FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-12-30 (Wed)
    このようなコメントをいただきました。
    ※可能であれば非公開希望&返信不要※

    そう書かれていましたので、他のみなさまにこれをお読みいただき
    これをどう解釈すればいいのか、教えていただけたら幸い
    そう思い、記事と言う形をとって公開することにしました。

    自分に読解力がなくて、コメントしてくださった方には申し訳なく思うのですが、
    そういう事情ゆえ、お許し願った上で、他の方々のお考えをお聞かせ願えれば
    非常に有り難いです。

    どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>

    名前:neneco
    タイトル:元気を出してくださいね


    ※可能であれば非公開希望&返信不要※

    はじめまして。時折拝見しております。
    今回は、ゆい子さまがあまりに一生懸命なご様子なので、
    差し出がましいかも知れませんがコメントさせていただきたくなりました。

    さて、光一さんファンのダメ出しに随分と心を痛めておられるようですね。
    無理もないと思います。
    ゆい子さまは光一さんを一人の男性としてとても愛しておられるでしょうから。

    今回も【惚れた男】と表現されていますし、
    以前も別記事で?光一さんに恋人が出来たら…結婚されたら…
    自分は耐えられるだろうか?? というような内容もありましたし、
    パンちゃんに嫉妬されている時もありますし。
    まるで、恋する乙女の日記を見ているように感じることがあります。

    私は色々な意見を知ることが好きで、“光一さん至上主義の盲目溺愛派”から
    “光一さんといえどダメ出しさせてもらいます派”まで、
    いくつかのファンブログを見てまわります。
    (とはいえ、見られる数には限りがありますけど。)

    25日のMステは本当に反応の違いが大きくて、たいへん興味深いものでした。
    私が見た中には心に突き刺さるような言葉は見受けられなかったんですけど、
    ゆい子さまが御覧になったものは相当辛辣だったんでしょうか?

    私が見たものには?ファンを降りる?宣言をする類はなかったので、
    実際にゆい子さまを失望させた現物の内容は分かりませんが、
    私はダメ出しするファンも光一さんのことを考えていると思いますよ?

    それとも、激甘な言葉しか受け入れられませんか?
    もしそうであれば、ここから先はお読みにならない方がいいかもしれません。
    読まずに消されても構いませんが、一応書かせていただきますね。

    ときどき“禁忌小子の光一さん”と“ソロの光一さん”は
    全くの別物だとするものも見かけますが、結局のところ
    “堂本光一”という存在は唯一無二であり
    その体は一つしかありません。

    禁忌小子として活動する中で怪我をしようものなら、
    それはそのままソロ活動にも影響が出てしまいます。
    だからこそ、危惧するファンが多いのではないでしょうか?

    今回のTV出演における、キス未遂という事態。
    残念ながら今回の場合、
    光一さんの方から歩み寄り顔を近付けていったことは紛れもない事実です。

    そして、ゆい子さまには決して認められないことかもしれませんが、
    これまで何度となくセクハラ被害を受けてきたにも関わらず、
    その加害者である“小太り爺”さんに自分から顔を近付けて行くという行為は、
    “小太り爺”さんを調子付かせるものであり、
    同時に同人ファンを煽る行動だと、
    そのように受け取る人が出ても仕方がない部分があると思います。

    “小太り爺”さんも同人ファンも、「光一の方から挑発してきた」と言いかねません。
    実際、先に顔を近付けていったのは光一さんです。
    事前の打ち合わせがどのようなものだったのかは分かりませんが、
    本来ただ向かい合って歌えばいいだけの場面であるはすが、なぜかわざわざ接近。
    それもかなりの至近距離。
    おまけに、失恋ソングを歌っているときなのに、なぜか万遍の笑み。

    本当にどんな打ち合わせ内容だったのか不思議でなりません。
    多数の出演者がいる生放送中のTV番組であるにも関わらず、
    キス未遂という事態になったのですから、
    キスコールさえ沸き起こるコンサート会場では
    それ以上のものを求められることが容易に想像できます。

    会場でもTVの前でも、同人ファンはキス未遂に盛り上がったことでしょう。
    年末年始のコンサートは異様な雰囲気になるのでは?
    (個人的にはそうならないことを願っていますが…)

    もしまた押し倒される事になったら…?
    そしてまた体のどこかを痛めてしまったら…?

    ダメ出しをするファンには、
    光一さんが“小太り爺”さんに顔を近づけた瞬間、
    咄嗟にそのような心配や不安が浮かんだ人も多いのではないでしょうか。

    自分から危険行為のキッカケになりかねない行動に出るなんて…!
    と思う人がいても不思議ではありません。

    また、ゆい子さまは光一さんを
    “一人の異性”として想っている部分が大きいとブログ内容から推察するのですが、
    ファンの中には、あくまでも一人の
    “プロのアーティスト”として魅了されたという人もいます。

    特にソロ活動からファンになった人にはそのタイプが多くなるかもしれません。
    そのような人は光一さんのことを、文字通り、“一人の男性として”でも
    “単なるタレント”でも“アイドル”でもなく、“プロのアーティスト”として見るでしょう。

    ゆい子さまの周囲の反応は?何ふざけてたの??と軽く思うくらいで、
    ゆい子さまはそう思われたことに対して何も抵抗がなかったようですね。

    ゆい子さまの周囲の方は光一さんのことを
    プロのアーティストとして見ているのでしょうか?
    ふざけていた印象は残っていたようですが、
    その方たちは(もともと?スワンソング?を知っている方は別にして)
    肝心の曲の中身を覚えておられますか?

    これは私が書くまでもなく十分にご承知だと思いますが、
    歌番組は歌を届けるものです。ふざけて見せる場所ではありません。

    光一さんに限らず、プロであれば、出演者としての礼儀を重んじ、
    プロとしての責任や義務を果たしてこそ、初めて認められたり賞賛されたりします。

    それらを光一さんや“小太り爺”さんの取った行動と合わせて考えた時、
    ゆい子さまはどう思われますか?
    プロにあるまじき行為だとは思えませんか?
    ゆい子さまの中では光一さんだけ特例扱いになるのでしょうか…?

    光一さんを“プロのアーティスト”として見ているファンであれば
    どう思うかということを想像するのは難しいでしょうか…。

    ファンを降りる宣言?については、私は目にしたことがないので、
    それをいう方の理由などは分からないのですが、
    ゆい子さまは大変失望され怒りさえ感じておられるご様子…。

    そんなに許せませんか?
    今回のことでファンを降りる人は責められなければいけませんか?

    以前、ゆい子さまは、光一さんが結婚したらファンを降りるという人に対して、
    「きっとそうなるくらい光一さんのことが好きでたまらないのだろう」
    というようなニュアンスで理解を示されていた記憶があるのですが…。
    もし記憶違いであればすみません。

    ゆい子さまにはゆい子さまの都合があるように、
    今回のことで傷ついたり立ち直おれくなったりするファンにも
    それぞれの都合があるのでしょう。
    それも全ては光一さんへの想いがあるからこそだと、私は思うのですが。

    ゆい子さまは今回の記事の中で光一さんの身にご自分を置き換えて
    「私がその立場ならこう思う」というようなことを書いておられますが、
    そうすることで、ご自分と光一さんとを混同されていませんか?
    そのために余計に苦しまれているのではないだろうか?
    …と、読んでいてとても心配になりました。

    書いているうちに随分と長くなってしまいましたね。
    もしここまで読んで下さっているなら、さぞお疲れになったでしょう。
    すみません。本当に長々と失礼しました。


    以上です。
    どうぞよろしくお願いします。

    追記
    14:50に先にご紹介したコメントを書かれたと思しき方から
    拍手コメントをいただきました。 

    それによると私が彼女の文章の一部を勝手に脚色・書き変えたので
    見損なった、分かりあえる間柄ではないと理解したとのことでした。

    私は何のことか暫く意味がわかりませんでした。
    が、よくよく考えたら1つだけ思い当たる節がありました。

    そういうことがあるとすればそれは
    Gの名前とGの中のもう一人の名前を自分が普段Blogの中で使っている
    表記の仕方に変えただけです。

    例=事務所→事○所  ときおさん→東京さん こういう具合です。

    そこまで上げ足を取り、重箱の隅をつつかれるとは意外中の意外でした。

    今までいただいたコメントや拍手コメントの一部を引用させていただくことも
    私は多々ありましたが、その際もそのようにしてきましたが
    それはマナー違反なのでしょうか? 非常識なのでしょうか?

    だとしたら、私は端っから常識知らずの無礼者、と……いうことなんですね。
    ならばその件についてだけ、御詫び申し上げます。
    勉強不足で大変申し訳ありませんでした。

    ただそれは彼女だけではなく、今までそのようにさせていただいた御方さま
    全員に対して御詫びを申し上げます。

    以上です。

    ただ誓っていいます。それ以外は
    私は彼女のコメントの内容は一切変更しておりません。

    お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

    本当はこの記事を取り下げようと思いましたが、
    既にコメントもいただいていまして、承認もしておりますので
    それも出来かねますので、こういう形を取らせていただくことにしました。

    尚、末筆ながら再度ココでお断り申し上げて置きます。
    大変申し訳ありませんが、諸事情、及び自分的思い入れから
    今後もそう言う点だけは引用の際等に変更をさせていただきます。

    これがマナーや一般常識に反するものだとしても
    それだけは私にとっても譲れない部分ですので
    申し訳ありませんが、恐縮ではございますが、
    予めご承知置きいただければ幸いです。<(_ _)>
    スポンサーサイト



    | 疑問・質問 |