FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2011-08-11 (Thu)
    王子は無事韓国入りし、記者会見、プロモ番組出演、と
    順調にお仕事が進んでいるようです。

    以下、某所で拾った韓国の記事をライブドアの
    自動翻訳機能で翻訳してもらいました。
    直訳になるので、日本の新聞記事のようにはいきませんが
    内容はとても嬉しいものだということが分ります。


    日本最高アイドルが韓国に一流熱風を植えるために出た。
    禁忌小子堂本コウイチが公式初めての来韓でファンたちと会った。

    禁忌小子堂本コウイチは8月10日午後2時30分ソウル、
    西大門区(ソデムング)、
    弘恩洞(ホンウンドン)グランドヒルトンホテルで開かれた
    訪韓記者懇談会で韓国ファンたちに対するときめきと期待、
    彼らに見せる舞台に対する自信を示した。

    堂本コウイチは“以前に韓国でアルバムを発売したことがなくて
    公式的な韓国訪問が初めてだ。
    果たして韓国に私のファンたちがあるだろうか疑問に感じたが
    空港にファンたちが私を待っていて安心した。

    今回はアルバム広報のためきたが
    来月にライブ コンサートを控えていて
    その時は観客がどのような反応を見せるのか期待している”
    と簡単な所感で口を開いた。

    次は堂本コウイチとの記者会見一問一答.

    -禁忌小子の日本コンサートを見れば
     セットが大きくて照明も派手だ。
     それなら韓国コンサートはどこに主眼点を置いたのか?

    ▲来月に開く国内コンサート コンセプトは
     昨年日本コンサートそのままだ。
     しかしどんな舞台かにしたがって
     少しずつ変更しなければならないから現地で見て調整する予定だ。

     韓国割った方々がどのように反応するのか私も予測が難しいが
     経験上昨年日本コンサートをファンたちが喜んでくれて
     自信を持ってコンサートに臨むことができるようだ。

     韓国ファンたち中で
     私のコンサート映像を見た人があるかもしれないが
     体で感じることが最も重要なので
     こういう部分を重要視して良い時間を共有したい。

    -堂本コウイチは自身のアルバム収録曲作曲をほとんど直接する。
     それで禁忌小子の時とソロ アルバム間他の点があるならば?

    ▲’BPM’(ピピエム)収録曲は全部私が作曲した。
     基本コンセプトは私の中にあるテンポやリズムを表現しようと思った。

     禁忌小子曲を作る時は二人で互いにさしつさされつして
     ハーモニーを主眼点を置いたとすれば
     ‘ピピエム’は私のソロ アルバムであるから
     かえって何も考えないで自然に流れ出たのを表現した。

    -韓国進出が遅れた理由は何か.
     また、2009年プログラムのためにしばらく韓国にきたもので分かるのに
     その時韓国に対する初めての感じどうだったのか?

    ▲来韓をするようになった決定的契機は
     日本ツアー当時韓国エージェントから提案を受けたためだ。
     この話を聞いて‘そうなるととても良いだろう’
     とだけ考えたのがここまできた。

     2009年韓国にプログラム撮影のためきたが
     その時も時間が多くなくていろいろを感じることができなかった。
     その時もそうで今回もそうで飛行機2時間だけ乗ればくることができる
     近い国というものを感じた。

     韓国に到着した後ソルロンタンを飲んだが本当においしかった。
     今回は今日明日留まって日本に帰ることになるが
     来月また訪問するとその時は韓国文化を皮膚で感じたい。

     そして以前に腹(船,梨)を直接運転して
     釜山(プサン)で入港したことがある。

     娯楽プログラムの企画であったのに腹(船,梨)免許を取って
     韓国で釜山(プサン)まで来るプログラムだった。(笑い)
     1級小型船舶を取るのに成功したが
     タンス免許で腐らせることが残念でプログラムをもう一度作った。

     その腹(船,梨)を運転して釜山(プサン)まできたが
     約4時間で5時間程度かかった。

     日本土地が徐々に見えなかった後レーダーに頼ったが
     とても不安だった。
     ますます行って見たら韓国の地が見えたがその時からは安堵感が聞いた。

     釜山(プサン)に入っては韓国、
     釜山(プサン)の町で少しの間撮影して日帰りで帰った。
     帰る時は飛行機に乗った。

    -日本で芸能プログラム進行を受け持っているのに
     韓国歌手に会ったことがあるのか?
     韓国歌手らに対してどう思うのか。

    ▲カラーはプログラムに通じて会ったし少女時代は
     素早く行き過ぎるだけだった。

     彼らの活躍像を見守った結果
     私は相変らず舞台に上がる前緊張すれば
     からだが固まったりするのに彼らはとても楽しくパフォーマンスをする。
     すばらしくて堂々としている。

    -日本最高アイドルとして後輩らにしたい話は?

    ▲私は運が良く多くのことを享受することができる人だった。
     歌も歌って作詞作曲進行もした。

     私が最も好むことをしていてことだと感じたことはなかった。
     それが一番重要な部分だ。

     後輩らには今していることを楽しくすることが重要で
     それがすぐに成功につながるところだと話したい。

    -自動車マニアで知っている。
    高級乗用車を保有していて
    携帯電話カラーリングも自動車エンジン音と。

    ▲そうだ。 自動車をたくさん好む。 F1レースも好む。
     レーシングでもF1は私が最も没頭することができる趣味だ。

    -計画されたコンサートや明日進行される
    ‘エムカウントゥダウン’に臨む姿勢は?

    ▲まだ韓国ファンたちがどんな反応を見せるのか
     想像にならなくてかえって私が期待をしている。
     香港や台湾にコンサートしに行ったことがあるのに
     予想外で熱狂的な反応だった。

     今日空港にも多くのファンたちが出てきてくれて声援を送ってくれた。
     このような点から推察すれば来月コンサートも
     多分熱狂的であることと期待する。

    ‘エムカ’出演は事実明日日本でも歌ったことがない曲らで作られる。
     率直に明日お見せする舞台や歌を
     韓国の方がどのように受け入れられるのか予測にならない。

     しかしどうにか自信を持って
     私の全てのものを表現することができるように努力する。

    -コンサート観戦ポイントは?

    ▲舞台全般的に細心に計算して作った。
     ダンサー動き、照明など徹底的に計算して神経を使った。
     観客がどのようにすれば楽しく感じることができるか考えた。
     楽しい時間を過ごすことができるように願う。


    一方1997年デビューした堂本コウイチは歌手であり俳優、
    トークショーMCで活躍して日本人気アイドルで
    10年以上君臨してきた禁忌小子メンバーで
    アラシ、カントゥン、NEWSなどが
    俗漢シャニスサムソ所属アーティストだ。

    禁忌小子はユーモラスながらも感覚的な舞台マナーで
    韓国でもブレザーや層を連れて歩く人気デュオだ。
    これらはデビューから31回目発売した
    シングル全部オリコン シングル チャート1位を達成したし
    この記録はギネス ワードレコードでも公式認められた。

    今回来韓する堂本コウイチは2006年7月ソロでデビュー、
    作詞と作曲、舞台、TV,映画など多方面で活躍して大人気を享受している。

    また、今回の来韓公演に現れるアルバム'BPM'は
    8月国内初めてのライソンスドェル予定で
    国内ファンたちの関心を受けている。

    9月10日ソウル オリンピックホールで進行される
    'KOICHI DOMOTO 2011 BPM IN SEOUL'は
    堂本コウイチの初めての来韓公演チケット販売は
    11日午後9時オープンになる。


    また私の見られないTV番組を見たメル友さんは、
    確かに「Special Stage」として王子が出演した、
    と連絡をくれました。

    でもインタとかはなくて
    「Bad~」を一曲歌い踊っただけだったそうです。
    (あのボンテージでハンドマイクで歌ったそうです。)o(≧∀≦)o
    バックは男性女性ダンサーさん二人ずつ。
    ステージ回りにファンがいて、キャーキャー歓声が凄かったそうです。

    ただ始めに王子の紹介として、
    一瞬禁忌から(ボク羽根)PVが流れたのが
    ちょっと…だったそうです。

    また「アジアラブリーPrince」だと言われたそうです。
    とにかく、韓国の番組に堂々と出演が凄いっ!
    と、彼女は興奮していました。



    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)

    10日 mi○○○○さま 11日 あ○○さま
    コメントありがとうございました。(⌒-⌒)

    久○さん、とても頑張ってる、一生懸命な人、
    それは私も画面を見ているといつも感じるのですが、
    いかんせん、ちょっとばかり一線を越えているのが難点です。
    御人柄は良さそうなのに、そこだけもう少し……と思ってしまいます。
    まあ今回の場合、出た番組も悪すぎましたね。

    あとある方から御紹介いただきました。
    どなたか私は存じ上げないのですけど、
    彼の歌い方を聞いていると、豚くんを思いだすのは
    私だけ?

    なんかねぇ~申し訳ありませんが、小中学生の卒業式とかの
    国歌斉唱の方が……以下自粛。

    http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1653133.html 


    さて余談です。
    我が家の「ぴぴ」にお友達を……と考え、
    (1人じゃ淋しいような気がして)
    誰にも相談なしに、もう1羽買い求めてしまいました。(;^_^A

    後輩分は、顔がイエローでボディーがグリーン。
    首のあたりはグラデーション。嘴に黒い部分があります。

    子供の頃、ウッカリ・ミスで脱走させてしまった
    ダルマインコ、「ポキ」に色が似ているので
    この子の名は「ポキ」にしました。

    先住の「ぴぴ」より体が大きいのに、生まれは半月遅いの。
    ぴぴは食が細くて、ぴぴなりに毎日グングン大きくなったけど
    こうしてみると全然大きさが……。

    幼児食の「ポキ」の方が当時のぴぴより倍近く食べるせいか
    体は既にぴぴより大きいのです。

    でもだからといって、成鳥用の御飯はまだ食べられない。
    暫くまた「さし餌」の日々が始まりますけど
    この分ではスグにに成鳥食になりそうな予感。

    またポキはよく歌います。お喋りさんになってくれるといいな。♪

    そうそう、先代のポキはかなり悪知恵の働く頭の良い子でした。
    自分で扉を開ける事を自然に覚え、学校から帰ると
    ポキが部屋の中を飛び回っている事が多かったです。

    嘴で器用に扉を上に上げ、上がると、それを足で
    ガシっとつかまえて降りてこないようにし、
    その隙に頭をゲージの外に出して脱走するのです。

    そういう子だったから、気をつけながら
    ある日曜日、庭の芝生の上でゲージを掃除していたら、
    母が「アンタ、ポキが外を歩いとるがね!」
    と言われて、振り返ると……。

    素知らぬ顔でゆうゆうと芝生の上を歩いていました。┗( ̄□ ̄||)┛

    「ポキ!」私がビックリしてつい大きな声を出したら
    そのまま天高く飛翔し、何処かへ行ってしまって
    それっきり……。(ノд<。)゜。

    (それっきり それっきり それっきりーなのよぉー♪)

    暫く(数日)網を持って近所の林等を探しましたが
    何と言っても色がグリーン、見事な保護色。
    遂に見つけられず、帰らぬポキになってしまいました。

    今度の2代目ポキには脱走されぬよう、
    気をつけたいと今から心しています。

    (あの時もねぇー、洗濯バサミで出入り口を動かないよう
     止めたつもりが止まってなかったのよねぇ……。)

    写真だとイエローに見えるボディーは実はグリーン。
    歌が好きですが、ぴぴとはまた歌声が全然違います。
    顔もどことなくまだ幼い。7/16生まれ。

    poki8 1 2


    先住民ぴぴ。ゲージから出してやり、
    まだ昆虫のゲージに入っているポキと対面させたら
    メッチャ ポキがビビってたけど、アンタ、ガンとばしたの?
    そんなことないよね? 7/1生まれ。

    pipi8 11 1


    あと宜しければ、数日の命の『続きを読む』にオマケがあります。
    いつもの如く……の例のものです。

     

    ♪御訪問ありがとうございました。♪



    スポンサーサイト



    | 堂本光一 |