FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2008-07-21 (Mon)
     
    昨日書いたブログの内容について。
    以前複数の友人やメル友さんから教えてもらったことがあるんです。

    メサイア・コンプレックス
    モラル・ハラスメント
    演技性人格障害・自己愛性人格障害

    そのどれとも、彼女たちの言っていることと少しづつ噛み合う。
    そう、例の彼の場合に...
    そんな気がする。

    それが複雑に絡み合っている、またはその結果
    今の状態になっているのかも、と素人ながらに私は思っている。

    そして驚くべきことに、ごく最近私が通っているあるブログの
    ブログ主さんが同じようなことを題材にブログを書いていらしたのを
    毎日の訪問で知ったのです。

    以下は彼女たちから教えてもらったものと自分がnetで拾った各病気のあらましです。
     
    ■ 人格障害

    その人の持っている「人格」が常道からはずれてしまって、
    社会生活に障害を来すものを言う。
    青年期や成人期早期に始まることが多く、
    長期にわたってその人格が安定しいて、苦痛を伴う。
    この中でその障害が他の精神障害に原因がないものを一般的に人格障害と言う。
     
    次のうち5つ以上あてはまると演技性人格障害が疑われるようになる。

    1.      自分が注目の的になっていないと楽しくない。
    2.      他人との関係は、不適切に性的で魅惑的・挑発的な態度をとる。
    3.      あさはかで感情を表に出す。
    4.      自分への関心を引くために身体的外見を利用する。
    5.      感情表現がオーバーなのだが、内容がついてこない。
    6.      芝居がかった態度や誇張して表現する。
    7.      他人や環境の影響を受けやすい。
    8.      対人関係を実際以上に親密なものとする。

    以上のことをまとめると、演技性人格障害は大きく4つの性格的特徴を持っている。

    1.      自己顕示性  自分を実際よりもよく見せたい。
    2.      情緒不安定性  一見すると他人を振り回して行動しているように思われるが、
    その真実は実に小さく不完全なもので、危うさ、不安に満ちている。
    支配的に振る舞うことでかろうじて安定化を図っているのです。
    3.      被暗示性  情緒不安定と同じく、他人や環境に合わせることで、安定化を図る。
    4.   魅惑性  わざとらしく表面的で挑発的な態度にでるのは、
    背後に深い罪悪感を抱えていることが多いようです。

    ●自己愛性人格障害

    英語ではNarcissistic Personality Disorder つまりナルシストのこと。
    その原因は母親の過保護と父親の不在です。
    そのおかげでいつも自分は特別なものだと感じています。

    そのため、誰かに自分のことを非難されるのをとても耐えることができない。
    自分は特別な人間だと感じ、様々な対人関係の障害がでてくるのが特徴。
    まわりの人間は自分を敬うのが当然と感じ、他人への思いやりに欠ける。
    究極の自己中心的な人間、裸の王様がこの自己愛性人格障害です。

    無自覚タイプ
    これは日本に多いタイプで、まさに自己中心の塊。
    多くは、母親の過保護によって生じます。愛情を注がれ過ぎたために起きる。
    「特別な子供」扱いすることで、「私は特別な人間なんだ」と思い込んでいる。
    厚顔無恥、誇大、顕示欲の強さなどがこのタイプの特徴。

     他人の反応に無頓着
     傲慢で攻撃的
     自己陶酔の塊
     注目の的であろうとする
     他人に傷つけられる感情を受け付けない

    以下のうち5つ以上あてはまると、自己愛性人格障害が疑われる。

    自分は特別重要な人間だと思っている。
    限りない成功、権力、才能、美しさにとらわれていて何でもできる気になっている。
    自分が特別であり、独特であり、
      一部の地位の高い人たちにしか理解されないものだと信じている。
    過剰な賞賛を要求する。
    特権意識を持っている。自分は当然優遇されるものだと信じている。
    自分の目的を達成するために相手を不当に利用する。
    他人の気持ちや欲求を理解しようとせず、気づこうともしない。
    他人に嫉妬をする。逆に他人が自分をねたんでいると思い込んでいる。
    尊大で傲慢な態度、行動をとる。

    以上参照
    「赤の他人のホントのわたしより」抜粋 (http://akatan.cool.ne.jp/index.html 
    =(他の色々な障害も同時記載されています)

    ■ メサイア・コンプレックス
    自分で自分を救い、愛することができないのに、
     世のため人のために尽くすことにこだわることを「メサイア・コンプレックス」と言う。
     たとえば、こんな人がメサイア・コンプレックスにありがちなタイプ。

      「将来の夢は?」と聞かれたときに、
         「人類を救済する」「世の中を変える」などと大言壮語する
      理想的な理屈ばかり言うが、現実に即して考えるのは苦手
      「人類愛」を説くわりに、友人や家族のことはどうでもいい
      「親切にしよう」と言うわりに、小さな親切に感謝できない
      身近な幸せを見つけられないのに、大きな幸せを与えることにこだわる

    「メサイア・コンプレックス」によって他人を援助する場合、何がやっかいなのか。 
    理想と違う現実に出くわしたときに、すべてがイヤになり、
    救うべき相手のことを考えられなくなること。

    たとえば、高邁な理想を掲げてボランティアに志願しても
    「仕事がキツい」「メンバーが気に入らない」と文句を言って、
    すぐに帰ってしまう人が少なくない、など。

    メサイア・コンプレックスの人の心の底には、
    現実逃避や現状不満、劣等感などがあるため、その反動で
    過度な理想主義に走る傾向があるが実際には悩める人が渦巻く現場では、
    理想どころか過酷な現実を突きつけられることばかり。
    そのため、つらい現実に落胆し、そこからも逃げ出したくなってしまう。
     
    ■ モラル・ハラスメント
    言葉や態度などによって人の心を傷つけ、
    心が壊れるまで貶めてしまうような精神的暴力のことを言う。

     加害者側の特徴

     いつも自分が優位に立ち、賞賛が得られないと気がすまない
     他人の気持ちに共感することや、心を通わせあおうという気持ちがない
     他人にあこがれて近づいても、すぐに嫉妬で心がいっぱいになる
     他人をほめることをしない。欠点をあげつらい、いつも悪口をいっている
     自分の考え方や意見に異を唱えられることをいやがり、無条件に従うことを要求する
     自分の利益のためなら、他人を平気で利用しようとする
     自分は特別な人間だと思っている


    加害者が相手を不安に陥れるためによく使う方法

     政治的な意見や趣味など、相手の考えを嘲弄し、確信を揺るがせる
     相手に言葉をかけない
     人前で笑い者にする
     他人の前で悪口を言う
     釈明する機会を奪う
     相手の欠陥をからかう
     不愉快なほのめかしをしておいて、それがどういうことか説明しない
     相手の判断力や決定に疑いをさしはさむ
     
         以上参照:「All about 医療・健康」より 
         ①メサイア・コンプレックス 
          
    http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20060705A/index.htm 
     
         ② 許すまじ!モラルハラスメント
     
    私(私たち)はもちろん医師ではないので断定なんかはできないけど
    思い当たる節があまりに多くて、教えてもらった当時
    「ああ!」と納得してしまったことも事実。

     
     コメントありがとうございます。お返事です。
     
      ろっこつさま
    はじめまして。ようこそおいでくださいました。
    共感することが多いと言ってもらえるのが何より嬉しいです。

    自分はonlyの中でもまたその度合いがキツイ方だと自覚しています。
    今回のコンにも、onlyさまであっても意外と参加される方が多くて
    自分は何だか疎外感もあったり複雑な気持ちもあったんです。

    もちろん、Gなんて不要だと思ってるし、それ以上に
    今としてはハッキリ言って邪魔とか害になっていると思うことがほとんど。

    そして例の彼は今年に入ってさらに行動や態度が加速的に酷くなっている。
    そう思っています。

    例の元旦コンで味をしめた? だとしたらもっと怖い。
    それから今年の春、自分のソロライブでの奇行。
    尋常ではない。 
    そうとしか自分には思えなかったです。

    だからそんな人がTVに出るのはとても危ないことだし
    光ちゃんと一緒にいるのもとても危険なことだと思います。
    理由はどうあっても、彼のターゲットは光ちゃんなんだから。

    彼に病気や障害があるかどうか、本当のことは分からない。
    私は医者じゃないから。

    だけど彼の性格がかなり歪んでしまっていることは周知の事実。
    今まで起きてきたことは ろっこつさまが言われるように


    如何に光一さんを落とし込み、自分が愉しめるか
    あの人が敵と判断する相手は光一さんと光一さんを庇う人間
    光一さんが妬ましくて憎くて疎ましい
    敵意の正体はコンプレックスのような気がします

     
    激しく同意です。と言うことは、
    それを解決するには、やっぱりろっこつさまが言われるとおり
    Gが存在する限り、光ちゃんが身近にいる限り、彼が変わることはない。
    それだけは確かなこととして言えると思います。

    それを解決するにはやっぱりG解散が一番の近道だと思います。
    ファンについて言えば、一旦事務所が確固たる姿勢で出、決定し、
    素早く決行してしまえばそれまでだと思います。

    消滅してしまったものを応援したり追うことはできないので
    少なくとも一番厄介な“Gファン”は存在できなくなり
    必然的にどちらか一方につくか、両方につくかしかなくなります。

    当然FCも別々になるわけだから、両方に入会するか
    それが負担ならどちらか一方にしかつけなくなる。

    できることならあのGの場合、もし将来そのような事態になったら
    同じ人はどちらか一方にしか在籍できない決まりを作って欲しい。

    そうしないと本当の意味で光ちゃんを危険から遠ざけることは難しいし
    そうすれば無駄なチケット争いもなくなるし、違法な転売もなくなるから
    一石何鳥もあると思うんだけど。

    だけど肝心の事務所側になぜかその気がない。
    各々を堂々と売り出せるようになるから
    利益は格段にあがると思うんですけどねぇ。変ですねぇ。

    (少なくとも光ちゃん側の利益はフツーの売り方をすれば
    3~5倍になると思うんだけどね。
    そうすりゃ最悪例の彼が万一潰れたと仮定しても
    十分元が取れる上に上乗せだって十二分に可能でしょ?)

    あら。話が逸れてしまいましたね。すみません。

    今日から長いツアーが始まりましたね。(どうなることやら。)
    このツアーが終わり、そのあとに来るのが
    「解散記念コンサート」だったらどんなに嬉しいか。
    そう思えば長い今回のツアーも少しは気持ちを安定させて見守れるかもだけど。

    それから、こんな過激で毒ばかりのブログに来てくださった上に
    荒れる心配までしてくださってありがとうございました。

    でも一応自分は大丈夫なつもりでいます。
    荒れる覚悟を持っていないと、こんな内容のブログは書けません。

    今まで色んなブログ様を見させていただいてきましたけど
    荒れる時には何もなくても荒れるんですよ、ブログって。
    だって相手が見境のない人たちだから。

    そう思っていないと光ちゃんonlyは名乗れないんだと
    色んなブログ様を見ていて思ったんです。
    その覚悟で始めた上に、自分でもキツイな~と思うことを書いてるんだから
    腹は括ってるつもりです。(開き直りとも言うかしらね~。(* ̄m ̄)プッ)

    ではこれからもよろしくお願いします。また遊びにきてくださいね。
    お待ちしています。
                                    Youiko
     
     ありんこさま
    はじめまして。ようこそおいでくださいました。
    いやいや、お恥ずかしいっす。

    実はココを始める時に決めたことがあって、それはですね。
    自分に嘘はつかない。自分に嘘はつけないから。
    だから光ちゃんに関係するさまざまなことについて
    自分が思ったことを包み隠さず全部曝け出そうって決めたんです。

    もちろん嘘や捏造・誹謗中傷はダメだけど
    それ以外のことは全部素直に吐き出そうと思ったんです。

    光ちゃんファンを続けるには本当に忍耐も必要だしストレスも多い。
    無力感に悩まされることも凄ーーーく多い。

    最近だってそうだったでしょ? 例のCDの件。
    戦略的には企業としては当然の成り行きだろうけど
    それも十分 事前に分かってはいたことだけど、それでも
    ファン心理から言えば許せねぇ!って思うのがフツーでしょ?

    特に最近の事務所の対応やGや彼の現状は悪くなる一方な気がするし、
    現に わああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!
    と叫びたくなるようなことばっかりでしょう。
    例の定期放送だってそうだし。

    さて私も実は今日 朝から落ち着かなくて... ついに始まるよぉ~、コンが~!って。
    ホントは昨日からもうバクバクしてます。


    その上また期間が長いでしょう、今度は。
    もう真綿で首を絞められるような気分。

    今日はWSカメラが入るそうなので
    そんなに極端なことはないかな~と思ってますが、問題は今後ですね。

    そしてもし本当に彼が病んでいるのだとしたら余計に光ちゃんが心配だし。
    期間が長い分、関わる時間も長いわけだから。

    まあそこまで行かなくても、彼のあの性格だけでも十分すぎるくらい
    厄介なことには何の変わりもないですけどね。

    彼の心ない言動によって今まで光ちゃん自身は分からないとしても
    光ちゃんファンがどれだけ傷ついてきたか。
    それは確かなことだし、それだけでも彼が犯して来た罪は大きく深いと思ってます。

    ところでPHPさんから出てる本ってどんな本ですか?
    またよかったら教えてくださいね。

    ではこれからもよろしくお願いします。また遊びにきてくださいね。
    お待ちしています。

                                    Youiko

                                                                  

    AUTHOR: ルーク IP: 219.125.51.187 DATE: 07/22/2008 02:01:26 Youikoさま、はじめまして!最近こちらのブログを知りましてすごく共感しました。 大学院で心理学を学んでる光一ファンの友達と、たまたまTさんの不可解な言動について夜通し話したばかりなので、文章にしていただけたおかげで整理できました。どれにも当てはまりますね(^^;)Aおそろしいほど。 カウンセリングは普通は家族に向かうので、本人とその身内に対して行うらしいのですが、長引くと家族の神経の方が壊れてしまう例の方が多いらしいです。 Tさんの場合は家族が脅威なのか?光ちゃんに向かって人格を傷つけるようなねつ造発言をしてます。長い間堪えてる光ちゃんの方が先に神経が壊れてしまうのでは?と本当に心配してます。 光ちゃんはTの病気を理解する為に本を読んで研究したと聞いてますが、友達によると「言動がたとえ間違ってても強く否定してはいけない」とカウンセリングでも家族に言うそうです。 光ちゃんも聞くか読んでるはずで、Tヲタに「否定しないのは本当のことだから」とか言われても(怒)Tの為に反論しなかったんですね。 でも、光ちゃんの優しさに甘えて、病気に関しては素人の光ちゃんに押し付けて、光ちゃんと光一ファンが苦しんでようが何の対策もとらなかった事務所にはT以上に腹立ちますし、何の手も打てないなら、もう光ちゃんをTから早く離してほしいです。
    スポンサーサイト



    | 日記 | COM(0) |
    コメント







    管理者にだけ表示を許可する