FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-11-26 (Thu)
    何とか辛うじて生きています。
    気候が不安定なせいか、芽時枯れ時のせいか鬱が酷くて困ります。
    ……て、違うよ。

    光ちゃん情報に飢えて、静かになると
    途端にテンションがガ―――――――と下がるんだよ。 
    名付けて‘光一飢餓鬱シンドローム’……。不機嫌

    早くも光ちゃん不足でICUに入りたい気分。
    酸素 酸素 酸素…… ガス ガス ガス……
    パワーが出な~~~~~い。(>_<;)
    光ちゃんという希望がな―――――――い!(ノд<。)゜。

    ココ約5カ月ほど、「妖」やソロコン絡みで話題には事欠かなかった。
    年の初めから春にかけてはSHOCKの話題。
    狭間になっていた今年4~5月頃、自分は何を書いていたんだろうと
    自分で自分のBlogを覗いてみたり。
    この状態があとまだ数カ月続くのか? と思うだけで
    気が遠くなるような気がしたり……。

    そんなこんなでウロウロ、オタオタしながら
    SHOCK、昨日やっと振り込みをしてきました。出費

    「大安」の日に振り込みをされると言う方が多いようだと知った昨今、
    じゃあ今度は自分も…と思っていたけど、
    結局は24日の大安には振り込めず、
    振り込まさせていただきます用紙を、やっとこさ書きあげただけ。f^_^;

    まあいっか。
    赤口の25日に振り込めば、着金は先勝ちの26日か
    友引きの27日になるのかもね……などという言い訳をくっつけて
    昨日半ばヤケクソで振り込み。(ノ-_-)ノ~┻┻

    何だか例年以上に当たる気がしないんですよねー。
    (と毎年言ってる気がする)
    そして日にちを決めて振り込んだ瞬間にもう運命は分れるのか
    そう思うと、日にちを決めるのにもちょっと怖い気までして。

    あと振り込みに関しての諸費用は、それをすると決めた限りは
    どちみち今現在はボッタくられるんだもん、もういいや……とも。
    (でもおかしいと思ったことに対しておかしいという声を上げるのは大事!)

    が!!!

    振り込みのために、お金を引き出し、口座残高を見たら……
    顔が真っ青どころか真っ黒になった気分。からす
    マンガでいうと、上からスダレ模様が下りて、頭の上でドロドロ魂が浮遊してる
    そんな感じ?

    うおおぉぉぉぉ―――――――!!(空しい叫び……)

    南極と北極が合体して、ブリザードが吹き荒れました。 
    (ユーミンの ブリザ~ド ブリザード♪ の曲のフレーズが頭を回ってます。
     ただいま頭の中と懐が、ウギャウギャでアヒャアヒャです~。)手書き風シリーズ30顔5

    はあぁぁぁあ……
    どうせ外れていずれかは元本割れで返ってくるとは言え
    それまでの間、どうやって凌ごうか……。
    餅は嫌いなので、正月の餅が買えなくても一向に構わぬのですが
    普段の昼飯は食い上げになりそうでありんす。(T_T)

    片や普段の力の源の光ちゃんはと言えば、
    年末の歌番組特番も、万が一光ちゃんが出たとしても
    どうせGのプロモに絡めてでしょうからソロでなんて出してもらえないだろうし。
    出れば出たで、「この忙しい時にな~。」と複雑な気分にもなるだろうし
    何とも悩ましいファン心理でござい。(ノд-。)

    そうかと思うとロクに※☆△◇※な後輩くんたちが
    紅白に出演を決めたり、別の某くんが来季のドラマ(数字出てないのに)決定と
    追い打ちをかけるような有様で、ますますテンションがダダ下がり。
    このやるせなさと怒りをどこへぶつけたらいいのか。

    光ちゃんとて人間。(現人神さまのようだけど)
    今まで色々な岐路に立たされてきたたび
    光ちゃんはどのような基準で道を選び、乗り越えてきたのか
    その術を、方法を知りたい、そう思う今日この頃でありんす。
    (年下なのに情けない限りでありんすよぉ~~~。)


    あああ 思わず更新したくなる
    光ちゃんソロの話題、Please!!! 



     コメントありがとうございました。  

     あずささま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。 
    ええ、私もてっきり。地方色豊か、ということでしょうか?

    でもいつからだろうとそれは関係ない。
    各種手数料を取られる事、気が遠くなるほど先のチケの申し込みのために
    料金は全て前払いであることには違いないのです。
    (何気に問題すり替え?(笑))

    踏んだり蹴ったりもいいところの上に、その使い道が不透明
    そこにまた苛立ちが……。
    まあ企業が自分で上げた収益を何に使おうと法的には全く無問題ですが
    ファン心理的にはそうはいかないですよね。

    大体FC会費の何割かだってアソコの収益になっている事は確かな筈。
    それを大事な光ちゃんのために生かしてくれるのならいいけど
    きっとそうではないだろうことの方が
    明確に想像できるから余計にやるせないのです。

    せめて入会していて良かったと実感できることを1つでもしてくれたら、
    そう思ってしまいます。

    せめて会報を前後篇に分けるようにして、
    完全に光ちゃんと米ナスのページをスパっと分けて欲しい。
    2ショなんて以ての外。
    あとラストのお便りコーナーみたいなのも要らない。

    そんなことよりインタの中身を濃くして。
    話題も慎重にチョイスして。
    そして冊子の大きさはA4くらいがファイリングにはちょうどいい。
    ……と、自分の都合ばかりを並べてみました。(⌒◇⌒;)

    元々会社としては、コンサートとか舞台そのもので収益を得るのは
    現実にはかなり難しいようなので、あと頼るのは
    タレントのグッズやCD・DVDの売り上げ、CMの出演料とFC会費などが
    大きな黒字収入になるのだと想像するので、難しいですよね。

    でもそれは企業側の問題であり、企業が自ら自己解決すべきこと。
    それをファンに押し付けてくる事、
    FCに入っている恩恵を感じさせない事とは別問題であり
    非常にゆゆしきことでもあると思います。

    >豚の餌代なら ゴメンだわ。
    >Gだと もれなく憑いてくるから嫌なのよ。

    大いに同意でございます。
    そんな方に使う予算があるのなら、他にいくらでもやって欲しい事がある。
    光ちゃんソロ関連だけでも希望はいっぱいあるし
    それが叶えば、更に大きな収益にも確実に繋がると思うのに。

    野球大会だか運動会だかでも、誰が出るのか皆目見当もつかない
    そんなイベントなどに、チケ代+遠征費、宿泊費諸々かけられないし。
    また出演したとしても、いったいどれくらいお顔やお姿が拝めるか。
    ならば確実な方向に予算を……と思うのが一般的な考えと思います。

    まあ関東圏在住で日帰り楽勝、休みも取り放題、関係なし、というなら
    話のタネのひとつとして考えてもいいかもですけど。

    >後輩に、良い見本と 反面教師を見せるため?
    >光ちゃんが 怪我しませんように・・・ 祈ります。

    本当にあの場に望むのはただそれだけですね。

    しかしこれがファンサービスと考えているのならお角違いもいいところ。
    その募集体制から根本が違っていますしね。
    それにファンを可愛がる=タレントを大事に扱う
    それだって大事な要素のひとつだと思います。

    あそこほど摩訶不思議な場所もそうは存在しないでしょうね。
    光ちゃんを世に出してくれたのは感謝するけど
    光ちゃんもファンも、もう十二分にそのお返しはした筈。
    いい加減にしてもらいたいものです。

    コメントありがとうございました。またいらしてくださいね。それではまたです。 に

     来光さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    そうですか。同じ生協でも地域性とか時代性とかあるんでしょうか?
    コメントをいただいて、そういえば自分の友人が生協に入ってたな
    それを思い出して聞いてみました。

    彼女曰く、昔はGや他のタレントさんではあったような記憶がある気がする
    でもSHOCKに関してはない、とのことでした。

    詳細はハッキリ彼女も覚えていないようですが、それでも兎に角
    万単位でのチケットの取り扱いは記憶がないそうです。
    (元々コンサート関係には関心の薄い人ですので何ともですが。)

    どちらにしても、チャンスが多いのは良い事ですし
    生協等の一般主婦層に圧倒的な密着度を誇る場で
    参戦のチャンスがあるというのは、舞台のアピにも繋がるいい話です。
    どちらにお住まいかは分りかねますが、羨ましいです。

    こちらでも募集があればそのために生協に入ってもいいかも
    などと邪なことも考えちゃいます。f^_^;

    特にSHOCKにはね、お席に当り外れがないんですよね。
    だから1・2階席の端の1番後ろでも十分OK。
    入れるだけで幸せ。私はそう思っています。
    (それは光ちゃんソロコンにも言える事と、今年改めて思いましたが)

    コメントありがとうございました。
    また何かお気づきの点等ございましたら教えてくださいね。
    あと日々の感想等も大歓迎です。よろしくお願いします。
    それではまた~。 に

     ありんこさま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    こちらこそ御無沙汰です~~。f^_^;
    光ちゃんフェスタが終わり、SHOCKの振り込みも終了。
    どーっと力が抜けたです。(T_T)

    オマケにあとに控えるのが例年より長~~~いG月間。
    思うだけでゲッソリっす。

    少クラ光ちゃんはホント、御馳になりました! でした。♪d(⌒〇⌒)b♪
    これもそれもメル友さんのお陰です。(サンキュです、○さま!)
    地デジ移行までにはTV等全て買い替えの予定ですが
    その際には自分だけでも各放送に対応できるよう契約をするつもりです。

    さてその少クラの光ちゃん、あの時に脳裏に過ったのは
    やっぱり大事な筈の場で思い切り自分を表現できない
    Gも表現できない今の現状があった、それはきっとあったと思います。
    だからこその「一番大事な場所」発言でもあったでしょう。

    でもこれが数年前だったら……。
    光ちゃんはまた違った答え方をしていただろうと思います。

    光ちゃんは必死にGのために走り続けてきた。
    己を犠牲にしてでも、
    自分のファンを顧みないと言われるような結果が待っていようと
    どんなに自分が不利になることが分っていようとも承知の上で
    一番大切に重きをおいてやってきた。

    でもその結果は……ですもんね。
    誰より一番切なく、悔しいのもやっぱり光ちゃんでしょう。

    話は変わってMJ氏の映画 「THIS IS IT」、私も観ました。
    ココに感想を書こうかなーとは思っていたんですが
    実は時期を逸してしまい、今に至ります。(⌒◇⌒;)

    観たのは確か10月31日だったと思います。
    「スシ王子」を見た映画館で、
    「スシ王子」を見た同じ部屋番号のスクリーンで。

    圧倒されました。
    今まで特に彼のファンというワケではなかったし、
    彼のことは晩年のスキャンダラスな話題でしかあまり知らない。
    曲は聞いたことはあっても、PVは没後に見たものもありました。

    でも光ちゃんは無論のこと、日本のエンタメ界にも
    多大な影響をもたらし、その礎とも言える部分を創り出したと言える
    彼にはそんな印象がありましたし、光ちゃんもきっと彼を尊敬し
    彼の世界に魅了され、参考にしてきた部分もあったと思います。

    なので光ちゃんファンとしてはこれは必須な映画だと思い観てきました。
    (何気にJM氏に失礼な言い方ですね。)

    >よくインタで「見所は?」という質問があるけど、
    >それがどんなに愚問であるか、
    >ステージを創る人に対して失礼かが分かります。

    >一曲一曲に完璧を求め、どうやったら伝わるか、
    >観客を楽しませられるかを、スタッフと共に追求する緊張感。
    >それでもことばのやり取りは温かく、お互いに理解し合い、
    >ベストの方向に向かって創り上げていく。

    >全てが「見所」であり、力が入っているんですよね。
    >光ちゃんのステージや舞台の創り方も同じだなーと、
    >つい考えてしまいます。

    本当にその通りだと思いました。

    でもあれは‘リハ’だったんですよね。
    本番は永遠に未完のまま終わってしまったんですよね。(┬_┬)

    でもあれはリハだとは到底思えない。何度思い返しても。
    1つ1つの曲たちが独立していながら、なのにドキュメンタリーとして、
    1本の映画として、完璧に出来上がっている。

    スタッフさんや監督さんたち、ダンサーさんやバンドの方との
    やりとりがなければ、完璧な1本のライヴ映画として見ることができます。

    あと僅かな日を残して、あれは別の場で
    更にパワーアップして大輪の花を咲かせる筈だった。
    失って初めてわかる……と言う事を世間ではよく耳にしますが
    私にとって彼は皮肉にも正にそんな人のうちの一人でした。

    あの映画の中で最も印象的だった場面のひとつに
    女性ギタリストさんのソロシーンをマイケルがみている場面があります。

    マイケル氏は少し緊張している彼女に向かってとても優しく声をかけます。
    「ココはキミが一番輝く場面だよ。」と。
    「心配しないで。僕がついている。」と。
    (言葉はニュアンスです。)

    その言葉に、彼女は安堵したかのように、ぱっと輝きを増したのです。
    肩の力が良い具合に抜け、煌めくようなサウンドを奏でるギターの音に、
    マイケル氏もより良いパフォーマンスを可能にしていきます。

    その他にも本当に細かい部分にいたるまで、みんなが話し合い
    意見を出しあい、実際にトライし、ひとつの曲を練り上げていく。
    気持ちが良い、爽快なまでの見事な一体感です。

    あのやりとりだけで気持ちが温かく癒されていくのが分るのです。
    そこは本当は戦場の筈なのに、です。

    そしてあの場ではマイケル氏だけが主役ではなく
    あのステージに携わる全ての人々が主役であるのが分るのです。

    だけど全員が主役であると同時に、
    その持ち味とパワーをどう生かすべきか、各々がちゃんと弁えている。
    その絶妙のバランスがあるがゆえに、
    全てのことがより良いステージングへと動き、向かっていくんですよね。

    だからドキュメンタリー故、1曲1曲のリハの繋ぎの映画なのに、
    そういう違和感が全くない。
    同じ思いと姿勢がいつどこでも繋がっているから、
    1つ1つは別物であった筈なのに、
    まるで最初からあのように創られたかのような錯覚にまで陥る事が出来る。

    ステージングの全ての見本があそこには詰まっています。
    正に教科書のようなリハ、
    そして残念なことに最後の映画となってしまった1本です。

    あと更に圧巻だったのはマイケル氏の歌とダンス。
    長い間ブランクがあったと誰が思えましょう。
    史実ではそれが明らかになってはいますが、彼を見ていると
    むしろそちらの方がウソだったのだと思えてくるのです。

    彼は例え今すぐステージに立つ予定はなくとも、いつどこで
    どうなっても良いよう、いつでもスタンバイOKできるよう
    日々努力を続けていたのは明白です。
    何より彼の歌とパフォーマンスがそれを証明しています。

    でもあのステージは陽の目を見ることなく、永遠に未完のままで終わってしまった。
    あの映画を観終わっての感想は、彼がもうこの世に存在しないのだという
    失望感以外の何物でもなかったです。(┬_┬)

    あれが「Final curtain call」ではなく
    「first curtain call」だったらどんなに良かったか。
    今更ながらに、彼について限りなく無知であった自分を後悔しました。

    勿論私は彼のステージを見に行く予定などありませんでした。
    でも、あのステージが予定通り行われていたのなら。。。
    結果は言うまでもありませんよね。

    そしてきっとDVDという媒介を通してでしょうけれど、私は彼等を見たでしょう。
    ステージの上でこれでもかと輝くマイケル氏と、その仲間たちを。

    そしてチケットを手にできなかった多くのマイケルファンも
    そうでない人々も、きっと必ずや世界中の人々が再度彼の魅力と
    彼のステージングに圧倒されたに違いない事も
    また明白だと思えて仕方がありません。私にはそう思えます。

    そして光ちゃんとソロチーム・光一は、彼のしていたような事を
    忠実に実行している数少ない人たちであろうということも、
    同時に思った次第です。(*^_^*)

    しかしそんな映画を前に、マイケル氏やその仲間たちを前に、
    「僕はもう、一部見させて頂いたりしたので……。」
    云々ぬかす輩には、あれを見せても何の意味もないです。
    時間の無駄です。豚に真珠、馬の耳に念仏です。

    全てのことの起こりの根本に何も気づかないばかりか
    未だにまだそんなことを本気で思っているから
    あのGはこうなってしまったのです。

    全ての理想がそこにあっても尚、そのためにはまず何をすべきか
    何を根本に考えねばならないかすら分らない人になど
    分ろうともしない人には、かける言葉も気持ちもありません。

    彼はきっとこの先、何がどうあっても、
    どう状況が変わったとしても、どこまで落ちぶれたとしても、
    一生逃げて逃げて逃げまくって終わり、永遠に何も気づかず
    そのまま終わることでしょう。
    彼らしい生涯と言えば彼らしい生涯だとも思います。

    さて昨日やっとSHOCKの振り込み、全て完了いたしました。
    あとは運を天に任せるのみ。
    光運が訪れるか、座長さまのご招待をいただけるか
    神のみぞ知る、ということで。はい。(⌒◇⌒;)

    でも

    >私の東京の友も、生協でSHOCKチケをGETしたことがあります。

    ということは、どちらかというと参戦率の高いと思しき
    関東圏の生協でそういうことがあるのかしら?

    私の友人が言っていたGのチケも、かなり昔のことのようですので
    まだあのGが5大ドームでツアーをしていた時期かも知れません。
    そう思うと何だか辻褄が合う気がします。
    コメントありがとうございました。それではまた~。 に


     web拍手 ありがとうございました。 

     ko○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    私たち一般社会でも大いに言える事ですが
    やっぱり何事も自分が経験してみるとか、その立場に立たねば
    その人の気持ちや思いは理解できたようで本当は出来ていない。
    そういうことでしょうか。

    何かと逆の意味で話題に事欠かないあのGですが
    Kくんもきっとko○○さまの仰るようであったと思いたいです。
    (彼ら個人個人のことはよく知らないので分りかねるのです。)

    >自分で全て統括しなくてはならない。
    (中略)
    >どの日も手抜きなんて絶対しないという人ならばですが・・・。

    その辺りもちょっと気がかりですね。どうなるかしら?
    でもこれを足掛かりに、彼がひとまわりもふたまわりも大きくなったなら。
    それはそれで彼個人としても、とても良いことだし、
    Gとしても良い方向に繋がる足掛かりになればもっと良いでしょう。

    なんにしてもまだまだ若い彼等。
    勉強することは山積、何事も経験、苦労は肥やしですから。
    そしてプライドが高いなら尚のこと、そういう性格の人は
    謙虚であることがより大切であると思います。

    (そういう意味では光ちゃんは誰よりもプライドが高い、
     そういうことになりますが。無論、良い意味で。(笑))

    コメントありがとうございました。またいらしてくださいね。
    お待ちしています。それではまた~。(^-^)

     na○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    そうでしょう? そう思われますよね? 
    座布団、ありがたく頂戴いたします。<(_ _)>

    ホントにね、訴えられるものなら訴えたい。
    ドコでも何でもいいから渇を入れ、改善の足掛かりになる場があれば
    今すぐにでも駆け込みたい。
    そんな駆け込み寺的な場があれば……。
    それも匿名で受けてくださるような場があれば。

    何せこちとら、弱み握られてますから。堂本光一という最強の弱みを……。
    会報だって余所様はもっと比べ物にならないくらい立派だと言う話
    他でも度々目にし、耳にします。

    これほど御身大切、自己愛の塊のような会社も珍しい。
    まるでファンは恐怖政治下で生活しているような気分になります。

    「この世に神はおらぬのか!?」
    「おわしますなら何故にあのような場が存在しますのか?」
    そう天に向かって叫びたい。(ノ◇≦。)

    所詮繰り言、泣きごとにしかならぬのが何とも口惜しいです。
    座布団、コメントありがとうございました。またいらしてくださいね。
    お待ちしています。それではまた~。(^-^)

     ju○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    ありがとうございます。
    でもそうなんですよね。チケが欲しい限りはどうにもならない。
    そこがまた悔しいのですが。

    さてお友達から拝借してご覧になったモノ。
    うひゃ~~~~~  ってな感じだったんでしょうね。
    趣味趣向の違いって、友人関係でも違いますから。

    私の友人も、毎年自分が光ちゃんソロ(主に舞台やライヴ)にかける
    お金や労力を見聞きするたび、呆れかえっています。
    そしてそんな彼女から出る口癖は
    「私ならそれだけ出すなら海外旅行に行くわ。」です。

    自分でもそう言われると、複数の遠征費、宿泊費を考えると
    海外旅行も全然行けるよなーとは思いますが、そこは価値観の違い。
    私はこの先年老いて遠征ができなくなったとしたら、その分は……。
    出来るモノなら、地元県で行われる舞台やバレエなどを観に行きたい。
    そう思っています。

    でもju○さまのご友人さまは、おかしいということに気づいて
    今は他Gの方に目が言っておられるとのこと、良かったではないですか。
    できればお仲間になってくだされば言うことはなかったのですが
    アッチの方から目がそれただけでも良かったです。

    未だにアッチに注目してばかりとか、
    それ故光ちゃんの邪魔に一緒になって加担するという人々、
    自分から見たら人として有り得ないです。

    その上他の人たちの事にも明るいとのこと、
    何かのおりには色々貴重なお話もきけるのでは?

    ただ例の西くんは、私が耳にした話では(勿論想像の域ですが)
    あのG自体が事務所の期待通り、目論見通りに売れなかった。
    そこへ追い打ちをかけるように彼の脱退。
    で、更にそれらの現象に拍車がかかりだしたので
    事務所側が何カ月後についに折れて泣きついての出来事だった。
    そういうものでした。
    だから身内からも表立っては何も文句が出なかったのでは? と。

    あとju○さまの思われたもうひとつの疑問。
    私も是非とも聞いてみたいです。

    さてju○さま、当初は予定になかった横アリにも参加されたんですね。

    >TVではオーラスの中継が流されましたが、
    >気のせいでは無いと思いますが、オーラス前日私が参加した時より
    >天上照明の数が増えていたように見えました。

    ああそうでしたか……。私はそこまで気が回りませんでした。(恥)
    確かに有り得る、いえきっとその通りだったのだと思います。
    だって光ちゃん、オーラスの時に言ってましたもの。

    「最終日の今日の昼の部が終わってからでもまだ
     スタッフはああだこうだと工夫してくれている。
     この分だとライヴが終わってもまだ(ステージ進化の方法の)議論や工夫を
     しているんじゃないかと思える。」って。 (言葉はニュアンスです)。

    それから

    >バックの後輩・ダンサーもたくさん踊っていて
    >光ちゃんカンパニーに選ばれたら本当に大変だなと思うのですが、
    >光ちゃんの妥協の無い姿勢や、努力が周りに伝わり
    >みんなで良い物を作ろうという姿勢になるんだろうなと思います。
    (米ナスのような自分に甘い人は脱落するんです。)

    激しく同意です。
    元来、特にあの職種の人々は、人さまからお金をもらって楽しませるのが
    何よりも大切な本分です。基本中の基本です。
    「お客さまがいて初めて成立するもの」(by 光ちゃん)です。

    日々努力と研鑽のソロメンバーさん、スタッフさんには
    感謝の言葉しかありませんが、そのほんの爪の先ほどだけでもいい
    米ナスにその心がけや思いがあれば、もしかしたら私もあのGを
    愛せるとまでは行かなかったかもですが、
    少なくともココまで疎ましくは思わなかったでしょう。

    そして

    >その後の(後輩Gが)続かない理由の一つに私は
    >今の世の中顔だけでは売れないという事だと思っています。

    こんな時代だからこそ、逆に顔以外の何かがないとやっていけない。
    それもまた確かなことであると思います。

    更に

    >少子化時代に突入している現代で、
    >爆発的に売れるなんて至難の技だと思います。
    >だからこそ新しく売り込むのも大事ですが、
    >今売れている人を大事にしないといけないのも事実だと思います。

    仰る事、いちいち納得です。
    それを除いたとしても、時代は日々動いているものです。
    昨日通用したものが明日通用する保証はどこにもない。
    確実に力をつけ、信頼のおける人をもっと大切にすべきだと思います。

    あとで事務所が泣こうがわめこうが、それは自業自得ですのでいいのですが
    万が一、それによって光ちゃんまでもが何らかの悪影響を受けるとしたら。
    それは御免被りたいですね。

    あと運動会? 野球大会? どっちでもいいですが
    あれはなんでも5年ぶりに復活したイベントのようです。
    なので私もファンになっていたとは言え、完全お茶の間の時代でしたので
    全く記憶にも何にもありませんでした。

    カウコンのように、光ちゃんと同世代の人も出るのなら
    光ちゃんも、きっともっと楽しめるだろうし負担も減るように思えるのですが
    そうはいかないのがあの事務所らしいと言えば事務所らしいところですね。

    あとなんですか、今 J-netで
    Jアルバムの発売記念イベの参加者を募集しているようですが
    今更何なんでしょうね。 ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

    しかもまた地方在住者置いてけぼりの募集内容のようで。
    つくづく○った思考回路の事務所だなあと呆れるばかりです。
    コメントありがとうございました。それではまた~。(^-^)


    よろしければ・・・    web拍手ボタン。


    尚、一部ケータイからではweb拍手ボタンが使えない場合があります。
    また別窓が開いてコメントを書きこんでも反映されない場合もあるようです。

    ケータイから閲覧してくださっている御方さまは
    拍手コメントを書き込む際には念のためコメント欄をご利用くださると助かります。
    またその際は「web拍手のかわりです。HN非公開で。」と
    お書き添え願えれば幸いです。<(_ _)> 
    スポンサーサイト



    | 日記 |