FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2011-10-04 (Tue)
    王子の韓国・台湾ツアーが公になってそんなに時間がたたない頃
    既に豚ヲタ達が豚コールをしようと
    ツイで呟いているとは聞いてはいました。

    でもツアーの競争力は半端ないし日本でのチケ発売もないから
    成立しないと私は思っていたんです。
    けれど正直、自分は甘かったですね。

    結果は両国とも声の大小は別にして現実に豚コールはあり、
    台湾の一度だけは成功と呼べるほどの規模になってしまいました。
    あとはどの会場でも、他の王子ファンが一生懸命声援して
    豚コールをかき消してくれたと聞いています。

    それをしたのがオフィシャルで行った人なのか
    個人で行った人なのかは知らないし
    国外にもその手のファンがいるかどうか分かりませんし知りません。

    (出来れば、国外にはその手のファンがいるとは思いたくないです。
     今回の件、現地の人たちが率先したのか、
     日本のヲタが率先したのか今更犯人捜しをしても仕方がないですし、
     でも今後のこともありますし、難しいところですね。)

    でも各会場で王子ファンが一生懸命豚コールを書き消してくれていたこと、
    王子も気付いていたんじゃないかしら? とも思います。
    だから防ぎきれなかったあの日、
    王子もキツめの言葉を彼女等に向けたのでは? とも想像します。

    それにしても豚ヲタってドコにでもどうやってでも
    出没出来るのが何とも不思議です。

    現実、オフィシャルは激戦なんてものじゃなかったようだし
    現地でもチケは瞬殺という事実を聞くと
    もしかしてヲタって事務所からバックアップして貰ってるのかしら?
    なんて思ったりしています。

    また、2年前のあの魔の横アリでのオーラスでも、
    王子に声が届く場に居た豚ファンがコールを始めたから
    起きた事でしょ?

    王子ソロコンには、特別に『豚ヲタ枠』ってのがあって
    そこには内々に行ける面子が予め決まっていて
    ライヴをぶち壊すために、王子ファンを減らすために
    某所が画策して、何名かを派遣する(ある意味招待する)んじゃないか、
    そんな疑惑さえ湧いてくる今日この頃です。

    しかしいくら某所の庇護の下に行くと言っても、チケは兎も角
    全額某所が資金を賄ってくれるとは、これもまた思いにくい。
    豚ヲタってみんなリッチなセレブばかりなのかしら?
    と、ボンビーな私は勘ぐります。

          

    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)
    お返事遅れまして大変失礼しました。
    話題別に順次お答えさせていただきたいと思いますので
    よろしくお願いします。<(_ _)>

    29日 矜○さま ユ○○さま カ○○さま 21:38さま
    30日 22:53さま
    コメントありがとうございました。(⌒-⌒)

    振り込みの件、自分のウッカリ・ミスとはいえ
    何とも後味の悪い結果になりました。

    私も担当窓口に電話するまでは、事務手数料とか
    ある程度の料金を差し引かれた金額が
    郵便為替で送られてくるのだと思っていたのですが
    現実は2年分強制徴収みたいな感じでイマイチ気がすみません。

    やっぱりチケの申し込み段階からおかしい会社ですから
    そこのFCともなれば、あのような結果は
    当然と言えば当然なのでしょう。

    まあそれは個人の事ですから、置いておくとして、
    王子はそんな生易しい人ではありません。
    近年の芸能界では、あのような人は本当に稀有だし
    この先にも彼のような人が出てくるとは私には思えません。

    私は彼のような人は芸能界広しとは言え、
    何十年かに1人出るか出ないかの逸材だと思っています。
    しかしそのような名実ともに宝のような人を
    何故いつまでも隠そうとするのか、なかった事としようとするか。
    (彼の才能や努力する力を知らないとは言わせない!)

    今回の海外コンでも、恐ろしい程一般に知られないよう
    まるで隠密行動のようにとり行われ、WSの1本にすら
    扱っては貰えませんでした。
    それは事務所からお達しが出たとしか思えません。

    またSHOCKにしても、年々WSでの扱いが悪くなってきている
    そんな気がします。

    私は聞きたいです。
    Jさん、あなたは何のために会社を立ち上げたのですか?
    そしてその会社で何がしたかったのですか?
    どうしてあからさまなエコ贔屓が横行するのですか? 
    この先、あなたの会社が抱えた膨大なタレントと
    その卵たちをどのようにしていくつもりですか? と。

    今のやり方を見ていると、甘い汁を吸えるだけは吸っておいて
    出来れば徐々に王子を芸能界から消し去りたいと思ってる?
    と疑いたくなります。

    王子の努力と忍耐をどうぞ絶対に使い捨てにしないで頂きたいです。

    それに今や日本の芸能界にも色々新しい風が入ってきています。
    例えばK-POPだけをとってしても。
    歌もダンスもハイレベルな人たちが沢山来日し、
    日本デビューして、確実に人気を博してきています。

    あともし仮に私が年若いイケメンで、芸能界入りしたいと願うなら。
    あの会社にだけは入りたくありません!!!

    売れなければそれまでのこと、というのが芸能界の掟ですから
    それは良いとしても、もし売れっ子となった時。
    みすみす飼殺しにあったり、仕事を制限されるのは嫌ですから。

    それが証拠に、今、ジャニメンでなくても、
    見目麗しく、実力もあって、スマートな若手は他にも沢山います。
    失礼ながら、昔のJr.レベルのような可愛い、または
    カッコいいJr.は確実に減っているような気もします。

    それと海外でのSHOCKの上演。
    名前だけのEndless SHOCKにしていただきたくないです。
    名前だけのEndless SHOCK=王子の恥になりはしないかと
    それが案じられます。

    日本で上演するものと少なくとも同じレベルのもので行かないと
    逆に王子の名に傷がつきます。
    またあの演目を忠実に演じられるのは王子以外に考えられません。
    国内外を問わず。

    王子が10年以上の歳月をかけて、カンパニーと共に
    1つ1つ積み上げ、熟成してきたものです。
    技量的に言っても、
    今の王子と同じレベルであの演目をこなせる人が、
    あの事務所にいるとは今のところ私には到底思えません。

    ある方が仰ったように、
    色々な作品のいいとこ取りですむならまだ良いのですが、
    下手すれば昨年のスーパーショウ的になってしまわないだろうか、
    という懸念が私にもあります。

    私はEndless SHOCKが幕を下ろす時=
    王子が幕を下ろそうと決意した時 そう考えています。
    つまり、他の舞台のように、後々後輩に譲って行ける
    そんなレベルでは到底ないからだと思っているからです。

    また逆に良いとこ取りをした新作を新たに作ったとしても
    中途半端なものでは、目の肥えた海外の人々には通用しません。

    王子には早く諸外国で大輪の花を咲かせてもらいたいとは
    王子におちた日からの願いではありますが
    少なくともEndless SHOCKは海外進出には無理が多過ぎると
    残念だけど、思います。

    もし王子を外国に出す、と本当に思っているのなら
    余程の熟慮を重ねて、王子の魅力を無理のない範囲で且つ
    最大限引き出せる作品でなければ納得いきません。

    あとこれは余談ですが、Endless SHOCKの作者名
    いい加減に王子の名に書き変えていただきたいです。
    それが出来ぬのなら、せめて連名にしてもらいたいものです。

    さて「光源氏」。
    あれは映画だそうですね。私の思い違いだったようです。
    WSを見ていた母も、映画だと申しておりました。
    でも逆に映画なら安価で手軽なので1度観に行こうかとも思います。

    光源氏と言えば、帝の子。
    それを事情があって、敢えて臣下に置いただけの人。
    高貴で気高く、賢く、なにをしても秀でていて、同性の目にも
    麗しいと思われる人、または恐れ多いと思われる人。

    王子にが烏帽子をつけてそこに佇んでいるだけでも
    もう立派な「光源氏」に見えるのでは? と思うのは
    惚れた女の贔屓目でしょうか?

    あと、ウチの愚息たちインコを褒めてくださった方、
    ありがとうございました。
    親バカな飼い主は、やっぱり褒められると嬉しゅうございます。^^

    お返事遅くなり、お待たせして大変申し訳ありませんでした。
    また懲りずにコメントいただけると嬉しいです。
    これからもどうぞよろしくお願いします。<(_ _)>

     
    スポンサーサイト



    | お返事 |