FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-07-27 (Mon)
    今日はテープを送ってくださった方とメールをくださった方への
    お返事を兼ねて書かせていただきます。

    レコメン、48の録音分、日曜に無事届いて聞くことができました。

    (○さん テープ、ありがとうございました。
     ○さん メール、ありがとうございました。) 

    「Awaken Yourself」 初めて聞くことが出来てまたまたテンションUP 
    サビの部分がハーフ・コンのダンス教室(?)部分で使われていた曲に
    ちょっぴり似ているような印象。

    私は天の邪鬼なせいか、どちらかというとサビ部分より
    そうでないところの音の創り方に興味が深く、惹きつけられて
    CDで聞いたらどんな感じに聞こえるのかとワクワク。
    ますます発売日が楽しみに。(あと2日で手元に来るー

    アップテンポでダンサブルな曲なので、ライブ中は勿論
    アンコールの盛り上げ曲としてもいいかも・・なんて思ったり。(o^-^o)

    さてレコメン・48ともに、とても楽しめました。
    レコメンは気の置けない後輩くんたちとのラジオと言うことで
    自由で且つ いつもどおりのローテンションの光ちゃんが可愛くて大好き。 
    そしてとっても自由で、そのテンションの低さと自由さが何とも愛おしい。

    誰と居ても大体フツーは光ちゃんって態度は変わらない。変えない。
    そんな人柄が誠実でとてもいいと思います。^^
    光ちゃん、ヨコヒナくんたち3人の突っ込みあい・ボケのかまし‘愛’、
    ホントに温かくて嫌味もないし、心から楽しめます。

    あの事務所に所属している人たちのステキなところは
    一部の人や場合を除いて、基本 後輩は先輩を尊敬する気持ちを忘れずに
    キチンと立てながらも、ファンを楽しませることが出来ると言うこと。
    (特に彼らは自身も先輩と番組を楽しもうとしているところが好ましい。)

    反対に先輩の立場に立つ方は、変に先輩ぶることもなく
    後輩を温かく見守りながら、後輩を盛りたてながら、
    自分の個性も良い具合に出せるということ。

    だから数時間聞いていても全く飽きると言うことがないし、
    楽しさは最後までずっと現在進行形で、OAが終わるのが惜しい、
    ・・と思わせてくれます。

    48では昔からお世話になっている方と言うことで
    その辺はちゃんと礼節を弁えた話し方になってはいるけど
    基本正直で、なのに人を楽しませることが出来るところは変わらず、
    益々ステキ。

    MCのおさむさんも全く偉ぶらないし、逆に今の光ちゃんの成長ぶりが
    とても感慨深げで、女性の方も適度に話に上手にまじってくれるから、
    こちらもやっぱり聞いていて心地よいです。

    またおさむさんは光ちゃんを上手にリードして
    光ちゃんの素の部分を引き出してくれていて、光ちゃんの本音が聞けて
    とても良かったと思いました。

    そしてどちらの放送も、根底にある共通点はお互いを認め、
    尊敬する部分はちゃんと尊敬してるっていうことを前面に押し出しているところ。

    けど普通のトークでは、本当の自分を見せてくれている。
    正直な本音トークなのね、誰もが。
    久しぶりに本当に楽しいラジオを聴くことができました。(⌒-⌒)

    特にヨコヒナ・ペアは光ちゃんのことを何度も何度も「凄い」「凄い」
    そう言ってくれて、心から尊敬してくれているのが伝わってきます。

    こういうところに、やっぱり光ちゃんの背中を見て育ってきた部分が・・と
    痛いファンは思ってしまいます。f^_^;
    (その‘凄い’先輩の自由さや巧みっぷりに時折オタオタしかける彼らが
     とても可愛い。光ちゃんもそんな彼らの姿を楽しんでいるように思える。)

    あと私も思ったけど、 コンサートの公演回数やCDの詳細を知らないのは
    いつものことだけど、(こちらは「シッカリしてくれー」と心の中で叫ぶけど。)

    自分の曲をかけたり、電話にでていたリスナーの方が
    CDを3種類とも予約したと言っていた時に、光ちゃんは
    「すみません」とか言ってとても遠慮がちだったり
    (普通なら「ありがとー。」って言うよね?)
    「(コンサート)申し込んでくれたんだ?」と
    まるで他人事のように言ってみたり……。

    こういう風だから「ガツガツしてない。」って
    他の人にも言われるのよね。(*^_^*)
    (ちょっとへりくだり過ぎ?でも私もそういうところが好き。
     と言いつつ、歯痒くなることも多々なのも確かだけど。^^;)

    だけどそうなるのは、やっぱり光ちゃん自身が
    光ちゃんのことを1番分ってない部分だとも思います。

    ホントにいざ仕事となると、あれだけ自分を冷静に分析できるのに
    そこが凄ーく不思議。
    (「いい加減自覚しろ自分の才能に目覚めろ
     と ちょっと何発か殴りたくなったことは秘密です。)

    あと光ちゃんは3年前、いくら
    「次回の約束はしない。」と言ったとはいえ、でも同時に
    「求められればまたこういう場を持ちたい。」そうも言ったので、
    もうちょっと自分に何が求められているのか
    自ら自分のリサーチもして欲しいな~、と思ったこともナイショです。

    (光ちゃんは今回も追加が沢山出て初めて
     改めてこんなに支えられてたんだって分った・・なんて言ってるんだもん。
     でも逆に光ちゃんの無自覚さをいいことに、こちらの要望や声が全く
     光ちゃんに届けられていない、ということがシッカリ露呈したわけだけど。)

    勿論私たちはこれからもずっと思いを伝え続けて行くつもりだけど
    やっぱり投げ続けるだけで、受け止めてくれた、という実感や手ごたえがないと
    時々は疲れちゃうことも正直あると思うから、光ちゃんもそういう点を
    もう少し考えたり思ったりして欲しいと願わずにはいられないです。
    (それって見返りを求める、さもしい考えかな?)


    あとオリ☆スタの記事。

    実を言うと私がもう2年ほど通っているBlogさまがあるのですが
    そこの管理人さんが、それを読んで、ちょっとね・・
    もうムリって書いてらしたのが、自分的にはとても残念で……。(┬_┬)

    実際に妖も聞いてる筈だし、多分東京在住の方だと思うので
    レコメンや48もお聞きになったと思うのだけど
    もうBlogを閉じる、と言われているので、凄く寂しいです。(ノд-。)

    光ちゃんのストレートで正直、
    リップサービスをしない性格はもうお分かりの筈だけど
    最近の光ちゃんに以前のような‘熱’を感じることができないとかで。。

    私としては、最初に光速CORNERを読んだ時とか
    今年のSHOCKを見た時に、「光ちゃん、ちょっと変わった?」
    本音を言うと、そう思ったことも多々あったのは確かだけど……。

    でも今回これらの放送や、CDを聞いてみたら
    「ああ 光ちゃん、基本の部分は変わってなんかいない。」
    私はそう思いなおすことが出来たので……。
    (私も光ちゃんの正直さが信頼につながった口なんですけどね。)

    これも人それぞれの受け取り方、感じ方なので
    どうしようもないことだけど……。(ρ_;) 


    あと

    >本当にやりたくなくて、今もそんないい加減な気持ちでした仕事なら、
    >私たちに溜息をつかせるようなあんな作品が出てくるはずがない。
    >「妖」一つにしても、
    >本当にこだわって作ったことがオリスタのインタからもわかる。

    >光ちゃんが言うように、最初は、いろいろな事情から、
    >「今はソロちょっとなあ。」と思っていたのかもしれない。
    >でも、背中を押してくれたスタッフがいて、そして、実際に動いてみて、
    >コンサートも追加が出た、
    >「みんな期待して待っててくれたんだなあ、それに答えるように
    > 頑張らないと。」と思ってくれている。


    これはとっても嬉しいことだし、光ちゃんは言葉ではなく
    作品で語る人だから、それはとても理解できるし納得も出来ることだけど
    その‘作品’が、光ちゃんの‘答え’がもっと沢山聞きたいのも正直な願望。

    だけど結果として、こんな展開になってしまったのも、
    元を糺せば光ちゃんにファンの思いが届いていない、
    その一言に尽きるんだけど、その壁を破るのは、できればファンだけでなく
    光ちゃん自らも、もう少し努力をしてもらえたら・・と思ってしまいます。

    (状況的になかなか難しい面、多々なのも分ってはいるけれど……。)


    でも妖を聞いて、これらのエピを聞いたら、もう期待するしかない。


    だから光ちゃん、お願い。

    横アリのチケットください!!! 


    私は更に贅沢に貪欲に、改めて強く 強く そう思いました。

    そして仰るように

    >最初は、「ソロ、ちょっと。」と、思っていても、最終的に
    >「やろう!!」って決めたのは、光ちゃん自身。
    >だから、私は、そんな光ちゃんを信じてついていきたいと思います。


    はい、激しく同意です。

    あと今月のM誌での光ちゃんの言葉……深読みしたくなりますよね。

    自分が発する言葉の重み、そして、言葉の怖さ……。

    これは個人の生活においてもそうだし、文章だけのやり取りとかでも
    比較的顕著になります。
    ちょっとの差で生じる誤解って意外に多くあるものですけど
    そしてそれを十分すぎるくらい理解している筈の光ちゃんが
    そのような発言をわざわざ何度も雑誌で語ったり、ラジオで語ったり。

    これはね……やっぱり何かありそうな感じ、しますよね。

    一般のフツーの男性でも、大体29~30歳頃になると
    自分のこれから先のことを、今までにないくらい大きく重く考え
    色々考える時期に当たると聞きますが、光ちゃんも今 正にそういうお年頃。

    その上 お仕事がお仕事だけに、また光ちゃんを取り巻く状況が状況だけに
    私たちが想像する以上に何かと思うことや考えることもあるのかも知れません。


    さて。
    いよいよソロコン後半のチケの当落確認ができるようです。
    果たして結果は……???  怖くて電話できないヤツ。


     web拍手 ありがとうございました。 

    申し訳ありませんが御返事は、次回にさせてください。
    よろしくお願いします。


       web拍手ボタン。
             非公開コメントご希望の方はコチラへお願いします。
             (拍手だけでも結構です。力・励みになります。<(_ _)>)
    スポンサーサイト



    | 堂本光一 |