FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2011-08-12 (Fri)
    王子のソロコンチケは30秒で即完売、瞬殺状態だったようです。
    で、9/9 19:00から追加公演が行われるもようです。


    堂本コウイチ初めての来韓公演チケット
    30秒ぶりに売り切れ気炎、追加公演決定


    日本の人気首脳(頂上、正常)アイドル デュオ
    禁忌小子 メンバー堂本コウイチの初めての来韓公演が
    チケット オープン30秒後に
    3,000席近い座席を全部売り切れる気炎を吐いた。

    公式的な韓国活動が初めての堂本コウイチは
    去る8月10日開催された記者会見を通じて
    "ファンたちの反応により今後キンキキッズにも韓国を訪れたい"
    と話したことがある。

    こういう彼のために(風に)応じるように
    1回に予定された公演は30秒売り切れという(のは)
    記録を産んだし90%入金が進行されて購買につながる
    異例的な盛況を見せている。

    チケットを得られないファンたちの要請により
    一回公演が急に追加されたが
    これまた序盤に売り切れる兆しを見せている。

    公演関係者は夜から朝までチケットに対する問い合わせが激しくて
    業務が麻痺する状況だと雰囲気を伝えた。

    今回の公演を主管するドリームメーカー関係者は
    "まだ日本アーティストらの韓国活動が自由でないけれど
    すでに色々経路を通じて日本文化に接したマニア層が
    非常に厚く形成されている。

    特に禁忌小子および堂本コウイチ場合、
    10年を越える活動で日本芸能界に莫大な影響力を保有した
    スーパースターであるだけに
    今回の来韓に対するファンたちの期待値が非常に高い"と分析した。

    一方今回の公演では韓国でも発売される
    堂本コウイチのソロ アルバム'BPM'収録曲で
    大部分が作られると発表された。

    堂本コウイチ初めての来韓公演
    'KOICHI DOMOTO 2011 BPM IN SEOUL'は9月9,10日午後
    オリンピック公園内オリンピックホールで進行される。

    [ニュースエン イ・ミンジ記者]

    ☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

    堂本コウイチ
    "韓国アイドル陥るだけのことはあります"


    “韓国アーティストらの振りつけを見れば
    ’どのようにあんな振りつけをしたんだよね’と
    する考えにびっくりします。
    日本の人々が陥るだけのもののようです。”

    日本の’援助’アイドル スターの堂本コウイチ(32)が
    翌月初めての来韓公演を控えて10日韓国を訪れた。

    1997年デビュー以後歌謡界首脳(頂上、正常)席を
    のがさないでいる彼はこの日聯合ニュースとインタビューで
    韓国コンサート所感と韓流熱風に対する自ら見解を伝えた。

    “韓国にくることになりうれしいです。
    韓国に私のファンたちが果たしてあるだろうか疑問に感じたが
    空港にたくさんきて下さって驚きました。
    どんな反応を見せるのか期待しています。”

    男性アイドル デュオ’禁忌小子’メンバーの
    堂本コウイチは2006年からソロ活動を併行している。
    来る17日韓国では初めて発売されるアルバム’BMP’収録曲も
    大部分直接作詞・作曲した。

    “本来は性格が暗い方に近いです。
    曲を使うのにもある程度影響を及ぼします。

    だが、私がコンサートで見せてくれたいことは
    観客らを新しい世界へ導くことです。
    公演会場に入る瞬間日常生活と違った世の中に染み入るんです。”

    日本歌謡界を牛耳る看板アイドルとして韓流熱風に対しては
    どんな考えをしているだろうか。

    “日本で活動する韓国アーティストらを見れば
    エネルギーがあふれるようです。 すばらしいと考えます。
    日本の人々がなぜ陥るのか分かりそうです。
    私はいつも勉強するという考えで眺めています。”

    彼は’カラー’とともに放送に出演したエピソードも紹介した。

    “前今も緊張することになれば固くなるタイプです。
    ところでその方は楽しく臨まれるのをそばで見ましたよ。
    堂々とした姿で撮影することを見てすごいと考えました。
    ’少女時代’は少しの間遠くから見たことがあります。”

    堂本コウイチはしかし印象的な韓流アイドルを問う言葉には
    慎重な返事を出した。

    “ぴったり切って話すことは難しいですね。
    ただし私が韓国アーティストらに感銘受けるのは彼らの表現力です。
    ’どのようにあんな振りつけをしたのだろうか’とする考えに
    驚きましたよ。 創意的で…. 各々個性があると考えます。”

    韓流熱風が彼には危機で近づくか、でなければ機会になるだろうか。

    “難しいと考えてみたことはないです。
     私は私が自ら表現しようと思うのを持っていて、
     それで今回も韓国で公演することになりましたよ。
     韓国アーティストらを尊敬して、
     習っていかなければなければならないと考えます。”

    彼は韓国でも’王子様’という愛称と呼ばれて
    マニア ファン(パン)を率いている。

    “私がいたずらのように自ら付けたニックネームです。(笑い)
    容貌ではかえって気を遣うのが何もないです。
    運動は着実にしています。”

    堂本コウイチは理想的な女性像を問う言葉には
    “内面的な美しさを整えようと努力する姿を見せる方が良い”
    としながら笑ってみせた。
    彼の来韓公演は翌月10日オリンピック公園オリンピックホールで開かれる。

    ☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

    堂本コウイチ、
    "韓国に10年越えた私のファン(パン)があるとは…
    アンミッキョヨ"


    日本のアイドル グループ 禁忌小子のメンバーであり
    数年目売り切れ行列を記録しているミュージカル
    'ショック'の主人公.

    12才の時初めて日本最大企画会社
    チャニス エンターテインメントの社長
    チャニ キタガワに抜擢されて32才の現在まで
    日本芸能界でトップ(のこぎり)アイドルで活動している男.

    日本で十数年間首脳(頂上、正常)の人気を謳歌している
    堂本コウイチ(32)が10日韓国を公式に初めて訪問した。
    来る18日公開される自身のソロ シングル'BPM'と
    来月開かれる初めての韓国コンサート プロモーションのためだ。

    10日ソウル、弘恩洞(ホンウンドン)の
    あるホテル ルームで彼に会った。
    "一度も芸能人としての人生を後悔したことない"という彼は
    職業に自負心を感じてグループのメンバー同僚に対しては
    尊重の心を持って生きていく真の'偶像',アイドルそれ自体であった。

    "台湾、香港やLAなど海外で公演をしたことはあったが
    韓国でCDをライセンス成し遂げたこともないです。

    10年超えて好んだファン(パン)があるという話を聞いて
    信じることはできなかったです。

    韓国でソロ コンサートだなんて、
    成し遂げることができることと思うこともできなかったんですよ。

    "彼が属したグループ 禁忌小子は
    'ギネス アイドル'で呼ばれる実力派だ。

    直接作詞、作曲、公演演出などを引き受けてするこれらは
    世界で二番目で大きいレコード市場を持った日本で
    15年間発売した31枚のシングルを全部発表当日
    オリコン シングルチャート1位にのせて
    これを正式ギネス ワールド記録と認められている。

    5年内外でアイドルの生命が短い韓国ではうらやましいほどの記録だ。

    長い間の期間の間人気を維持する秘訣を尋ねるとすぐに彼は
    "歌や延期(煙、演技)、放送、グループあるいは
    ソロで多様に活動面でいつも真心を伝えようとする"として"
    そのような心をファンたちが認められられるようだ"
    という謙虚な返事を出した。

    彼は97年禁忌小子で正式デビューすること
    はるかに以前から所属会社のジュニア ユニットで
    '禁忌小子'という名前を前に出して
    同僚堂本○○○とともに活動してきた。

    浮沈が激しい芸能界で一グループで
    15年の間特別な不和説なしで過ごすことは容易ではなかったはず。

    彼は"考えてみると大きい戦いは本当に一度もなかった"として
    "意見が合わないと感じる時は私が一度譲歩して
    次の回には○○○が譲歩する形"といった。

    "あえて挙げようとするなら特別にお互いに干渉しない"
    ということが彼が明らかにした'秘訣'だった。

    彼は同僚のm○○と20年近づけるということに活動しながらも
    お互いの個人活動や私生活に対しては全く分からないといった。
    自身が韓国でソロ コンサートをするのも特別に知らせなかったと。

    "各自の生活と活動を尊重する"という彼は
    "グループとソロ活動が区別されなければなければならない
    と考える"としながら"分からない方が
    互いに各自のソロ活動に集中するのに役に立つ"と両者の関係を説明した。

    禁忌小子としての堂本コウイチが
    アイドル'王子様'キャラクターならば、
    ソロ活動ではアーティストの面目(容貌)がぷんとあらわれる。

    自身の歌は直接作詞、作曲して公演会場では舞台、照明、
    振りつけやバンド構成までも全部直接演出する。

    彼は"歌をCDで聞くのと公演会場で舞台、照明、
    振りつけなどを見て感じるのは完全に違った経験"としながら
    "私が直接準備した舞台を韓国ファンたちにリリースすれば

    どのような反応を見せるか非常に気になって期待される"
    としてときめく表情を隠すことができなかった。

    "公演ディテールを過度に鋭く取りまとめたせいで
    いつも周辺から'そんなことまで気を遣うのか'という話を聞くほど
    "という彼は"日本の大型公演会場とは違った
    韓国公演会場だけの特別な舞台を作るために悩むこと"としながら
    初めての韓国コンサートに対する期待を高めた。

    一方、堂本コウイチは11日エムネット
    'エムカウントゥダウン'に出演した後日本に帰る。
    初めての来韓公演は来る9月10日午後7時ソウル、
    芳夷洞(バンイドン)、オリンピック公園内オリンピックホールで開かれる。
    sunshine@cbs.co.kr
    (大韓民国中心言論CBSニュースFM98.1 /音楽FM93.9 / TV CH 412)

    ☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

    禁忌小子、堂本コウイチ初めての国内舞台
    ‘やはり日最高アイドル’


    [ニュースエン電源記者]

    キンキキッズ堂本コウイチが公式来韓以前‘エムカ’舞台に上がった。

    堂本コウイチは8月11日放送された
    Mnet ‘エムカウントゥダウン’で'Bad desire'をリリースした。

    堂本鼻なのは今回の‘エムカ’舞台を始まりに
    本格敵で韓国ファンたちと呼吸するという計画だ。
    来る9月ソロ初めての海外公演を通じて韓国ファンたちと会う。

    9月10日ソウル オリンピックホールで進行される
    'KOICHI DOMOTO 2011 BPM IN SEOUL'は堂本コウイチの
    初めての来韓公演が開かれる。

    特に禁忌小子がまだ公式に韓国を訪れたことがなくて
    すでにファンたちの期待を集めている。

    すでにインターネットを通じて報せに接したファンたちは
    熱い呼応を見せて浮き立った心を隠せずにいる。

    カットゥン、山下トモヒサに続き日本大型グループ
    チャニス所属アーティストらの引き続いた来韓にファンたちは
    さらに多い所属歌手らの訪問を待ちこがれている。

    1997年デビューした堂本コウイチは歌手であり俳優、
    トークショーMCで活躍して日本人気アイドルで
    10年以上君臨してきた禁忌小子 メンバーで
    アラシ、カントゥン、NEWSなどが俗漢
    シャニスサムソ所属アーティストだ。

    禁忌小子はユーモラスながらも感覚的な舞台マナーで
    韓国でもブレザーや層を連れて歩く人気デュオだ。

    これらはデビューから31回目発売したシングル
    全部オリコン シングル チャート1位を達成したし
    この記録はギネス ワードレコードでも公式認められた。

    今回来韓する堂本コウイチは2006年7月ソロでデビュー、
    作詞と作曲、舞台、TV,映画など多方面で活躍して大人気を享受している。

    また、今回の来韓公演に現れるアルバム'BPM'は
    8月国内初めてのライソンスドェル予定で
    国内ファンたちの関心を受けている。

    電源記者wonwon@

    ☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

    SEGYE.com
    「堂本光一、"韓国のアーティストはすばらしい表現力がある"」

    NEWS EN
    「キンキキッズ堂本光一 少女時代、KARAを絶賛"すばらしい!"」

    NEWS EN
    「日本にトップアイドル堂本光一"韓流ファンが韓国のアイドルを
    応援する気持ちわかる"」?

    SEGYE.com
    「日本 堂本光一、韓国のアーティスト"日本人には
    思ってもできない表現力"」


    ☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

    エムカ'堂本コウイチ、
    初めての韓国舞台にもパワーダンス


    ティブイデイルリ=クァク・ヒョンス記者]
    禁忌小子のメンバー堂本コウイチが
    デビュー以来最初に韓国音楽放送舞台に上がった。

    11日午後放送されたケーブル チャネル
    Mnet 'エムカウントゥダウン'(以下'エムカ')で
    堂本コウイチは韓国ファンたちのために
    破格的で派手なパフォーマンスをリリースして目を引いた。

    堂本コウイチはこの日放送で派手な照明の下
    あたかも雨を連想させる柔軟な骨盤ダンスで
    セクシーな魅力を表わしながら初めての韓国舞台であるのに
    安定したライブ実力を誇って日本最上歌手らしい底力を誇った。

    堂本コウイチは堂本○○○と共に結成したつけた
    小子メンバーで日本現地で音盤割洞と一緒にドラマ、
    芸能番組MCなど多方面で活動している万能エンターテイナーだ。

    一方この日放送にはチョンサンジヒ、プレイブゴルス、
    帝国の子供たち、インフィニット、ミスエイ、オムム、
    デフコン、スーパージュニア、ミン・ギョンフン、種スター、
    ティンタプ、ソイン国、ブレザーのふりマウス、
    地被ベーシック、ヒョンア、堂本コウイチなどが舞台に上がった。

    [ティブイデイルリ=クァク・ヒョンス記者
    news@tvdaily.co.kr/写真=Mnet放送画面キャプチャー]

    ☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

    日スター堂本コウイチ"カラー・
    小市すごい理由は"(一問一答)


    [イーデイリースターinチョ・ウヨン記者]

    日本人気アイドル デュオ'禁忌小子'のメンバー
    堂本コウイチがガールグループ カラーと少女時代を絶賛した。

    堂本コウイチは10日午後ソウル、
    弘恩洞(ホンウンドン)グランドヒルトン ホテルで
    来韓公演記念記者懇談会を持って韓国ファンたちとの
    初めての出会いに対するときめきと期待感を伝えた。

    この席で 堂本コウイチは日本で活躍中である
    Kポップアーティストらに対して"数多くの人が
    なぜKポップに応援して熱狂するのかその理由を知ることになった"
    として"パフォーマンスや曲らがとても創意的だ。
    だいぶ素晴らしいと考える"と話した。

    特に彼は"デビュー15年目の私もまだ大きい舞台に立つ時ごとに
    緊張して硬直したりするがカラーと少女時代は震えなしで堂々と臨んだよ。
    その姿を見る時本当にすごいと感じた"と褒め称えた。

    トモコ、コウイチは1997年歌手でデビューして以後
    俳優とトークショーMCにも活躍して
    日本人気アイドルで10年以上を君臨してきたスターだ。

    ユーモラスながら感覚的な舞台マナーで韓国でも
    マニア ファンたちを率いている。

    これらの人気はデビューアルバムから最近31回目発売した
    シングルまで全部オリコン シングルチャート1位を達成したほどだ.
    この記録はギネス ワードレコードから公式認められた。

    彼は来る9月10日ソウル、オリンピック公園内オリンピックホールで'
    コウイチ、堂本2011 BPMイン ソウル'コンサートを開く。
    新しいアルバム'BPM'も国内で初めて正式発売される予定だ。

    次はトモコ、コウイチとの一問一答.

    ‐日本ではその間大型コンサートを主に開いてきた。
    韓国コンサートはどんな主眼点を置いたか

    ▲日本コンサートと基本的なコンセプトは同じだ。
     だが、公演会場により一部変化はあるはずだ。
     韓国公演会場をまだ見ることができなくて予測が難しい。

     経験上私のコンサートを見たファンたちは常にたくさん喜んで下さった。
     自信ありげに韓国ファンたちに出る。

     コンサートというものは現場で耳で聞いて目で見るのが
     最も重要だと考える。 楽しい時間を韓国ファンたちと共有したい。

    -作曲を直接すべてする。
    ソロとデュオ'キンキキッズ'一時の差異点は何か

    ▲今回のソロ アルバムのタイトルの
     'BPM'(Beat Per Minute・1分の間の4分陰個数を現わす、
     すなわち曲のテンポを意味する音楽用語)という意味のように
     私中にあるテンポとかリズムを表現しようと思った。

     禁忌小子'の曲を作る時は
     どうしても二人のハーモニーに主眼点を置くほかはない。

     ソロアルバムは何も考える必要なしで
     ただ私中で流れ出るものなどを自由に曲に入れた。

    ‐日本で大きい人気を得た。 韓国進出を決心した特別な理由があるか

    ▲決定的な契機は昨年日本ツアーの時韓国にある
     エージェントが提案をして下さった。
     私どものスタッフらと肯定的な検討をした。

     漠然としたがどのようにして見たらここまできた。
     飛行機で二時間しかかからない近い国ではないのか。

     来る道にソルロンタンを飲んだがおいしかった。
     韓国に対する第一印象が本当に良い。
     韓国の文化を今後もずっと皮膚で感じたい。

    ‐日本で活躍中であるKポップアーティストらに対してどう思うか

    ▲韓国の多くのアーティストが日本で活動している。
     日本の数多くの人がKポップに応援して熱狂する理由に共感する。
     パフォーマンスや曲らがとても創意的だ。

     日本歌手は考えることが出来ない部分だ。
     何と正確に表現するかも知れないがだいぶ'素晴らしい'で考える。

    -特にどんな韓国アイドル グループあるいは歌手が印象的なのか

    ▲あるプログラムにカラーとともに出演したことがある。
     少女時代も少しの間あったことがある。

     私もまだ大きい舞台に立つ時は緊張をして硬直する方なのに
     彼らは震えなしでとても堂々と臨む姿を見る時ごとにすごいと感じた。
     実際活躍像を見ても歌でもパフォーマンスでも舞台を本当に楽しむようだった。

    ‐日本で成功したアイドルとして後輩らにする助言があるならば

    ▲私は10代の時デビューして多様な経験をした。
     だが運が良く多いことも享受した。
     作詞作曲俳優MCなどをしながら人気を得た。

     しかし最も好むことであったため一度も'こと'と考えてみたことはない。
     それが重要だ。
     後輩らにも今することを'こと'と考えずに楽しくしろと助言したい。

    -アーティストとして韓国ファンたちにどんな姿を見せてあげたいのか

    ▲韓国ファンたちがまだ想像にならない。
     そのような面でかえって私が期待をしている。
     韓国にくる前に韓国に私のファンたちがおられるのかと
     思うほど気になったが空港で多くの方が待って下さっていて安心した。(笑い)

     明日(11日)エムネット'エムカウントゥダウン'で
     初めての舞台を見せてさしあげる。

     この日歌う曲は日本でも一度も公開しなかった歌だ。
     私の全てのものを表現することができるように努力する.

     XML  イーデイリースターinチョ・ウヨン記者fact@


    以上、拾いものニュースをライブドアさんのお力を借りて
    直訳したものです。

    お返事は今回申し訳ありませんが、次回に持ち越し、ということで
    よろしくお願いします。<(_ _)>

     

    あのさぁ。王子がスゴイ事、今頃気づいたの?
    プロなのに遅すぎじゃん。目、節○? と言いたくなるほど
    自慢毛 ぼっさぼさ。伸び放題―――――――!!!


    色々な人の色々なファンが居るけれど、
    私たちはどんな人たちより、先進的で純粋な
    王子ファン、エンターテーメント・ファンです!!!!!
    スポンサーサイト



    | 堂本光一 |