FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-12-30 (Wed)
    いただいたコメントのお返事、大変遅くなり、申し訳ありませんでした。
    もう古くは今月下旬に入って間もない頃にいただいたものも。
    本当にごめんなさい。
    ではまず例のMステの前にいただいたコメントへのお返事です。

     ju○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    「のーもー」はもうお買い上げになられましたか?

    さて来年発売予定の光ちゃんのアルバム、
    2枚組にしてくれたらどんなにステキだろうと本気で思いますが
    そんなこと言ったら光ちゃんに「○す気か?」と言われそう。(笑)

    でもそれくらい良い曲が沢山あると言う意味なので
    光ちゃんにもそこのところを自覚していただきたいなって
    思うのです。(出た!また我儘モード)

    だって光ちゃんって自分の作品や自分に対する事には
    いつもあまりにも過小評価しかしないから。
    自分に厳しすぎるから。

    だけど、そうであるからこそ、今の光ちゃんがある、
    それもまた確かなことであって。難しいですね。f^_^;

    さて「Falling -2009-」の原曲を御存知ないとのことですが
    あれは“いつものところ(通称:つべ)”に上がっています。
    そこの検索ワードの欄に「Falling」または「光一Solo-- Falling @ PJ」
    と入れれば、多分同じ原曲でもコンサートで披露しているものと
    昔光ちゃんがMCをしていた「PJ(ポップジャム)」という番組
    そこで披露されたものが見られる筈です。

    どちらもとてもステキですよ。
    まだ若くて、今よりちょっぴり肩に力の入った
    一生懸命な光ちゃんがキラキラしています。(=⌒―⌒=)
    (そんな若い光ちゃんも、今の大人の光ちゃんもとってもチャーミング!)

    この曲はあの若さでこのような楽曲を生んでしまった
    堂本光一と言う人の、底知れぬ才能に恐れさえ抱かされる1曲です。

    勿論「Peaceful World 」も同様で、
    あれは作詞も光ちゃんがしていますが
    あの作品について光ちゃんが語ったと言われる

    「本当は戦場にいる兵士こそが一番平和を願っている筈」

    その言葉に、光ちゃんはそこまで思い及ぶのかと
    改めてその大きさや深さにに舌を巻きました。

    さて米ナス小太り爺の性格ですが可哀想な人だと思います。
    ホントは小太り爺自身はもうとうに気付いていると思うのです。
    自分の本心とか、そのあたり色々と。

    だけど……それでもあの姿勢や態度を変える事が出来ない。
    知っていてやめられないのは苦しいと思います。
    (たちが悪いとも言いますが)
    心を縛らず、素直になってしまえば解放されるのにね。

    でもだからと言って光ちゃんに危害を及ぼす行動や言葉を許す
    それはやっぱりファンとしては許せない事です。
    彼の口から出るのはいつもウソと捏造と陰謀と横車発言・要求だから。

    自分のソロを立ち上げた頃は「ソロの自分を応援して欲しい」といい
    それがポシャったら今度は禁忌乗っ取りを果たした。
    考えてみれば、それが彼の生き残る唯一の道だったのかもだけど
    光ちゃんファンとしては気分を害さざるを得ませんね。

    そういう私もGとハッキリ決別したのは3年余り前。
    その前から解散を希望していましたが、まだそれでも何とか
    ギリギリで踏みとどまっていられたので、また更にnetもしていなかった
    そういう時期もあるので、それ以前に起きた事を
    リアルに体験してなかった事もあり、記憶にない部分もあるので
    全ての出来事をシッカリとリアルタイムで乗り越えてこられた
    古くからのファンの方とは受け止める重さや傷も違うでしょう。

    特に私程度のアレルギー反応や傷はまだ浅い方だと思います。
    でも実際はそうでない人の方の方が断然多い。
    そういうファン先輩の方々は、本当に大変なことを
    今以上に沢山経験されてきたワケで。
    それを思えばまだまだ修行が足りない私です。(⌒◇⌒;)

    あと今回のGのツアーの某場所に参加された方の感想で
    「光ちゃんソロコンと違って2回以上見たいとは到底思えない。
     もう恐らくGのコンサートには参加しないだろう。」
    そう言う話もお聞きました。

    私たちがこよなく愛する堂本光一のソロステージに比べたら
    いえ、比べるようなレベルにさえない今のGのコンの現状がそれ。
    やっぱり光ちゃんソロの世界に魅了されたものは
    Gの世界で満足するにはあまりに無理があり過ぎます。

    あのGがまだキラキラ輝いていた時代のコンですら
    今そういう形で見せられても、やっぱり結果は同じだと思います。
    当然一人で創り出す世界と、Gで創り出される世界は異なるもの
    例え同レベルでも満足できないのは致し方ないことなんですが。

    しかし現状として、光ちゃんの良い面は全て封印されてしまった
    そんなGやそのコン、CDを出す時間があるなら
    ソロファンとしては、ソロの方に時間を割いて欲しい
    そう願うのもまた確かなことで。

    それにどの場所にいる光ちゃんも光ちゃんには変わりはないとは言え
    なかなかそうも割り切れないし、
    元々ソロの光ちゃんを好きになってファンになった身としては
    そうでない光ちゃんには魅力を感じにくくなるのも仕方ない。
    この辺りが本当に難しいです。(_ _;)

    ソロファンである私ですら色々考えすぎてしまう傾向があるのだから
    元々Gのファンから光ちゃんファンになった方は
    もっと大変であるワケで。

    だから同じ場面を見聞きしても、その受け止め方は百人百様である
    そうは頭では分かっているのですが……。
    よくもまあこれだけ次から次へと色々な事が起きるものだと
    半ば感心すらする今日この頃です。(T_T)
    コメントありがとうございました。それではまた~。(^-^)

     ち○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    お返事が遅くなってしまった故、光ちゃんは今頃東京にいますよね。

    そうでしたか、当時はマリンメッセでしたか。
    Gの事には関心が薄いので、日程まで覚えていられなくて。
    ありがとうございました。^^

    さて ち○○さまはその頃からのファンでいらしたんでしたよね。
    ミラコンは今思っても本当に最強のソロコンでした。

    初のソロアルを引っ提げての、新たなる堂本光一の世界の誕生の瞬間
    大袈裟な言い方をすればそんな感じのソロコンでしたし
    ハーフコンはそれまでのG活動からと舞台から生まれた堂本光一の世界の
    集大成的ソロコンでしたから。

    今年のソロコンも非常に素晴らしいソロコンで、光ちゃんの才能は
    一体どこまで行ってしまうのだろうかと逆に不安になるくらい
    ステキで魅力的なソコロンでした。

    ただそれが分っていても、生光ちゃんが見たい。
    それはとても正直な思いでしょう。
    私もそういう思いが全くないかと言えばウソになります。

    だけど諸事情や今の光ちゃんの周りの状況を考えると
    そして自分がそこに行けばどうなるのかが 
    もう分っているので踏みとどまっている、そう言えばいいでしょうか。

    そして教えていただいた場所、見てきました。
    当然ですよね。
    だけどどうして同じ堂本光一なのに、こんなに落差が出来てしまうのか。
    それ程にまでなってしまったGを不要と光ちゃんファンが思うのも
    また仕方のない現状であり、意見だと思います。

    そのところを事○所は潔く早急に決断して欲しいです。

    あとSHOCKご当選、おめでとうございます。

    「只今電話が大変込み合っております。」のブロックの果て
    ようやく「ナビダイヤルでお繋ぎします。」そう聞いた時のドキドキ感。
    何度経験しても、メモを取る手が、震えますね。(~_~;)

    あとほんの数日待てば、ブロックの音声も聞かずにスムーズに繋がる。
    それも分っているのですが、それでもやっぱり電話せずにはいられないし。
    どちらにしても、とっても精神衛生に悪い、それには変わりありませんね。^^;
    コメントありがとうございました。それではまた~。(^-^)

     23日 17:44さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    「寄生獣」……

    うーん、手に取る事はおろか、初耳な書名でした。
    で、netで少し調べてみたのですが、
    なかなか深いストーリーのようですね。

    例の小太り爺が自分は心の病だとはじめて言い始めた頃
    光ちゃんは光ちゃんなりに書物などで一生懸命そのことについて
    勉強していたと聞いた事があります。
    でも今はもうそうは思ってはいないと分ります。

    >どれほどの辛抱を、彼は、してきたことか、
    >そして、これからも?!! 想像を絶する思いです。
    >又、いつか、Т氏は、キンキをやめたら、
    >光一で事務所を作って、売り出すとか、いっていましたっけね。

    そうそう、そんなことも言っていましたね。
    それを聞いた時、何なの、この人は? と思った記憶があります。

    >「俺の自由は、ないのか」と、光一さんは、いっていましたっけ。
    >だからこそ、手をさしのべたくなるんですよね。
    >他のだれよりも、気になるんですよね。

    >Т氏は、光一人気の拡大に、逆の意味で、
    >ほんとに、貢献してきたといえる? 自分の悪評にもめげずに。
    >感謝すべきなのかな??
    >「お前のおかげで、今の光一さんがあるよ、ありがとう」と。

    沢山引用させていただいてしまって申し訳ありませんが
    それだけ共感しまくりだと思い、どうぞご勘弁を。<(_ _)>

    でも仰るように、光ちゃんの成長に彼は一役も二役もどころではなく
    貢献してくれている事は確かです。ある面では。
    だけど全面的に貢献してくれたと思いを切り替えないと
    そろそろやっていられなくなる可能性もありそうで なさそうで……。

    今日からまたドームでのコンが始まります。
    どうぞ何も起きませんようにと祈ります。(-人-)
    コメントありがとうございました。それではまた~。(^-^)

     あ○○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    ぬあんだってーー!! ええ、そうなんだよ~です。
    でもって、福岡では足を痛めた光ちゃんにまた無理じいをしたと。(~_~;)

    昨日偶然 上司の年周りの年が「猿」だと聞きました。
    パートさん曰く「猿だけに、1日中キーキーキー!!!だもん。」
    それがまた私のツボにハマってしまって。f^_^;

    さて冗談はさておいて、これ以降、これ以上 光ちゃんが身も心も
    どうか絶対傷を負う事がありませんように。
    そう願うしかない身がもどかしいです。

    どんなに盛り上がっても、どんなに光ちゃんコールがあろうと
    それは所詮Gでのこと。Gへの光ちゃんコール。

    ソロだけを願う身としては、ソロだけをして欲しい
    そんな超―――――――我儘っ子ですから。(⌒◇⌒;)

    それに貴重なお金を労力を時間を、意に染まないものにまでかける
    そのゆとりは私には全くありません。
    受け入れる入れないの前にです。(泣)

    それに元々Gにいる光ちゃんを好きになった訳じゃないし。
    そこからして自分の場合はもうムリですね。
    だからパスです。

    >光ちゃんには「オレのファンは何でGコンには少ないんだ?」と
    >気付いてほしいから。
    >そして光一ソロコンとGコンでは、ファン層が違うんだってこと
    >光ちゃんオンリーはGコンには参加できなくなっていて、
    >ソロコンを心待ちしてるんだってことを知ってほしい。

    これ、もの凄く大事ですよね。(b^-゜)
    以前ココにも書きましたが
    数字とか実績とかなら、確実に光ちゃんに届く。

    光ちゃんだって事務所だって、実績が示せば気付くし、
    気付かざるを得ないし、何より一番分りやすいし、
    結果、そのように動かざるを得なくもなろうと言うもの。

    となれば、時間は限られているのだから、削るべきものは
    必然的にG活動になる。
    その日を待ちましょう。

    幸い、来年は光ちゃんソロ三昧になりそうですし。
    コメントありがとうございました。それではまた~。(^-^)

     23日 11:09さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    そうですね。私も今はそう思います。

    昔は違っていた時期もありましたけど。
    今思うと、随分勿体ないことをしたと思うし
    考えようによっては、良し悪しではなく、名前だけで買う、
    それはそのアーティストの方にとっては失礼千万なこと。

    だから自分の気持ちに素直に。
    そしてその意に反するところには出入りしない、関わらない。
    コン会場であろうが、netの世界であろうが。
    そういうことですね。
    コメントありがとうございました。それではまた~。(^-^)

     25日 16:16さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    そのようです。
    光ちゃんの笑顔が目に浮かぶようです。
    私も10数年ぶりにF1を年間通して見ちゃおうか
    (見れるものなら……ですが。多分もう見れると思います。)
    そう思うくらいワクワクします。o(^^o)(o^^)o

    さて例の小太り爺。

    >いままでの禁忌の実績と歴史に乗っかって、それをするのは、
    >無理がある、ということでしょうね。
    >「硝子の少年」の禁忌のイメージと、
    >その思い出が損なわれる悲しさを、これ以上、
    >多くのファンに味あわさないでほしいものです。

    そうですね。
    残念ながら私は当時の状況をリアルでは知らないのですが
    過去の実績からや、光ちゃんの言葉等から
    ある程度の予想は立てられます。
    ファンライフが長ければ長いほど辛くなるって変です。

    知れば知るほど辛くなるのも変です。
    いい加減それに気づいていただきたいですよね。
    コメントありがとうございました。それではまた~。(^-^)
    スポンサーサイト



    | お返事 |