FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-09-01 (Tue)
    もう9月です。早っっっ 
    恐ろしい勢いで月日が飛んで行きます。
    だけどそれは日々が楽しくて仕方がない証拠です。o(≧∀≦)o
    しかし……残念な頭からは記憶も飛んで行きます。(T_T)

    今回のBESTコン、本物の(?)コンも半分終わったように
    自分の参加する予定の回数もちょうど半分終わりました。


    正直言うと、既に抜け殻。(_△_;)
    正直言うと、未だ正体不明。( ̄▽ ̄)。o0○


    なのに、素晴らしかった、その思いだけは胸に残っているのに
    いざ詳細は…と言うと。。(〃_ _)σ∥

    何と言うザル脳なのかと心底哀しくなります。(T_T)
    あんなに光ちゃんが、みなさんが頑張ってくれたのに。
    あんなに何回も見てきたのに。。。(ノд<。)゜。

    以前自分の頭の中にDVDカメラが欲しいと言われていた方がおられたけど
    本っっっ当―――――――にそう思います。ああ悔しい~~~。

    光ちゃんは1週間以上の間を開けて、やっとパンちゃんと再会できて
    昨夜は癒しまくってもらったかしら? 今日くらいはお休み貰えたかしら?

    (私はパンちゃんの話を嬉々として話す光ちゃんが可愛くて可愛くて
     ふやけるほど舐めまわしたくてたまらなかった、というのはナイショ~。)
    (*≧m≦*)

    でも各会場、各公演のMCのたびに、
    パンちゃん話を待っているファンが多かったのも、
    やっぱりそんな光ちゃんが可愛い、愛おしくてたまらない、
    そう思ってる人が多いからだと私は思うんだけどな。^^

    ヤマ○キ春のパン祭り…じゃなくて、ファンの間ではすっかり
    光ちゃん夏のパン祭り。

    でもこのお祭りには、白いお皿は付いてきません。念のため。
    そのかわり光ちゃんの最高に可愛い笑顔や仕草が
    漏れなく付いてきます。(ああ美味しい) 

    では自分なりの感想兼レポ。《前置き長すぎ!》
    だけど何回か分が一緒になっての、ですので、
    既にその時点でムリがあること、いつも同様、メモ等取っていないので、
    間違い等多々でしょうが、どうぞその場合はご容赦ください。

    また「ココはこうだったよ。」の御指摘も歓迎です。
    (あ~まだ「妖」と「Falling 」が交代で頭の中を回ってるー!)









    妖~-so young blues-

    ステージ上には6枚の可動式の障子様のパネルが
    ステージ横方向に向かって並べられています。

    赤(オレンジ)の照明が当てられて、
    そこに笹や竹などの和模様が浮かび上がっています。
    松明も焚かれていて、これからどんな和の世界が繰り広げられるのか
    否応なしにドキドキしてきます。

    MAさんたちが登場し、更に松明に火をともし
    踊りながらパネル式の障子を移動させていきます。

    そのうちそのパネルがUの字のような形になり、
    光ちゃんはその障子の内側からポップアップでそっとステージに。
    (光ちゃんがステージに立つと「ほーら、手品だよー。」みたいに
     開けられた障子の真ん中に光ちゃんが立っているの。) 

    光ちゃんは客席に背を向け、障子の方を向いています。
    (きゃーきゃーきゃ―――――――) 
    赤い羽織風のジャケの背中に鳳凰を背負って。

    やがてその障子が足元から一気に炎上。
    ライヴのスタートです。

    ホントに一瞬にしてオーディエンスの目を惹きつけ、
    一気に‘堂本光一の世界’が炸裂します。
    どのお席にいても、否応なしに光ちゃんに目が吸い寄せられていきます。

    そして魅入られたなら、もう離してもらえない!!!!!

    センタースクリーンいっぱいに、新緑の竹林等
    色々な和柄の画像が入れ替わり立ち替わり映し出されます。
    そこは完璧「和」の世界。

    唖然としたままと言うか、見惚れたままと言うか
    兎に角ぽーっと歌い、踊る光ちゃんを見つめている間に、
    「妖」が終わってしまいます。

    が、そこでメロディーは途切れない。
    光ちゃんもみんなも、音楽に乗ったまま踊り続けています。

    そして暫くすると、その音楽が和調から洋楽調に変わっていき
    (ここのメロディーの移り変わり方がまた自然なの。)
    音楽に乗せてカウントダウンが始まります。  321

    すると光ちゃんはMAさんたちやダンサーさんたちに紛れて
    ステージ奥に移動。
    今まで羽織っていたジャケを、サッと脱ぎ捨て…。(カッコいい~~~) はあと
    するとそこには凛々しく品格ある獣王さまが!!! 

    場面は一転、洋の世界になり、「Deep~」の始まりです。
    ココ、「妖」から「Deep~」に移る時、上記のように
    ノンストップなのですが、この流れが何とも非常に素晴らしい。

    全く違和感なく、和から洋へのよどみのない早変わり。
    世界は180°変わるのに、一瞬の途切れもなく、
    舞台装置らしきものは何も使わず、照明とバックスクリーンの映像、
    音楽とダンスだけで繋ぎます。

    ココから暫く光ちゃん二の腕祭りが続きます。はあと
    (た…倒れそう~~~

    「妖」から「Deep~」「so young blues」と導入部分の
    怒涛のダンスVr.…。(うっとり…。)

    振付けは恐らく殆ど変ってないと思うけど
    ‘今’の堂本光一のダンスをシッカリと魅せつけられます。

    歌声も言うまでもなく素晴らしい。
    伸びも艶もあり、妖艶且つ上品で、躍動感にも溢れ……。
    (光ちゃん、またまた歌がとーっても上手くなったなぁ…と聞き惚れます。)

    腰の飾り物(ミラコンの時のような、あのキラキラした
    コイン状の飾りのついたベルト、パレオ付き)が
    ライトにキラキラと映えて、タンクトップの胸の飾り物も
    これまたキラキラと美しく揺れて、光ちゃんの体の動きを引き立てます。

    上半身のタンクトップ姿が、ダンサー光一の肉体美をより強調してくれます。
    (ダンサーの体はその踊り同様、芸術品のひとつとも
     言われているとのことです。)

    ただ ただ惹きつけられ、見とれるままに、あっという間に
    オープニングの3曲が終わって行ってしまいます・・・。
    (「Best Performance and Music 順次感想 2」に続く)


    ベース、Kさんのブログ 
    堂本光一さんのツアー、大阪城ホール四日間七公演が終了しました。
    最終日、とても素敵な日でした。
    ステージでも「Happy Birthday!!」と言っていただけましたし…
    メッセージも、本当にたくさんの方からいただきました。
    名古屋からの一週間、あっという間でした。
    あとは札幌二日と横浜アリーナ六日間。
    あっと言うまに終わってしまうのだろう。
    残りのツアーも、一瞬一瞬をがんばります。

    ダンサー、Eさんのブログ 
    大阪4日間無事終了しましたぁ\(^ー^)/
    やっぱり、お客さんが盛り上がってくれたり、
    応援してくれてたりするのって、
    すごい嬉しい事だなぁ( ̄∀ ̄)って思いました!(b^ー°)

    追記:バンドメン・Sさんのブログ
    大阪4DAYS無事に終えHOMEに着きました
    正直毎日MY WISH してたいです
    それが俺のMY WISHです

    俺にとって堂本光一さんのツアーは本当に夢の中にいるような感じ
    あんなにたくさんのファンのみなさんの前で自分の音を奏でられることができる
    非日常すぎて時々ふと思います

    これってあやかし?
    ううん違う 真実は一つなわけで 1mmもあやかされてないわけで

    光一さんの背中をステージの上から見ていると
    この人は限られた数字(時間)の中で
    本当にかっこいい生き方してるなあって本気で思います


    俺も俺の思うかっこいい俺にどんどん近付けたらいいなって思います
    いつか俺も光一さんのように全国の大きな会場をツアーしたいな
    それがもう一つのMY WISH

     と○○さま 情報ありがとうございました。)
       感激! いいねー、いいねー。♪d(⌒〇⌒)b♪
       光ちゃんの背中をちゃんと見てる人はきっと大きく成長しますね!

    NEW○の錦○亮と山下○久がインフルエンザに感染 
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000517-sanspo-ent

    遂に……。
    ファンのみなさん、御心配でしょう。早く完治されますように。(-人-)

    光ちゃんたちも十二分に気を付けてください。
    そしてステージの神さま、光ちゃんたちをどうかお守りください。(-人-)



     web拍手 ありがとうございました。 

     ko○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    大阪が終わり、これで待ち焦がれ、幸せすぎるソロライヴも
    折り返しを過ぎたと思うと、既にもう一抹の淋しさを感じている
    アホYouikoです。
    さて

    >いろいろレポを巡ってこの言葉がでたときはやはりショックでしたが
    >その後のこれから期待できそうなコメントを
    >光一君の口から途切れることなく出てくるのを聞き、
    >少し考えが変わりました。これはGファンへの先制攻撃だと。

    >禁忌も考えているからこれから口にするソロファンへの約束には
    >グダグダいうなと。なんかポジティブに考えれるようになりました。


    わー、そうですね!    目から鱗! そう考えれば良いですよね。^^ 

    禁忌も考えているからこれから口にするソロファンへの約束には
    グダグダいうなと。


    光ちゃん、正直にそのまんま言ってくれないかなー。(←ムリです。)

    あとコメントいただいて改めて思ったし、思い出したのですが
    光ちゃん、各公演で言い方は多少違うものの
    今までにないソロへの積極的発言と、スタッフさんへの感謝の思いが
    今まで以上にとっても強いように思いました。

    背中を押された最初の頃こそ、「あぁ~ん?」とは思ったけど
    シングルを出し、ソロコンも決まって、いざ蓋を開けたら怒涛の追加。

    やっと自分がどれほど待ち望まれていたか実感した=
    最初に背中を押してくれたスタッフさんがいたからこそ
    色々なことに気づけた=その上、どの会場も大盛り上がり。

    だからこそ、全ての原点であるスタッフさんに、いつも以上に感謝している。
    そういうことなんじゃないかな、と。f^_^;

    兎に角、光ちゃんにはソロへのスイッチが入ったと思います。
    このまま 光ちゃんに 「ソロって最高!!!」「もっとソロをやりたい!!!」
    そう思い続けてもらえるよう、残り公演も全力でライヴを盛り上げ
    光ちゃんだけを待っている、ソロコンが一番良い、
    それをシッカリ伝え続けることが何より大事。そう思いました。(*^_^*)

    今日から一旦ライヴは小休止に入りますが、
    その間に光ちゃんはきっとまた何か新たに考えてくれるでしょう。

    そんな光ちゃんの思い、情熱、努力に報いるよう
    ファンも一丸となり、勇気を出してこれからももっと声を出して行こう。
    この小休止の間に、気持ちを緩めないように。
    改めてそう思いなおしているところです。

    コメントありがとうございました。
    そしてポジティブシンギングをありがとうございました。(⌒-⌒)
    ko○○さまも無事に横アリ参加なりますように。
    またいらしてくださいね。お待ちしています。それではまた。(^-^)


       web拍手ボタン。
             非公開コメントご希望の方はコチラへお願いします。
             (拍手だけでも結構です。力・励みになります。<(_ _)>)
    スポンサーサイト



    | コンサート・ライブ |