FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-05-09 (Sat)
    光ちゃんの動向は無論のことだけど、一方でとても気になることがある。
    何故かと言えば、その人の動向等で、
    今後の光ちゃんの動きに何か影響がないとは言えないから。
    いやむしろそれが怖いから。

    そう思っていたところに、メル友さんが情報をくれた。
    「拾いレポだけどね。あとは噂話。」 と前置きして。
    (Eさん、ありがとうございました。 (^0^))

    光ちゃん以外で気になることとは、言わずと知れた脂のこと。
    どうやら今回のライブ、今までで最も盛り下がっている、
    そんな話は聞いていたし、彼が今回改名した時点で既に

    「脂のこと、一生懸命理解しようと努力してきたけど、もうムリ。
     考えて、理解しようとして、彼も一生懸命なんだって思って
     必死についてきたけど、もう限界。
     前に名前を変えた時も思ったけど、もうダメ。ついて行けない。」

    これは脂が今回の名前に改名して間もない頃、知らずに迷い込んだ場所
    すなわち脂ファンのブログさまに書いてあったこと。(ニュアンスです。)

    禁漁区に迷い込んでしまった、と思い、以後そこには行ってないし
    今としてはどうやってそこに辿り着いたのか忘れたので
    もう行きたくても行きようがないから、
    そのブログ主さんがその後どうしたのか、今はもう知る由もない。
    これだけは今回の改名に伴って、私自身がまず遭遇した‘実例’。

    以下がいただいた拾いレポと噂話。
    まずはいつのライブの模様かは不明らしいけど、脂ライブ・レポ。

    その①
    会場は全編にわたりモノト-ン。
    前半は盛り上がる曲が少なく単調で、曲と曲との間のつながりが悪く、
    その上ダラダラと演奏は長いので集中力が切れる。

    アンコール1時間、セッションは疲れ、途中で寝てしまった。
    楽器演奏は初心者レベルの域を出ず、
    音はやはり脂の音を大きくしているからか、
    折角のバックの演奏をぶち壊し気味。
    座席を見渡すとアリ-ナ、スタンド共に 座って観てるが人多い。


    これは脂ファンに連れられて一緒にライブに行った人のモノ?
    それとも脂ファン? だとしたら大変だ! …と思う。
    余計なお世話とは思いつつ。

    その②
    9割方アンチとなりつつも城ホールに行ってきた。
    ざっと見に30くらいは空席があったと思う。
    自分の前の2席も最後まで空席だった。

    Iブロ、Mブロの使用無し。
    聴かせるライブなら見切れ席でも全然構わないだろうし、
    立見席のファンを座らせればいいのにと思った。

    こういうところがもう耳タコなくらい愛を口にするのに、
    実際のファンに対する愛情はナシと感じる。
    見栄を張ってるようにしか思えなかった。

    ステージと照明はモノトーン、映像も最初から最後までモノトーン。
    ・・飽きる。

    約2時間、バラード系の曲が続く。メリハリが無く非常に退屈。
    その上 曲間が不自然に長い。
    どこまでが本編だったか分からないまま、アンコールになっていた。

    ペイント後、蹴りやロンダートをやりながらボードに体当たり。
    それだけで息が切れたらしく、ゼイゼイ言いながら最後の挨拶。
    何の意味があるのか分からなかった。
    これが最後、もう二度と脂ライブに行くことはないだろう。


    御卒業おめでとうございます、と申し上げたいです…。

    2つのレポで確かに言えることは、会場のイメージカラーと言うか、
    基本色はモノトーン、それは間違いないようで。

    そう言えばTVでのプロモの際も、
    脂はいつもモノトーンのお召しものだったような…。
    しかも半そでとかノースリとか。
    ムダに腕がボンレス・ハム、振袖状態だったことを、
    私も薄っすら記憶してる。
    (1回こっきり見て、即刻消去だったんでもう忘れてるけど。)

    それとこれも聞いた話だけど、FC会員に立ち見席が来てるのに
    一般売りではもっといいお席があるそうで。

    はあ? 何のためのFC枠? こんなにバカにしてる話ってある?
    やっぱりアソコってフツーじゃない……。

    それにあのプロモ活動で新規顧客が取り込めたとは
    私にはどう贔屓目に考えても思えない。

    今のあの脂さまを見て
    「あらー、カッコいい。歌もステキ。1度ライブに行ってみようか?」
    そう思った一般の方がいらしたらお目にかかりたいんだけど。。。
    大体その肝心なプロモ番組での脂さまの扱いとか、
    MCの方々の態度・応対がね、もう……以下自粛。

    あとは。

    仙台で初日から約1か月とのこと。
    その仙台公演でのチケットの値段。

    仙台は土日公演、キャパ2,054の会場。
    2階3階は定価割れ、1階でようやく定価、定価以上なのは
    1階前方のみ。

    マジですか? 
    羨ましいと言ったらいいのか何と言ったらいいのか。
    (と言いつつ、奥では紙屑同然の値段だったとも聞いてるので
     この表現はかなり抑えている言い方、と捉えればいいのかしら?
     =それは今回のライブに限ったことではないとも聞いてるし・・。)

    兎に角 光ちゃんソロコンなら有り得ない話。
    10倍のキャパでも有り得ないだろうと 
    光ちゃんファンである自分は思うけど、
    それは贔屓が過ぎるということだろうか?

    数的に近いと言うことだけで単純に比較すれば・・
    帝劇での舞台のキャパ数が近いと思うけど、
    それを引っ張り出してくること自体が失礼…ですよね。
    すみません。

    そしてそんな現状? にくっついていた感想。


    自分たちで祭り上げた脂なんだから、ヲ○には
    頑張る義務と責任がある。頑張れ―! 
    脂にはソロがお似合いです。

    暇になった分、1人でGのアルバムを全力で製作し
    G崩壊に手を貸すのも、脂らしくていいと思う。


    おお、大賛成です。Bravo!!! 
    以下も大賛成・激しく同意の言葉が続く。


    Gファンという人種が理解出来ない。
    どちらもいい人なら、わからないでもないけど、現実は
    「天使と悪魔、どっちも好きなの」って事でしょ?

    幼稚園児でも発表会までは一生懸命練習するよ。
    脂の場合は、ただ楽器を触っている姿を見せてるだけ。
    叩いているだけのピアノ。マット敷いてのロンダード…。

    できる子アピで得意満面でロンダード。
    マット敷いてまで(得意の逃げ道確保)やりたかったロンダード。
    脂のやることは全てにおいて、マット敷いたロンダード。
    やる必要性よりも、僕ちゃん出来る限りの事を頑張ってやりましたアピ。
    =全てに於いて幼稚園発表会の親子の図。

    マット敷いたロンダード、ろくに弾けない数々の楽器、
    アイドルなのかミュージシャンなのか得体が知れないって
    芸暦20年なのに悲惨~。

    何だか、脂って飛び回ってる蝿みたい。
    変に目に付くけど、邪魔なだけ。


    みなさま とっても正直にお話なさっておられる模様。
    だけど全てにおいて爽快なまでに激しく同意、頷くことばかり。

    脂さま まだ残り公演数の方が多いんじゃないですか?
    (関心ないからよく知らないけど)
    どうぞ どうぞ頑張って名誉挽回してください。
    よろしくお願いします。祈っていますから。
    ライブの大成功を! ( ̄人 ̄)


     コメントありがとうございました。 

     hikarinokoさま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。
    私も光ちゃんも脂も負けず嫌いだと思います。
    ただその負けず嫌いの気持ちの向け方や方向性は真逆ですけどね。
    光ちゃんの「超人ドッジボール」でのエピソード、
    ありがとうございます。(o^冖^o)

    >ドッジボールにしても、どうして負けたのか、
    >どうしたら勝てるのか、画面には出ていませんでしたけど、
    >一生懸命考えたんでしょうね。
    >当時から、光一さんは問題点を改善しようと言う
    >負けず嫌いの所があって…


    仰るとおりだと思います。
    光ちゃんのいいところは、失敗は失敗、負けは負けとして受け止め
    それを成功や勝ちに結びつけるにはどうしたらいいか
    その点に集中して考えるところにあると思います。

    決して他人のせいにしたり、他を責めるのではなく
    あくまで自分がどうすれば良いのかを考える。そこだと思います。

    結局 何かにつけて言えることは、
    自分がその時々で物事にどう立ち向かい 対処するかで、
    後のことが随分変わってくる、ということだと思います。

    責任を転嫁したり、逃げている部分があるうちは進歩も成長もない、
    そういうことなんだと、光ちゃんを見ていると、そして脂を見ていると、
    とても良く分かります。

    …と言いつつ、では自分がどうかと言われると
    とーっても答えに詰まるんですけどねー。

    あと、脂のお姉さん、案外まともじゃん! 私もそう思いました。
    つまりその発言を聞く限りでは、その時点で彼のおねえさんは
    普通に成長なさっておられた、と言う事がポイントですよね。(b^-゜)

    お姉さんが今でもそうならば、きっと側で見ていて
    脂親子がおかしいことに気付いておられることでしょう。

    そのお姉さんが、脂親子の間に立って、うまく二人を誘導してくれたら。
    そう願うのは無理なことなのかな?
    できるものならもうやってるのかな?
    身内の幸・不幸に関わることなので、尽力してくれるといいのにな
    ・・と思います。
    コメントありがとうございました。それではまた。 に


     Web拍手 ありがとうございました。 

     り○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    そうですか。ありがとうございました。(*^_^*)

    名越康文さんのインタビューはとても内容が深く、難しいです。
    ですので1度や2度読んだだけでは理解できません。f^_^;
    中でも光ちゃんに関することは比較的分かりやすいですが、
    脂に関しては少々(かなり?)難解でした。

    光ちゃん自身の素晴らしさは今更言うまでもないのですが
    その礎を作り上げた光ちゃんの御両親・御一族さまの偉大さには
    敬服するばかりです。

    対して脂親子の方は仰る通り、自分たちが持っているしあわせ、
    幸運、全てのプラスの部分に何一つ気づいていない、
    哀れで可愛そうな人たちだと思います。

    自分たちがどれほど恵まれ、人も羨む立場にいるのか
    全然分かっていない。
    いつも心にあるのは満たされない思いから出てくる嫉妬と妬み。
    それだけで一生を終えるのかと思うと、
    同じ一生でも随分生きにくいだろうなーと思います。
    自業自得と言えばそれまででとも思いますが、あまりに哀れですね。

    ちょっと視点を変え、ほんの少し気付くことができれば
    身の周りにはどれだけ大きな‘幸’が溢れているか分かるでしょうに。
    でもそれに気付くのは、早くてもきっと全てを失ってからではないかな。
    そんな風にも思います。

    あと私の友人の言葉、鋭いでしょう?
    私も言われるまで気づかなかった大バカですが、言われてみれば
    全くそのとおりなんですよね。f^_^;

    そして言われたのが光ちゃんに出逢う少し前と、
    また素晴らしいオチまで着いている。情けなかぁ~です。(T_T)
    コメントありがとうございました。
    そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。それではまた。(^-^)

     sa○○○○○さま
    いらっしゃいませ、初めまして。ようこそおいでくださいました。(^^)
    そしてありがとうございます&申し訳ないです。

    「相方の通信簿」 俄かには信じられなかったのですね。
    でもそれで普通かも知れないですよ。
    だって通常なら有り得ないことではありませんか?

    ファンではない人は分からないかもですが、ファンなら当然
    普段からの彼等を見ています。
    そこで受ける印象やイメージ、その真逆のことを
    まさか唯一の仕事相手・仲間が言うなんて
    一般的にはまず有り得ない。
    当時の心の葛藤がとてもよく分かる書き込み、
    ありがとうございました。<(_ _)>

    でも騙せるのはほんの一時だけ。
    メッキはメッキ、化けの皮は所詮化けの皮。
    これまたファンならではの場面で
    間近にそれを見ればスグにそれは剥がれますよね。

    それでもファンと言うのは哀しいものでもあるので、
    例え目の前で起きても やっぱり心のどこかで
    否定したい気持ちが生まれてくる。
    ‘二人’が好きであればあるほど、信頼していればいるほど。

    私は最初から光ちゃんファンだったので想像の域を出ませんが
    分かるような気はします。

    sa○○○○○さまも私同様 
    光ちゃんファンから入られたとのことですが、きっと私より長い時間、
    二人の間柄を信じてこられた時間は長かったのでしょう。

    でもそこで受けた「裏切られた感」は、その後どうなるか。
    言わずもがな、ですよね。
    だけどそれを認めざるを得なくなった時…。辛かったでしょうね。

    私はコン・デビューの時点でもう脂のことは嫌いになっていましたけど
    それでも想像以上に酷い脂の態度や言葉に唖然としたのを
    覚えています。

    貴重な体験談、ありがとうございました。<(_ _)>
    そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。^^
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     ko○○さま
    いらっしゃいませ、初めまして、ようこそおいでくださいました。(^^)
    私が思うに、お姉さんは極普通に育ったようなので
    彼の父親というのは、きっと常識的な人だったのだと思えます。

    問題はその手前、夫婦関係から来ているのかな、
    とも推定できるのですが。
    まあどれもこれも推定・想像の域を出ないんですけど。

    だけどここまで問題(?)が大きくなってくると、
    いい加減なことでは済ませられない。
    そんなの、たまったもんじゃない。
    ファンとしてはそう思ってしまいます。

    さて光ちゃんのしょーます。
    今 携帯に残っている分だけを遡ってみても、随分短期間のうちに
    一気に更新回数が減っていますよね。
    1番最後に読めるのは、何と3年前の7月、
    ソロデビューCDについての話題。

    光ちゃんの中で何かが起きたのだろうか?
    それとも光ちゃんを取り巻く状況が何か大きく変化した?
    事情はハッキリとは分からないけれど、
    前にもマネさんに言われて更新したこと 確かにありましたよね。

    今はそれすら言ってくれないマネさんなのか、
    それすら許されない状況なのか。
    でも大体がそんな状況におかれる方がおかしいんですけどね。

    光ちゃんだって以前はマメに更新してくれていたし、
    何よりファン思いの光ちゃんが忘れるとか、気をなくして放置プレイ
    そんなことは考えられません。
    せめてしょーますくらいフツーに更新できる状況にいて欲しいです。

    でも現実そうはいかないから、光ちゃんだってきっと泣く泣く…
    だと思います。
    なのでなるべく自分もいい子で待っているようにしようと思うのですが
    最近では舞台期間中以外は解約してしまおうか、なんてことも思うのも
    事実なんですよね。(あの契約料も多分折半だろうから)

    早く光ちゃんが大きな声で言葉を発することができるようになりますように。
    今や遅しとそれを待っている今日この頃です。
    コメントありがとうございました。これからもどうぞよろしくです。^^
    それではまた。(^-^)

     sa○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    そうですね。勇気はそれほど必要ではなかったけど、
    ちょっと前に進みにくい心情だったのは確かかもです。

    疑問に思う事の全てが今に始まったことじゃない。
    自分が光ちゃんを知った時点で既にそう言う事は
    とうの昔から起きていた。

    でも何で? どうしてそんなことがいつまで続くんだろう?
    その上今年のEndless SHOCK。
    楽しかったし、ステキだった。それにはなんら変わりはない。
    でも光ちゃんを取り巻く状況からそうなったのでは? 
    ・・とは推定したものの、純粋、‘作品レベル’という点から言ったら、
    自分的には疑問が残った。

    更に去年・一昨年は舞台が終わる頃には次なる仕事のメドが
    ファンにも伝わっていた。
    でも今年は何の音沙汰もない。
    不安もあるし焦りもある。

    舞台以外の純粋な光ちゃんの世界にも乾き切っている。
    飢えきっている……。
    思い出すのは去年の救済コンを始めとしたイヤな思い出ばかり。

    光ちゃんや光ちゃんファンが何をした?
    どこがいけない? 何が悪くてこんなになったの?
    それを忘れさせてくれる水や鏡のお城の再来はいつ?

    そんなもやもやした気持ちを抱きながらふと脇を見ると、
    手を変え、名を変え、都合の悪いことはスグになかったことにする上
    言う事もコロコロ変わる例の人が当たり前のようにそこにいて
    涼しい顔してライブをしている。

    彼は去年からソロの仕事の話題が途切れなかった。
    何なんだろう、これって? 
    頭の上を‘?’がグルグル回る。

    一体いつからこんな状態になったんだろう?
    色々なことを含め、それらをどうしても知りたくなったんです。
    某所の不合理さは脂の過去の仕事履歴から考えれば分かるけど
    その当の脂はいつからあんなんなんだろう? と。

    前々から脂の態度には怨念に近いものがあると思ってはいたけれど
    それはどこから来ているのかも知りたかった。
    だから色々な方々の手をお借りして、そのルーツたる場を
    探しに行ったんです。

    結果、それが想像を遥かに超えた昔から既に発生していることが
    分かりました。
    それはそのままこの問題の根深さを示すものであり
    残念なことに、例えて言うなら最早不治の病と化しているとしか
    私には思えませんでした。

    そして今回sa○○さまが教えてくださった、脂の小学生時代の
    ‘ごっこ遊び’の内容。
    驚きの気持ちと、いかにも彼らしいと言う思いが、
    ほぼ同時に起きました。

    >なるべく努力をせず ひたすら他者を落とし込み 大物に媚び へつらい 
    >うわべのカッコ良さだけを取り入れて13年間やってきた。
    >そんなことで生き残っていけるほど甘い世界ではないでしょう。
    >なぜすぐつぶれずここまでもったかというと
    >それは光一さんの支えるGがあったから。
    >でもその事実をXはずっと受け入れられないでいるのでしょう。
    >なりたい本当の自分には自力ではなれないのですからね。
    >でもなんとかしたくてGを自分色に。
    >月が太陽を押しのけようとしている。
    >でも 太陽が隠れてしまっては月も輝けないのです。


    本当に仰るとおりだと思います。

    そしてこれまた今回教えていただいたことを元に考えると、
    彼はもう子どもの時からちやほやされ、
    甘やかされることに慣れ切ってしまっていて 
    むしろそれが当然と化しているのですから
    このことを知って余計に 
    彼は自分も特にアソコに入ることには強い抵抗感はなく
    ややもすれば渡りに船に近い気持ちもあったのかも知れない
    ・・とも思えてきます。

    少なくとも、当時彼はもう
    自分の意思で物事を決められる年齢であったのですから
    「最終的に決めたのは自分の意志」と言われても仕方がないでしょう。
    そう、私が友人に言われたように。

    さて昨日は光ちゃんのソロコンの未確定情報が飛び交いましたね。
    私はメル友さんから聞いた時、ハッキリ言ってそれはないと
    即座に返事をしました。

    それだけ某所を信用していない、そんな親切なところではない。
    そんな気持ちが私の中で固まっているから、ただそれだけです。
    素直に「え~?そうだったらいいなー!」って喜ぶことが出来ず
    まず疑いの気持ちでしか見たり考えたりすることが出来なかったんです。

    もし本当にあそこから回答メールがきたとしても、
    その内容に真実味も誠意もなかろう、とまで思いました。
    私にとって、アソコは‘狼少年’、
    ただそれだけにか思えない場所なんです。

    光ちゃんソロの嬉しいお知らせかも知れないのに、
    気持ちが冷めきっていて素直に信じられないのです。
    正式にHPに載らない限り……。

    いえ、その情報が良いものであればあるほど、逆に今では
    それをぶち壊してしまうようなことが起きねば良いが・・
    と不安にすらなります。

    こういう時、つくづく思い知らされるんです。(┬_┬)

    光ちゃんという素晴らしい人と出逢い、人となりを知り、
    益々光ちゃんを好きになって行くにつれ
    光ちゃんのように優しく心の広い、深い人になりたいと思うのです。

    でも現実はファン歴が長くなればなるほど、
    元々大した人間ではないのに
    どんどん自分の気持ちが荒んで捻くれてきている・・と。(ρ_;) 
    我ながら嫌な人間だ、人のことは言えない、そう思います。

    自分で蒔いたタネなのに、
    光ちゃんファンは立派な人がホントに多いのに
    自分はどうしてどんどん汚れて行くのを止められないんだろう、と。
    恥ずかしいことです。↓ ↓ ↓

    でもこれも自分だし、何より自分の責任ですから……。
    コメントありがとうございました。何だか取り留めのない、
    まとまらないレス、申し訳ありません。それではまた。(^-^)


         web拍手ボタン。
                非公開コメントご希望の方はコチラへお願いします。
                 (拍手だけでも結構です。力・励みになります。<(_ _)>)
    スポンサーサイト



    | 戯言・その他 |