FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2011-09-28 (Wed)
    皆さんも、もうきっと多くの方々が御存知と思いますが
    Jさんがギネスに認定されたそうですね。

    話としては知っていたけれど、詳細はまだ知らなかった私は
    今日初めて詳細をメル友さんから昼前に聞き、
    その後先程、スポ紙各紙のネットニュースを拾いました。

    参照
    <報知>
    http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110925-OHT1T00024.htm

    <サンスポ>
    http://www.sanspo.com/geino/news/110925/gng1109250708001-n1.htm

    ということは、メル友さんの教えてくれたスポ紙と
    私が拾った2紙、以上の3紙を要約すると、Jさんは、

    「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」
    「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」
    の2部門の認定を受け、それについて

    「外国でショービジネスを進めるためにはギネス認定が一番分かりやすい」
    と真意を説明し
    「Endless SHOCK」「SUMMARY」「少年たち」など
    現在も数多くのショーを国内で手掛けているが、

    「各作品をすべて融合したようなショーを、
     ラスベガスで上演したい」

    構想の一端を明かしていた……となるような気がします。

    またメル友さんの教えてくれた情報と、
    以上の2紙の言葉を《深読み》すると、
    彼はまた思いつきで、過日「Endless SHOCK」の海外公演とか
    口に出したのかしら? と疑ってしまいたくなります。

    大体、当時彼が「Endless SHOCK」を海外で、と言った時点で
    実は私は本音を言うと、

    「SHOCKほど繊細・緻密で大掛かりな舞台を
     国内は兎も角、海外では条件が難し過ぎる。
     つまり設備等が違いすぎるので
     毎年これからずっと上演するかどうか分らないSHOCKのために
     海外の劇場がそれに沿った改装等をするとは思えない。」

    つまりSHOCKの海外進出はムリ、と考えていたのです。

    また彼が言うには、
    特殊フライング技術や、出演者が消えるマジック(手品)などの
    “ジャニーズ演出”を凝縮。大作になるとかで、
    上演時に、外国人も理解しやすいように手直しするらしいけど、

    となると、ストーリーや主演は誰かなど全く分らなくなるし
    ましてや純粋な「Endless SHOCK」が海を越えるのは
    やっぱりムリってことだと言っているように聞こえます。

    どちらかというと、単なるライヴではなく
    一応ストーリー性のあるミュージカル風のものが
    新たに作られるようなニュアンスに聞こえるけれど
    先のことは分りません。

    ファンとしては、事務所で1番確かな実力とセンスを持つ
    王子に何卒、どんなものでもいい、チャンスを!
    と思うけど、ハッキリ言えば、残念だけど、
    我が王子はあの事務所のオシメンではない……

    ということは、他の人が海外に行ってしまう確率が高い
    そう思えてしまうのです。

    私は別に海外でやるものがソロライヴでも、ミュージカルでも
    何でも構わないのです。

    ただ王子を、広く世間に知って欲しい、
    世界に通用する全ての実力と才能とセンスを持ちあわせている、
    それを多くの人々に知ってもらえれば、
    形はどうあってもいいと思っていますが、どうなるのでしょう。

    事務所の体制が今のままだと、王子は宙ぶらりんな立場のまま
    折角の努力や才能が、この先どんどん埋もれて行ってしまうばかり
    そんな事が予想されてならなくて……悔しいのです。

    でも何かと言うと、こういう類のニュースがあると
    いつもマイナス思考になってしまう私が根暗なのか
    それとも、今まであまりに良い思いをしてこなかった
    その裏返しなのかと、自分に自問自答してしまいます。



    数日前、ひがしさまとトーマくんが舞台(映画?)
    「光源氏」をやると知りました。

    トーマくん、別に嫌いじゃありません。
    むしろ好きな人で、私がもう少しリッチな人間になったら
    是非彼の舞台を見てみたいと思っている一人に入っています。

    だけど…… 「光源氏」な王子を私は見たかったです。

    SHOCK以外の演目を演じる王子も見たいと思うのは
    贅沢な我儘なのでしょうか?



    さて今月は自分のFCの会員の更新月でした。
    数ヶ月くらい前に会報と一緒に更新用紙が届きました。

    それを見た時自分は
    「まだ日にちもあるし、そんなに急いで寄付することもないわ。」
    そう思って9月になってから振り込みをしようと思っていました。

    でも私の腐った脳ミソは、更新の振り込み用紙が届いた事を
    スッカリ、はい、もうキレイさっぱりと忘れてしまいました。
    でも9月更新、ということは覚えていたので
    「またアソコは更新月までに用紙を送ってくれなかったわね。」
    と思いこんでしまいました。

    「5分で分るEndless SHOCK」もまだ何回も見たいし
    そろそろ振り込まないとヤバいかな、と思い
    私は昨日、郵便局に備え付けてある振り込み用紙で
    会員の料金を振り込んできました。

    そこまでは良かったのです。
    しかし……夜になって家計簿(小遣い帳)をつけていたら
    既に13日に振り込み済みだった事が判明……。

    そうです。
    数ヶ月前に送られて来た更新用紙を使って13日に
    私はもう既に更新手続きを終えていたのです。
    つまりは、二重に更新手続きをしてしまったと言う事です。

    「どうすべえ? どうなる?」
    メッチャ心配でした。 今か今かと時が過ぎるのを待ちました。
    そして今日の11時になって、事務所の窓口に電話をしました。
    すると受話器の向こうから聞こえてきた返答は……

    「お金はお返しできませんので、2年分の更新をされた
     という形になります。ですので、来年は更新しなくていいです。」

    「はい~???」(来年と2年分だと?????)

    来年……私は生きているのだろうか?
    来年……王子はFCを必要とするほど何か沢山ソロの仕事を
    してくれるのでしょうか?

    あと万が一……そんなことはないとは今は思っているけれど
    来年もFC会員資格更新をしたいと思う自分でいられるでしょうか?
    (何気に今、向井理くんに浮気しそうなんだけど……/汗)

    でもどうして更新月の1か月前くらいに、専用の用紙だけを
    各会員に送るくらいのサービスをしてもらえないのでしょうか?
    毎年私は迷い、葛藤します。

    用紙が届くまで待とうか、それとも郵便局の用紙で
    〆切りに間に合うよう、律儀に振り込もうか、と。

    某所の辞書には、顧客サービスと言う言葉はない、
    それは承知していましたし、強欲な場だと言う事も
    理解していたつもりですが、頭の良い人ばかりが
    会員でいるとは限りません。

    どうかお客にもっと暖かい目を向けてくださりませ。

    でもまあ返金すると手間だし間違いの元だし
    余分にお金もかかるだろうから事務所のやり方が正しいとは思います。
    要は間違いをした自分が1番悪いんだから。


    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)

    26日 06:18さま
    26日 ち○さま
    28日 04:40さま

    コメントありがとうございました。(⌒-⌒)



    台湾ライヴが始まりますね。
    どうか韓国と同じか、それ以上に盛り上がりますように。
    ライヴが大成功し、王子が幸せ、と思う時間が多くありますように。
    無事の御帰還、お待ち申しあげております。


    それと、TV navi、無事にGETしました。
    でもいつも思います。

    露出のない王子。
    だからこそせめて雑誌で特集が組まれている時くらい
    バーン!!! と大きく名前等を表紙に書いてもらえると
    嬉しいなーと。表紙写真が王子だともっといいなと。

    でもそうすると余計に売り切れが早まっちゃうかな。

    【余談】
    以前ココで御紹介した私のペットのインコのぴぴ。
    そして一夜限りの飼い主となってしまったポキ。

    あれ以来、どうしても気持ちが※☆△◇で、どうにもならず
    実は9/10に8/1生まれの子をまた買い求めてしまいました。

    今度はぴぴを買ったホームセンターのペット売り場ではなく
    小鳥の専門店を探して探しまくって、そこで買い求めました。

    おばあちゃんと、その息子さん、娘さんで営んでいるようでした。
    とても感じが良くて、色々アドバイスもしてくれました。
    ぴぴの羽根のことも相談したら、切ってくださいました。

    無事にインコっぽく成長した新入りの子も、
    飛べるようになって、なかなか捕まらないので
    その子の羽根も切ってもらいました。

    その切り加減も、てばやく丁寧で、ちゃんとインコのことを考えて切り、
    (短く切り過ぎると骨折の危険があるそうです)
    後日羽根が生え変わったら、また切りに来て、とも言われました。

    私は子供の頃、色々なインコを飼っていました。
    かすかな記憶を辿ると、成鳥の子は皆、普通に
    羽根が切られていたと思います。

    なのでホームセンターのペットコーナーは
    もう信用できなくなりました。
    獣医さんが常駐しているようなので、信頼していましたが
    残念です。

    また、当時は学校があったので、ヒナ鳥は飼えませんでしたが
    今は若干融通がきくので、ぴぴも新しい子も
    ヒナ鳥の状態で買い、今は幼鳥で、可愛い盛りです。
    新しい子は、王子のイメージを貰って、「凜」と名付けました。

    以下は全部 凛です。
    ぴぴは活発で好奇心旺盛、気が強いけど
    凛は大人しくて控えめ、でももの覚えが早いです。



    rin-3.jpg

    rin-5.jpg

    2ショット。向かって左がぴぴ。体は水色。右が凛。水色がかったラベンダー色。
    頭はイエロー。写真だと区別がつかないですね。(苦笑)

    2ショット


    御訪問、ありがとうございました。
    また長文にお付き合いくださり、重ねて御礼申し上げます。

     
    スポンサーサイト



    | 独り言 |