否定派に分かれているのが現状だと思えます。

    ハッキリ言って、レポを読んだ時、私は思わず
    「ムンクの叫び」状態になりました。

    拓郎さんも禁忌と離れてもう時間が経ち過ぎていて
    誤解をしている面があるのでしょうか?

    その点、坂崎さんは、きっとたかみーさんから
    アルフィーになった時に、少しづつでも王子の現状を聞いていて
    その分、正確に『今』を把握できているのでしょうか?

    よくは分かりませんが、私にはあまり良い印象のあるラジオでは
    残念ながら、ありませんでした。
    疑問が多く残ってしまったので……。
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)

    7日 00:32さま
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒)
    御同意、ありがとうございました。

    SHOCKは、長くても2カ月まで。
    そして休演日は週に2回。
    1日2公演をするのは、最低でも土日だけ。
    そうして欲しいと本気で思っています。

    そうでないなら、このあたりで最初から中身を練り直す。
    長期公演に耐えうるように。
    座長さまの仰る通り、4カ月もの間、脱落者がいなかったのは
    奇跡の一言に尽きます。

    >これからは、あんな無茶なスケジュールは、座長として、
    >誰がなんといおうと、阻止してほしいものです。
    >「SHOCK」の一公演一公演の芸術的完成度からすれば、
    >長期公演を売りにする必要なんて、ほんとに、ないと思いますもん。

    これは座長さまだけでなく、カンパニー全員にも言える事ですし
    裏方で頑張ってくださっている方々にも言えることです。
    舞台において、守るべきは座長さまだけではないことも
    重々、頭において考えて欲しいものです。

    特に座長さまの代わりは何処にもいませんものね。
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)


     
    ☆御訪問、お付き合い、ありがとうございました。☆
    スポンサーサイト



    | 日記 |