FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2012-04-21 (Sat)
    長すぎると思っていた「Endless SHOCK」も、
    もうあと僅かになりました。

    去年は感想らしき事が書けなかったので
    2年ぶりにそれ“もどき”のド素人の観劇した感想を
    日記代わりに書いてみようと思います。


    今回のSHOCKは、歴代のSHOCK史上、1番クオリティーも高く
    まとまりとテンポも良くて最高だったと思います。

    それゆえ、時間が短縮されても
    それほど違和感なく十二分満足できる舞台になっていたと感じます。
    (偉そうに)

    また内容が一段とミュージカルらしくなったと言うと変ですが、
    それも感じました。
    「YES WE CAN」「ONE DAY」「SOLITARY」「Higher」の
    4大効果は絶大だと思いまました。

    今までの「千穐楽に乾杯」のシーンだけだと
    説明的セリフだけで終わってしまう感が強いのですが
    数年前から「YES WE CAN」が入る事によって、
    よりミュージカルらしく感じられるようになりました。

    そしてその直後に歌われる、屋上での「ONE DAY」、
    今までの屋上の歌も大好きだっただけに、
    遂にサントラには入らずじまいになってしまったのが
    自分的にはとても残念ですが、作品として考えると「ONE DAY」は、

    今までの『屋上の歌』以上の内容、重さ、響きを持っている
    名曲中の名曲だと感じ、もしこの先サントラが出るようならば
    座長さま独唱で良いので、絶対に外さないでいただきたいと希望します。

    また「YES WE CAN」がとてもミュージカル感の強い楽曲の上、
    それとそんなに間をおかずに「ONE DAY」が歌われるので
    ミュージカル感が余計に強く感じられるのだと思います。

    そして多人数と少数で歌いあげると言う対比もより良いと感じます。
    対比の美と言うか、面白さと言うか。兎に角印象的です。

    その上、今回のリカ役であるさやかさんと座長さまの声が
    とても綺麗にマッチしているので、余計に引き込まれました。
    ここで二人の歌声に、心からうっとりできるのも大きな魅力です。

    ただこの屋上でのやり取り、オーナーが年上設定になってから
    変なアドリブが入る事になったのが、とても残念です。
    私としては、2008までの程度のアドリブ
    (とは言え、台本通りの笑いを取る場面になっていますが)
    あのくらいがちょうどいいと感じています。

    元来このストーリーはシリアスものなのですから
    必要以上の、その日任せのアドリブは不要且つ危険だと思います。
    座長さまがその日、その時に考えついたアドリブだけで
    十分だと私は考えています。

    この後に続くのが、御存じの「ブロードウェイ散策」ですが
    かなりココは短くカットされましたが、
    必要最低限のことは、ほぼそのまま残されているので
    これくらいでもいいかなと思われ、それほど違和感はなかったです。

    ただ、コウイチが新聞に大きく取り上げられている、
    それが発端で、皆の心情が少しづつ微妙に違っている、
    そこのところはキッチリと時間をかけて演じられているので

    カンパニーの中でも色々な意見を持つものがいる、
    ということが、ちゃんと描き出されているままで良くわかりますし
    逆に言えばそれを示すには、最低限あのくらいの長さは必要でしょう。

    そしてONの舞台。
    見せ場は言うまでもなく「SOLITARY」ですが
    あのフォーメーションを初めて見た時の驚きは今も忘れません。
    ほぼオールキャストで踊られるあのシーンは圧巻です。
    (ここで『日体大』の“集団行動”を思い出したのは内緒です)

    限られた空間を余すことなく全て使いきって
    次から次へと形を変えるフォーメーション。
    流石チーム・SHOCKの真骨頂。見ごたえが違います。

    その上、コウイチのあのセクシーなダンス。
    ため息しか出ません。

    そして1幕を終えての楽屋(舞台裏)でのシーン。
    あそこでのコウイチがタンクトップ姿でなくなったのが
    今でもとても残念です。

    年を追うごとに王子はなかなか素肌を見せてくれなくなったため
    あの美しい肩から二の腕のラインや、胸筋の程良い逞しさが
    拝めなくなったのが、何とも勿体ない……。(涙)

    話を戻して。
    舞台裏でウチとコウイチが初めて正面切って衝突するあの場面、
    ウチの態度は納得で、「Show must go onかよ!」と
    捨て台詞を吐きながら刀を床に投げつけるウチの心情は
    とてもリアルだと思いました。
    そしてそれが例の件の伏線になっていることも良く分かりました。

    また、ラストシーンに繋がるコウイチの冷静さを欠いた
    むしろ逆切れまでした心情は、まだここではわざとハッキリとは
    演じきれられていないのが、ラストシーンをよりリアルにする
    きっかけと言えばいいのかしら? 
    そんな風にも受け取れて、深いなぁと感じました。

    あと他で今年になって1幕で時間短縮をされたのは、
    ジャングルのシーンと殺陣のシーン。
    ジャングルのシーンでのコウイチのダンスの振り付け、
    密かに凄く好きだったので、ココは少し物足りなく感じました。
    (あくまで個人的好み故、お許しを)

    殺陣のシーンは、相変わらず座長さまを始め、
    どなたもとてもよく動き、スピード感や激しさはそのままなので
    これくらいの時間短縮はむしろ演じ手の負担を軽くするためには
    逆に良かったと思いました。

    むしろ時間が短くなった分だけ、より熱が入っているのか
    時間短縮になった気がしないのです。
    何の遜色感もなく、お見事! の一言に尽きます。

    またここでの姫(花魁)の舞や戦いがなくなったのは
    良かったと思います。
    あれはあってもなくてもどちらもアリだと思うからです。
    ならば、削ってしまってもOKと思われるからです。

    あと余談ですが、4/4に観劇した際、
    初めて獅子神さまが後ろの扉から入ってこられるのを目撃出来、
    中列あたりで待機しておられるのが分かりました。

    そして1幕ラスト。
    ウチがわざと刀を落としてしまい、そこからのウチの演技は
    とても良かったし、非常に分かりやすかったと思いました。

    今までのようにあそこでのライバル役の反応が薄いと
    十分に分かりきらなかったライバル役の心情等が
    今年はとてもハッキリと分かりました。(私だけ?今更?)
    あれなら、初見の人でも、十分意味が分かるのでは? と思います。

    そしてコウイチはと言えば、誰が刀を真剣に変えたか、
    瞬時に理解したことがより伝わりやすくなり、そのために
    逆にコウイチは冷静さを欠き、逆上し、周りが見えなくなり
    自らの過ちに嵌まるように、奈落の底に堕ちていく結果となった、
    そのことがとても説得力があって分かりやすくなったと感じました。

    またその時同時に、マチダ、ウチ、リカ、それぞれの演技が
    あの大階段の上で繰り広げられるのですが、その全員の演技を
    細かく見尽くすには、自分にはまだまだ能力が足りなさすぎる、
    そう実感させられたシーンでもありました。

    取りあえず、今日は1幕までで一旦UPします。
    つまらない稚拙な感想で申し訳ありません。
    また一部上から目線発言になってしまったこと
    どうぞお許しくださいませ。


    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)

    4月16日 カ○○さま
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒) プチ・お久しぶりです。
    そして御同意、ありがとうございました。

    >Gコンに光一さんのファンが一人も居ないと可愛そうだから行く
    >というのは違うと思います。 

    そうですよね。
    私としてはむしろ王子に失礼な考え方だとも思えます。

    >それと光一さんオンリーだけど、Gコンも行き、
    >GのCDも買う人だと、Gファンと何処が違うのかと思います。 
    >事務所的には、同じだと思います。 

    その通りだと私も思います。
    『事務所的には同じ』、ココが1番大きく問題だと思います。
    個人の考えを縛ることはできませんが、流石に、ちょっと……?
    と思われますよね。

    また仰るように、今年の「Endless SHOCK」は
    上演期間が長かったため、王子ファン以外の人が
    意外に沢山観劇してくださり、とても良かったと思います。

    そしてそれらの方々が一様に口にされることは
    王子への見方が180°変わった、そういう人が
    予想以上に、非常に多かったと言う事が、外せません。

    禁忌ではない、ただの「堂本光一」となった王子が
    どんな人なのか、初めて見て、触れて気付く。
    これはとても意義のある、大切なことだと思います。

    王子ソロの世界は口では説明できかねます。
    やっぱりその人自身が直に見て評価してくれるのが1番です。
    裏を返せば、仰るように、普段はどれだけ王子の良さが
    伝わってないかの証と言えるでしょう。

    そういう意味でも、今年の「Endless SHOCK」は
    大成功だったと言えるでしょう。

    さて、もう間もなくそのSHOCKも千穐楽を迎えようとしています。
    となれば、暫く王子は地下に潜られると思われます。
    さすれば、Blogのネタがなくなりますので、
    もしかすると、王子に動きが出るまで、このBlogは
    インコBlogと化すかも知れません。

    でも案外写真に写そうとするとこれが案外難しいのです。
    5月以降はネタに困って更新が途絶えがちになるやもです。

    その時は、「ネタ不足で困ってるんだな。」とご理解くださると
    とても助かります。
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)

    18日 sa○○○○さま(漢字一文字)
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒)
    全く激しく同意です。むしろ私はそれが言いたかったのです。

    >光ちゃんが可哀想だからキンキコンに行くという考えは
    >光ちゃんを見くびっていますね。
    >ソロコンの盛況・SHOCKの完売。
    >光ちゃんは賢い人です。常に周りを見ている人です。

    >光ちゃんファンの思いは十分わかってると思います。
    >ソロコンではいつも「皆さんの応援があれば叶う」と言っています。

    >キンキ物に実績を作ってしまったら
    >永久に解散・活動停止は無くなってしまいます。
    >隣も本音はソロです。
    >お互いにソロになりたいのを止めてるのは事務所だと思います。

    千里の道も一歩から。塵も積もれば……ですよね。
    私個人としては、豚くんのソロの盛況を心から祈っています。
    気持ちだけはもしかすると、王子ソロへの思いより強いくらいかも。

    だって独り立ちできない人がいると、多くの人が困りますものね。
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)

    19日 ヴェ○さま
    いらっしゃいませ! (⌒-⌒)
    まさか同じ日に観劇していたとは……。
    とっても残念です。(涙)
    色々お話したいことやお礼を申し上げたい事、沢山あったのに。

    さてXB列は、ただのA列やB列とはまた違う感覚が味わえます。
    それと同じで、出来たら来年の博多座では2階、3階のL・R列で観劇したい。
    それを熱望しています。

    それからソロコン。 次回はいつ?
    今度こそ、お逢い出来たらと願っています。

    今年は4カ月ものロングラン公演があったので
    ソロコンは望み薄かな、と半ば諦めてもいるし、
    あればあったで「大丈夫? 体は?」と心配にもなります。
    ああ なんて複雑なんでしょう。

    でもたった1つ、絶対的に言える事があります。
    「Endless SHOCK」を今のままのレベルでの公演では
    4か月ぶっ通しでの公演は2度としないでいただきたいです。

    4か月のロングラン公演は、王子にとって精神的には
    大きな収穫があるでしょう。
    でも肉体的には、キツイだけで、むしろ舞台人としての
    寿命を縮ませかねません。

    それにファンは(私は?)強欲なので
    舞台は博多座1カ月、帝劇1カ月でいいので、
    その代わり、王子ソロのドラマや映画も見たいのです。

    あと王子は演技力も言うまでもなく凄いし、
    声だけでも聞きたいので、また声優にもトライしていただきたいです。
    「獣王星」、今でも大好きです。
    甘かったり、強かったり、逞しかったり、優しかったりで、
    当時メロメロでした。

    あと話はそれますが、そちらのweb拍手の方、申し訳ありませんが
    1度御確認いただけますか? よろしくお願いします。
    コメントありがとうございました。それではまたです。(^-^)

     
    ☆御訪問、お付き合い ありがとうございました。☆
    スポンサーサイト



    | 舞台 |