FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-10-13 (Tue)
    主に光ちゃんが喋った事と、印象に残った出来事のみです。
    特に11日分はもう既に記憶が古いので(笑)かなり曖昧です。f^_^;

    場所は北ブロック ステージ正面近く やや下手寄り
    横アリが全体的に見渡せる場所です。

    またみんなの表情等は、センタースクリーンに映らないと
    ハッキリとは分かりません。

    ライヴ全体の総括印象は
    ステージから遠いせいか、前日の夜が凄く盛り上がったと言うので
    今日も! と期待してたんだけど、全体に客席が大人しい……?
    イマイチ盛り上がりに欠けた印象。

    何かふあ~んとしてて、良く言えば まったり、悪く言えば反応が薄い?
    ただこういう印象と言うのは、自分のいる場所によってかなり変わる
    そう思ったりもしているので、別の場所ではそうでないと感じた
    そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

    あと何故か分らないけど、この日のMCは凄くあっさりして短く感じ
    「え? もう終わりー?」 と思ってしまいました。
    期待していた鈴鹿での写真披露もなく、終演も16:10頃と
    私が入った昼公演では最短だったような印象でした。

    無論光ちゃんは本編ではいつもと何ら変わらぬパフォーマンスと
    歌を魅せてくれているのだから、いいと言えば良いのだけれど…。

    あと元々感想文は苦手なので、思いついた事、覚えている事を箇条書きに。
    よって順不同の部分、多々ありを御許し下せぇ。


    光ちゃん最初のご挨拶で。
    「平成くんたちは7日間で7公演とか8公演をやったそうですが
     まぁ僕は6日間で10公演となります。
     それ、ちょっとおかしいやろう?年齢的に~!」

    また光ちゃんはこのライヴが始まる前にJ-webの日記を読んでいたそうです。
    「人のを読むヒマあったら自分のを更新しろって言われそうですけどね。」


    「MY WISH」
    掛け声は 「あ、そーれ!」
    でもその最初の‘あ’をつけてない人がいる、と言って
    「ちゃんと‘あ’をつけるように。」と。
    「光ちゃん」が客席から最初にわいたけど、光ちゃんに却下されました。


    「のーもー」前の暗転で。
    松崎くんが「(光ちゃんに)立ち位置もっと後ろじゃないですか!?」
    と言うと、まーちんが「光一くんのコンサートなんだぞ!」 と。

    で、そのあと松崎くんをみんながボコりながらの最中に会場、ライト・オン。
    光ちゃん、「暗闇の中でもめるなよ~(笑)」

    でもイントロが流れ出したら、もうお分かりですね?
    ビシっと決まったダンスがサッと始まり、「のーもー」の世界炸裂です。
    さっきまでのことがウソのよう。(*^_^*)

    しかし歌の後、MAとMADが整列してふざけてる時に、
    ヨネくんが松崎くんの頭をふざけて叩いたら、
    米くんの指輪が松崎くんを直撃したようで、相当強烈で痛かった模様。

    血がでているんじゃないかと、自分で何度も確認したり
    光ちゃんもそこを覗いたり。(松崎くん、泣きそうな顔。)

    あと光ちゃんが途中で振付が違っていた、と言いだして
    光ちゃんの鼻歌でフリをやり直したのはいいけど、
    光ちゃんが膝をついた時に、パンツについていたラインストーン?が
    光ちゃんの膝を直撃したそう。

    光ちゃん、「痛い、痛い!」とステージの上を駆け回ります。
    するとお魚さんがみんなそのあとをついて回って電車ごっこ状態に。
    3周くらい回ったでしょうか? 

    で、光ちゃんが「ココのこれが当ったの!」と説明してたら
    その石がポロっと取れてしまって。(笑)
    取れた石を手に光ちゃんとまーちんが顔を見合わせるの。

    光ちゃん、その石を「タマっころ。」「タマっころ。」と連呼。
    そしてその取れた石を「町田さん、これ持ってて。」と渡しました。
    まーちん、嬉しそうな、何なような複雑そうな顔。

    そして肝心のフリは結果として間違ってはおらず、光ちゃんの勘違い。
    (もしくはそのフリをしたネタ?)
    あとまーちんのことだけをその時「町田慎ぎょ」って呼んだのが面白かったです。


    MCはF1話があまりにもあっさりしすぎて物足りなかったです。 
    「あれからもう1週間たったんだね。早いね。」と言われ
    自分も「ああそうだー。早いなー。」と思いました。

    それから、いつも思うけど、光ちゃんのF1話になると、
    すぐに 「いらない。」とか「もういい。」という人もいるけど
    光ちゃんが嬉しそうに話してるのを見るだけで満足な私は不満でした。

    その少ないF1話では、
    「昨日ブリ○ストンの浜田さんとメールのやり取りをして
     鈴鹿の時の写真を送ってもらった。」と。
    そして浜田さんについては「分る人だけ分ってください。」と。
    (光ちゃん嬉しそう。) (⌒-⌒)

    で、スグに「F1よりパンの話のほうがいいんでしょ?」って。
    今朝の光ちゃんのお目覚めはパンちゃんにお顔をペロペロされて目覚めた
    最高の朝だった、と。

    そして10月の横アリ恒例と化した「親バカ度クイズ」。
    (4匹のチワワのある部分の写真が出て、
     どれがパンちゃんか当てると言うもの。)

    この時は目でしたが光ちゃんは即答で正解でした。
    回答後にその写真の全部が映し出されるんだけど、
    この日のその写真は見たことない、って光ちゃんが言ってました。

    「誰が撮ったん?何時の間に撮ったん? 可愛い~。めっちゃかわえぇわ~。
     でもオレが撮ったらもっと可愛い。」


    最後の御挨拶。次のソロのことについて。
    今までは「嘘にならないようにします。」って言い方だったように思うけど、
    「嘘にはならないと思います。」って言い方に変わったけど
    「まー僕の言うことは8割嘘ですから~。」とも。

    また、一旦ソロは明日で終わりますが
    「またすぐ近いうちに会えるように…。」とも言っていたと思います。


    *--------*--------*---------*---------*---------*---------*-


    最後に。
    昨夜遅く下書きし、今朝ほど急いで上げた方の記事ですが、
    (オーラスに絡んでの話題、「負けない!」参照)

    私は席が遠かったので、オーラスの時の光ちゃんの顔は
    肉眼では当然見えませんでした。(オペラグラスは使わない主義なので)
    また、光ちゃんがボソっと言った言葉は、マイクを通しても
    よく聞き取れない事もあります。

    なので知りませんでした。
    で、今日帰ってから某所で見たのですが……。

    オーラスの時の「MY WISH」を光ちゃんが歌い終わって
    〆に行く時、光ちゃんは、その前に○コールをされたためでしょう
    「○に届くように〆たいと思います。」「今日は何でもアリだから。」
    と言ったそうです。

    しかしその言葉は私の耳には届きませんでした。
    あと場所によってされたコールが違うようで
    スタンドは概ね「王子」 アリーナは「○」 センター前方は「○」
    そんな様子だったとも聞き、愕然としました。

    朝の記事に私は「アリーナC」あたりから
    ○コールの後で、即自然発生的に「王子」コールが起きた
    そう書きましたが、真実は分りません。

    ただ私にはそちらの方向から聞こえた気がしたのです。
    (もしかしたらスタンド西と北かも?)

    私がいたのは、アリーナBの中央近辺、ややアリーナC寄りの立ち見でした。
    声は前の方に飛んで行くので、よく考えたら私に一番聞こえたのは
    スタンドからの声の確率が高いかも知れません。

    でも 「そんなことはどうでもいい!!!」

    あの場所に多くの○ヲタやGヲタがいて、
    折角の、それも3年ぶりの光ちゃんソロコンのオーラスに
    そんな名前をコールするなんて…。

    非常識にも程があります!!!!!   

    一体何時までこんなことが繰り返されるの?


    ちょうど昨日のオーラスでお席番号が近かったため
    お話させていただいたのが、
    偶然にもまだファン歴の浅い光ちゃんファンの方でした。

    私は彼女に聞かれました。

    「光ちゃんファンなのに何故Gのコンに行かないんですか?
     光ちゃんがもしコン会場でたった一人、
     ○ファンに囲まれてしまったらどうするんですか?
     光ちゃんが光ちゃんらしい笑顔をGでは見せない事を私も知っています。
     でもそんな光ちゃんが可哀そうじゃないんですか?」

    私は即答しました。

    「光ちゃんはちゃんと場の空気が読める人。どうすべきか判断できる人。
     たまにはミスるかもだけど、基本そういう人。
     そしてそれをいつかは必ず乗り越えて行ける人だと私は信じています。

     あと1番大事なのが、今やGと言う場が光ちゃんにとって前にも増して
     決して居心地のいい場所ではないと言うこと。
     ならば私は光ちゃんを一刻も早くそう言う場から解放したいんです。

     光ちゃんの意思は分らないけど、私は光ちゃんには光ちゃんが光ちゃんらしい
     無邪気で素直な笑顔だけでいられる場、そんな場にだけいて欲しいと願っています。
     また光ちゃんには光ちゃんに相応しい場で活躍してほしいんです。

     だから光ちゃんをGから解放する、
     それは光ちゃんonlyを名乗る者にとって悲願です。切実な願いです。
     それが光ちゃんonlyを名乗る、最低限の条件です。

     だったらGモノには一切手を出さない事です。
     光ちゃんを少しでも可哀想と思うなら、私は少なくともそうあるべきだと思います。

     それにGモノに手を出す=Gの延命に力を貸す、と言う事です。

     どんな理由があろうと、Gモノに手を出す人がいる限り
     Gの需要はあるのだと、事○所には受け取られます。
     需要と供給のバランスが取れ、採算が合う限り企業はそれを続けます。

     Gが存続する=光ちゃんはずっとイヤな思いをしながらG活動を余儀なくされる。
     またその分、光ちゃんが本当に輝ける場や時間を奪うことになる。

     だから本当に光ちゃんソロが見たいのなら、二兎を追うべきではありません。
     それは贅沢であり、我儘です。
     何でも全部欲しいと言っているのと同じことです。
     心を鬼にすべき時はするべきです。

     そうでなくとも私たちは巨象に立ち向かうノミのようなもの。
     生易しい覚悟ではやって行けません。

     ○のいない場所で、例えばカウコンで他ジャニ・メンさんと交わす
     あの笑顔を貴女はGで見たことがありますか?
     それが1番の何よりの証であり、答えです。」

    彼女は一応 納得出来る、分ると言ってくださいました。
    しかし彼女の本当の心の中の気持ちは分りません。
    だけどそれは誰のものでもない、私の決めた信念です。
    3年前のあの日に心に決めた、誓った信念です。

    光ちゃんはそんな私を間違っていると言うかも知れない。
    でも私は光ちゃんが光ちゃんらしくいられない場に立っている
    そう感じる事の方が何よりも辛いのです。

    だから信念を通す気持ちは誰が何と言おうと変わりません。

    今までは私はファンの数だけ思いやスタンスがあると言ってきました。
    それが現実ですから。
    それに誰にもその気持ちを押しつけることは出来ないとも分っています。
    その気持ちは今でも変わっていません。

    でも。
    昨日のオーラスでの出来事が、私の気持ちを更に頑なにしてくれました。

    ハッキリ言わせていただきます。
    私の気持ちです。

    過去のことはもういい。
    でもこの先は。


    Gモノ(CD・DVD・コンサート参加)に手を出す人に
    光ちゃんonlyを名乗って欲しくない。


    申し訳ありませんが、それが今の、そして今後の本心です。本音です。

    3年前のある日、私は「夏模様」と言うCDをいつものように
    いきつけのCDショップで予約しました。
    それまではGのCDが出ると聞くと、解禁前に即予約を入れていました。
    そう、今の光ちゃんのソロモノのように。

    ですが、のちにそのCDに纏わる忌まわしい出来事があったことを知り
    そのCD予約をキャンセルし、「夏模様」は買いませんでした。
    そのお店にはもう電話での予約は出来なくなりました。

    でもそんなことは構わない。CDショップはそこだけではないもの。
    あの日以来、私は一切のGモノから手を引きました。
    そして今に至ります。

    あと忘れないでおこうと思っています。
    今回、去年の救済コンでズタボロにされた光ちゃんを奮い立たせ
    思い腰を上げさせたものの最重要な要因は何だったでしょう。

    「妖」の売り上げが好調だったこと。1位を取れたこと。
    スタッフさんから背中を押された形で決まったソロコンが
    申し込み間もなく、倍のスケジュールになったこと。

    それがとても大きな部分を占めているというのが実情です。
    CDがどれだけ売れたのか、恐らく私たちより光ちゃんの方が
    真実に近い数字を知っているでしょう。
    ソロコンにどれほどの申し込みがあったのかも、そうかも知れません。

    数字と言うのはそれほどのインパクトがあり、また分かりやすいものです。
    光ちゃんを動かし、その気にさせたのは、それだけでは決してないけれど
    それは分かっているけれど、でもそれらの1番目につきやすい具体的なモノが
    大きな位置を占めるのも、また間違いのないことの1つでもあると思います。


    -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


    禁忌CON 日程

    12月
     北海道きたえーる:18日(金)18:30 19日(土)17:00

     福岡マリンメッセ:22日(火)18:30 23日(水・祝)17:00

     東京ドーム:30日(水)17:30 31日(木)17:30 1月1日(金・祝) 17:30

    1月
     京セラドーム大阪:9日(土)18:00 10日(日)18:00 11日(月・祝)16:00


    何で1/9~11日、舞台直前までやるの?
    (決まっとるがな。嫌がらせや。)
    禁忌解散・お礼コンならまだ考えてもええけどな。
    それでもやっぱり……。


    あと小耳に挟んだ話。
    禁忌冬ツアーは33万人動員予定らしい、と。

    はぁ~ん。それでまた逆水増ししたのね、光ちゃんのソロコンの動員数。
    けどさー。どの会場も埋まるの? モニター出さずに。
    いいけどね。現実を知る、と言うことは。もしかしてそれが一番の薬?


    オリ☆スタブログ 
    堂本光一のライヴに行ってきました!
    本日がツアーファイナル!
    堂本光一ライヴを取材してきました!!
    光一さんが来年アルバム発表&大規模なツアー決定!
    (詳細はまだ未定だそうです)
    http://blog.oricon.co.jp/magazineoriconstyle/

    バンドメンSさんのブログ 
    しゅうりょおおお!
    熱いものが込み上げて止まりません
    俺の人生の中でこの先ずっと生き続けていく最高の思い出です

    同じくJさんのブログ 
    長いようで短いツアーが終了いたしました!
    リハから数えると、約三ヶ月弱、たくさんの人に、ありがとうと伝えたいです。
    今思うと、3年前のツアーでの経験が、音楽人生の転機になった気がします。

    同じくKさんのブログ 
    今日最終日まで、本当にいろいろな事があった。
    ステージに立つ以上、与える側なのだけれども、たくさんのものをいただいた気分です。
    2006年に続き、またツアーに光一さんに呼んでいただけた事。
    このツアーに関わった全ての人に感謝しています。

    スポ誌 各紙  

    トーチュー 
    光一 年末年始東京ドーム復活! ソロツアー・ファイナルで発表
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009101302000023.html

    デイリー 
    堂本光一「新しい見せ方できた」
    http://www.daily.co.jp/gossip/article/2009/10/13/0002439621.shtml

    報知 
    禁忌年末年始は東京ドーム
    http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20091012-OHT1T00247.htm

    スポニチ 
    30歳の堂本光一 可愛いあの子にメロメ~ロ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20091013085.html










    地元スポ誌(デイリーも良かったらしいけど、入手出来ず。) (T_T)


    091013_1627~02

     091013_1628~01

    091013_1628~03


     web拍手 ありがとうございました。 
    申し訳ありませんがまた例によって、お返事暫くお待ちくださると幸いです。
    どうぞ御理解の程、よろしくお願いします。



       web拍手ボタン。
             非公開コメントご希望の方はコチラへお願いします。
             (拍手だけでも結構です。力・励みになります。<(_ _)>)
    スポンサーサイト



    | コンサート・ライブ |