FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2008-07-08 (Tue)

    W誌の 「どや!」 のコーナーが終了する。

    第一報を聞いた時は 「どや!」 自体もOA終了か?

    と半ば淡い期待? を抱いたのに、OA自体は続くそうで。

    な~んだ。 

    昨日も少し触れたけど、それが自分の本音。

    でも一応続くとは言っても、
    地方によってはもうOAがなくなったところもある。

    と言うことは、ハッキリ言って縮小の方向にある、ということだね。

    まずラジオ局が ( 。・・)/⌒◎ポイ  したってことだよね。

     

    $誌でのGの扱いも、年々衰退の一途。

    今では特別なことがない限り、巻頭より巻末から探した方が早い。

    やっぱりね。

    出版社さんもそうそう付き合いきれないよね。

    どんどん後輩たちがデビューしてくる。

    今を盛りと活躍中のGも沢山ある。

    あの事務所に所属し、鳴り物入りでデビューしたにも関わらず、

    あまりパッとしない またはデビュー当時がMAXで、

    あとはグダグタになる一方のGと言えば

    禁忌とそのバックに長い間ついていた人たちで結成されたGくらいか?

    (これまたなんか皮肉っぽいなぁ。) 

    まあ後輩くんたちはまだ若いし、

    デビューしてからの歴史が長い方のGではないから、

    まだまだ将来は何とも言えない。可能性はいくらでもある。

    でも禁忌は...

    CDデビュー当時がMAXと言っても過言ではないように思える。

    1997年だっけ? デビューは。

    聞くところによると、そのわずか数年後、2000年には

    既に軋みが生じていたみたいだし。

    輪が沢山あれば、ひとつくらいパンクしても何とか持ちこたえることも

    他のメンバーがカバーすることも比較的簡単かもしれないけど

    幸か不幸か あのGにメンバーはふたりしかいない。

    なのにその両輪のうちの片方がパンクしては

    もはや致命傷と言ってもいいんじゃない?
    (ましてその二人のうちの一人はスゴク重そうだし。) 


    二人乗りのバイクの片輪が使い物にならないのでは

    乗り心地も悪いし、残ったもう一方の車輪の負担が大きすぎる。

    いくら頑張っても一旦軋み始めたらもう取り返しが非常につきにくい。

    パンクした方の車輪が 「あ、パンクしてもうた。」

    そう自覚があれば、そしてパンク修理をする努力をすればまだいい。

    道も残ろう。

    でも自覚がないばかりか、残ったもう一方の車輪まで破壊しようとしていては

    もうどうにもならないだろう。

    残った車輪がどう頑張っても。

    支えきれることと、そうでないことがある。

    そしてその “そうでないこと” があまりに多すぎる。

     

    誰の目にもそのバイクの性能は落ち目。

    どう庇っても、繕っても、世間の目は誤魔化せない。 

    見切られても仕方がなかろう。

    落ち目Gの特集に裂くページがあるなら、
    今をときめくGのページを増やしたい。

    売り手である出版社がそう考えるのはいたって普通のことだろう。

     

    ココは潔く時の人に譲ればいい。

    世代交代の時が来た、と言うことで。

     

    と考えると、例のあの番組も秋以降はどうなるか?

    ちょっと期待しちゃうんだけど。

    でもあの事務所に所属する40代以下のメンバーで構成される主だったGで

    TVでの冠番組を持たないGはないところをみると……。

    さすがにそれは無理か。

    スポンサーサイト



    | 独り言 | COM(0) |
    コメント







    管理者にだけ表示を許可する