FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-05-08 (Fri)
    以前からずっと知りたかった言葉の起源が一体いつ頃のことか。
    そのありかや言葉を教えていただいたので読んできた。
    これで大体自分が知りたかったことは知ることができた。

    「本当の俺、光一の存在」 (ジュノン 1996年 10月号)

    -----たとえばだけど、
    「俺は芸能界でなにがなんでもトップに立ってやる」とか。

    脂紫 ああ、そういうのは俺には全然ないね。
        だから、これもたとえばだけど、
        (堂本)光一が芸能界のトップに立っても、
        「頑張れよ」って言って、俺は俺で地道に仕事をしてると思う。
        だけどそのへん、光一は違うだろうね。
        もし俺がトップに立ったら、
        「絶対抜いたる!」ってなるヤツだと思うよ。


    -----それはちょっと意外。

    脂紫 光一は負けず嫌いだよ。
        イメージ的には俺のほうがそう思われてるかもしれないけど、
        ほんとは光一のほうがすごい負けず嫌い。
        特に俺に対しては負けたくないっていう意識が強いと思う。
        光一の言葉や行動で、俺には負けたくないと思ってるんやろなって。



    相方の通信簿 (ポポロ'98 11月号)

    俺は威嚇も攻撃もしない動物で、
    あいつは時と場合によっては威嚇してくる。
    あと、いい意味でも悪い意味でも彼は要領がいいね。
    俺はヘタクソやねん。
    たとえば、ここでこれ言っちゃいけないってことを言っちゃうとか。
    損するタイプやねん。光一はトクするタイプで。

    ふたりが一緒のときは、俺が折れてることって多いかも。
    俺はもともと争うことがあまり好きじゃなくて、
    この19年間相手が誰でもほとんど折れてきた。



    どちらも年号を見て驚いた。
    言葉自体は聞きなれた、読み慣れた内容だったので
    然程驚きはしなかったけど、96・98年の出来事だったなんて……。
    あと、この聞きなれた、読みなれた言葉、その発信地がここだったなんて、と。。


    13~11年前から彼はもうこんなことを言っていたんだ・・。
    片方はCDデビュー前だよ。

    でももう何回かコンサートとか経験もしてるし
    TVには出まくっていた時期だから、その頃から彼は
    光ちゃんに対してこんなにも・・っていうくらいの思いを抱えて、
    そしてそれ故にこれでもかと撒き散らしてたんだ。

    こういうことを知って初めて、
    自分が思っていたことに間違いがあるということが よくよく分かった。

    そのひとつの事例。
    ある御方が、教えてくださったこと。

    彼は-の気持ちで事務所に入ったんじゃない。

    そのアドバイス。
    知ってみて、改めてそのことにも本当に頷けた。

    そしてこれらの発言の内容、言ったのが光ちゃんだとしたら……
    ある意味、これまた頷ける話だと思った。

    でもそこには決定的に違う事がある。

    光ちゃんは本音として、もしこのような思いを抱いていても
    そのことは絶対に人前では口にはしないと言う事。
    大体がそんな発想すら抱かないだろうと言う事。

    それだけは確かだと思う。


    あとファン歴浅い方のために参考資料。
    「人間不信コン」に関しての光ちゃんのShow must go onでの発言。
    「曲解は~」のくだり。(yahoo知恵袋)
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121939526


     私信:Aさま
    ね~、京本○樹さん、面白い方でしょう? ^^  意外でしたー。(*≧m≦*)
    しかし凄い人間関係ですよね? 京本さんじゃないけど、ホント世間は狭い。

    あと京本さんのBlogって、これまた意外に長文で、
    その上 案外更新もマメ。(←何気に嬉しかったりして。)
    その上お茶目だよねー。ビックリー。(◎0◎)

    >光ちゃんの「~あるって言うとるんです」って言い方がツボ。
    >多分、こう言ったんだろうなぁ。ちょっと緊張気味でオッサンぽく。


    私もそう思う~。( *´艸`)   それでは「おやすみなり~~」
    (と言いつつ、またメールするかもです。)f^_^;


     Web拍手 ありがとうございました。 

     to○○○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    すみません、余計な気を使わせてしまって。

    そうですよね、そういう方もいらっしゃいますよね。ごめんなさい。(^人^;)
    そして記憶違いかもですが(もしそうだったら重ねてごめんなさい)
    以前にもそのようなニュアンスのコメントいただいていませんでしたか?

    今回コメントをいただいて、そのような方々からも支えていただいていること
    改めて思いださせていただきました。深謝&反省です。<(_ _)> 
    そしてよろしくお願いします。
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     5月7日0:55さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    ありがとうございます。お陰さまで最も知りたかったことが
    GW中にある程度解明できましたので、いただいたアドバイス通り
    必要以上にこれ以上は掘り下げないようにします。f^_^;

    あと

    >昔から論理的にTの弁護が出来るTファンを見たことありません。
    >私達が言ってるのは事実だから当たり前ですが。
    >いつも光一&光一ファンにすり替えて攻撃して、Tを擁護して
    >結果が今のGですね。


    これは他の方からもお聞きしたことがあります。
    また某掲示板でも、時折そのようなことが起きている
    そんな場面に遭遇したこともあります。

    >私達が悔し涙を流しながらファンも下りず
    >出来る限りソロは行く!買う!とひたすら光ちゃんを応援してきたのは
    >無意味じゃなかった。
    >あとは(某所内で)必死でマイナスイメージの裏工作するような奴を
    >追放するような人が出てくれば言うことないんだけど。
    >一番の元凶かも?ですね。


    そういう古くからの先輩方を見てきて、その姿から
    負けてなるものか! という気持ちにさせられていたことも
    自分にとっては大きな力になっています。

    だからまず有り得ないことだけど、
    万が一私が光ちゃんファンを降りる時が来るとするなら。

    それは自分自身が光ちゃんや光ちゃんの創り出す世界に
    魅力を感じることができなくなってしまった時、
    それしかないと思っています。

    でもそのような時がくるとは今は到底想像すら出来ません。
    逆にどうしたら堂本光一という人の世界により多く触れることが出来るか
    そのための方法を考え続けています。

    また、仰る通り脂にも問題はありすぎるほどありますが、
    一番大きな問題は、そんな脂を野放しにするだけでなく、
    光ちゃんの功績や力を、まわりに過小評価させよう、真実を隠そうとし、
    そして更にマイナスなイメージを持たせようとしたり、
    するべき仕事をしない某所が一番病んでいて、問題なのだと
    私も常々思っています。

    いくら脂が暴走しても、
    一番初めの段階で、それをちゃんと止めてさえいれば
    今のGも、Gを取り巻く現状も、そして現在の脂もなかった筈です。

    ハッキリ言って、脂の暴走等を止めるには、そして光ちゃんに対する
    様々な-工作を止めるには、最早某所の崩壊を待つしかないのか。

    最近はそんな思いを以前より強く抱くようになりました。
    人の不幸を願うようで嫌なのですが、それが現実なのかも・・
    と思っています。(┬_┬)
    アドバイス・コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     リ○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    申し訳ありません、これまた前述の方と同じで……。

    ですが、普段は然程感じないのですが、今回は話題が話題だけに
    そして幸せなことに、いただいた拍手があまりにも多かったんですが
    反面、反響が大きかったけれど具体的な声が聞こえてこなかっただけに
    アンチさんが悪戯をしたのかどうかとか、色々考えてしまったんです。

    無論、無言の拍手の中には 
    今更蒸し返すな! そういうような思いを持った方がいらっしゃるだろうことも
    想定の範囲内ではあるのですが……。

    あとまた私事になりますが、私は親に歯向かう割には
    どうしても最後までは歯向かいきれなかった。その理由は……。
    自分に自信がなかったんです。

    以前高校時代の親友に言われたのですが、なんだかんだと言っても
    親の意向に折れた時点で、それがアンタの答えなんだよ、
    本当に自分が正しいと信じられたのなら、そこで押しきれただろうし
    何なら家を出て独立することだってできただろう、と言われた時
    私は言葉が返せませんでした。(┬_┬)

    彼女の言うことが100%だとは思いません。
    彼女と私は置かれた立場も状況も、そして能力・体力も違うから。
    けど、やっぱり大部分は彼女の言う事が正しいな、と思いました。

    さて例の彼の母親ですが、リ○○さまが言われる部分 
    当たってると思います。

    その負の循環が色々な家庭内の問題にも深く陰を落としていると思いますし
    そういう角度から言えば、
    脂がある意味一番の被害者であるとも言えなくもないと思います。

    あと、教えていただいた文献はこれで正解でしょうか?
    http://www.mammo.tv/interview/archives/no174.html
    (リンク張っていません。申し訳ありませんがコピペしてください。)
    コメント、参考資料他、色々ありがとうございました。それではまた。(^-^)

     あ○○(漢字一文字)さま
    いらっしゃいませ、初めまして。ようこそおいでくださいました。(^^)
    いいえ、ありがとうございます。(⌒-⌒)

    教えていただいたお話、自分の身に置き換えても頷けること多々です。
    知らなくて話題について行けないこともありますが
    その核となる光ちゃん自身が一切ブレのない人なので
    光ちゃんそのものには絶対的な信頼と尊敬の念を抱いています。

    その光ちゃんから目立った活動はなくとも、
    日々なにかしらの力は私も貰っています。

    また、置かれた個人個人の位置や環境は様々ですが
    その人が背負うものの重さ、その重みは同じだと私は思います。

    例えば他の人から見たら、その荷物は軽く見えるかも知れない。
    でも背負っている人からすれば、重くて耐えられないのかも知れない。

    一方、それを見ている人が、「あなたの荷物は私のより軽いのよ。」
    そう言ってそれを見せても、他の人にはその重さは分からず
    やっぱり自分の荷物の方が重く感じる。

    自分の立場にならないと、自分が実際に背負ってみないと
    その荷物の重さって分からないし、荷物の背負い方も抱え方も違うので
    同じものを背負ったり持ったとしても、
    体感する重さは違ってくると思うのです。
    だから単純には比較はできないと思うんです。

    でもその状況の中で、
    光ちゃんが荷物を支える助けをしてくれている割合はきっと同じくらい。
    そんな風に思えるんです。

    そういうことも含めて考えると、光ちゃんパワーって
    本当に絶大ですよね。 (⌒-⌒)


    今回私が脂の発言等のルーツを知りたいとか考えたい
    そう思ったことの発端は、あまりに彼の言う事、やることが酷いので
    その原点は一体何なんだろう? と思ったことがキッカケのひとつでした。

    また、色々な場面で出てくる過去の彼の言葉は
    一体何処から引用されてきているのか
    それも知りたかったんです。

    >光一くんが今の状況をどう思っているか、
    >今後どうしていこうと思っているか、
    >その答えがこれから現れてくるのではないかと期待しています。


    そうですね。私もそれを期待してるし、見守っていきたいと思っています。^^

    あと今年こそ10執念という怨念から解き放たれた年ですし
    ミラコンや光ちゃんのソロデビューからもう3年も経とうとしているので
    是非 是非ソロコンを! と願い、信じて待っています。

    特に今年は自分にとって、初めてEndless SHOCKという作品が
    ‘作品’としてだけで語るのなら、イマイチ自分的に納得できなかったので
    次なる堂本光一の世界が早く見たいと思うので、余計にその願いが、
    思いが強いです。

    >そこからまた次の一歩が踏み出せるのではないかと。

    私も同じ思いです。 コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     真○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    そうですね。でもよく載せることが出来たなーと思いました。
    (自覚がないからか?/(爆笑))

    脂がもう幼少時代からあまり評判のいい子どもではなかったこと
    そして母親が‘モンスター・ペアレント’だったという噂は
    前々から聞いてはいましたが、言ってみればそれ以上に生意気だった
    そういうことなんでしょうかね?

    >コンサートに対する考え方のところでも、
    >光ちゃんはすでに、今と変わりなく
    >「自分の事情は持ち込みたくない。
    >一回しか見られないファンがいるのに、違うことをしては失礼。」
    >というようなことを言っているのに対して、
    >Tは、「ダンスを望まれているのは知っているけど、今はギターが好き・・
    >作りたくない物を作っても達成感がない・・
    >ファンに嘘をついてることになる・・
    >まんまの自分を見てもらいたい・・」みたいなことを言ってました。


    言っていること、やっていること、当時から全く変わってない=進歩ナシ
    そういうことなんですね。 (_△_;)  ┐('~`;)┌

    あと「アイオン」「PJ」の件ですが、差し支えければご連絡ください。
    コソっとお教えしたいこともございます。
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     と○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    いいえ・・と言いながら、実は見捨てられたのか
    ・・と思っちゃいました。(ホンノチョット、チョットダケネ)

    さて例の件ですが、もう恐らく当人たちが気付く事はないでしょう。
    ですから、光ちゃんに被害や危害がこれ以上かからないことだけが
    唯一の望み、願いです。

    あとは自業自得ですから
    どうなろうとこうなろうと全く構いません。(キッパリ)
    どうぞ気のすむまで、お好きなように、
    お好きなところまで落ちて行ってくださいとしか言いようがないです。

    ただ残念ながら、余程のことがない限り、某所も積極的には
    光ちゃんと脂を切り離すことまではなかなか難しそうな気がするんですが
    それが何とも心配でならないのです。

    だからいっそ某所そのものが・・な~んてことまで考えてしまうんです。
    坊主憎けりゃ…の心境になって、もう何年か? 
    ・・ってくらい経ってますし。
    それでも今回また改めてあんなことを思った、ということは
    まだどこかで期待していた部分があった、ということでしょうね・・。

    これで一応今のところ気にかかっていた部分や
    場面の‘大筋は’掴めたと思うので
    過去への旅は一区切りつけようと思っています。

    それにしても、あんなに若い、いや幼いと言ってもいいような年齢から
    あのような状態だったことに驚きました。
    しかし脂もある意味被害者ですから、若干‘同情’してあげたくなる部分も
    全く皆無ではないかも・・‘かも’です。(だって「同情枠」だから/苦笑)

    ただ唯一今気になるのが、脂ライブが今までで一番盛り上がってないこと。
    (チケどころか、グッズすらロクに売れてない様子。)(¬。¬)

    どうぞ頑張ってクレームを出してもらって追加が出るよう、
    願っているんですけど・・。
    (出来れば大晦日まで、いや来年のお正月三が日までやってて欲しいー!!!!!)
    今後の動きに要・注目、ですね。

    私は気が短いし、セッカチなので、首はもうキリンより 
    う――――んと長くなってます。
    光ちゃん、早く口を割れ~~~~~~~~~~ 
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     の○○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    今日メル友さんから連絡をいただいて、某所で見かけたと言われるんです。
    光ちゃんソロコンについて問い合わせた人がいらして、
    その回答が来たらしいと。

    問い合わせ先はJ-net、返事の内容は
    『堂本光一ソロコンサートは現在調整中です。
     最新情報はJ-netをご覧ください。』 だったそうです。

    私はこれはちょっと信じがたい、と思ったので、そう返信しました。
    だって例の「ドラマ版・スシ王子」の主題歌がGでの
    「涙~」に決まった時の経緯。

    もうファンの間では公然の秘密と化していて、その時に私 
    直接何度か電話したんです。
    スシ王子の主題歌はGで歌うんですか? と。

    しかし正式発表の前日になっても、
    電話での回答は「何も聞いていません、決まっていません。」 
    その一点張りでした。
    なのにメールでの問い合わせにわざわざ回答が来るとは
    私には到底思えなかったんです。

    あの時のことを踏まえて体制や会社の方針・考え方が変わったなら
    大変喜ばしいことですが、私には残念ながらそうは思えないから。
    でもできれば、あとはこれが良いことの前触れであることを
    願うのみです。( ̄人 ̄)

    ただ。。
    光ちゃんは最近本当に しょーますの更新がメッキリなくなって。(ρ_;) 
    別にコン情報とか仕事の話でなくてもいいから、
    たまには光ちゃんの言葉に触れたいな、と思うのも正直な気持ち。

    光ちゃ―――――――ん  淋しいよ―――――――
    待ち遠しいよ―――――――  
    (一応、ちょっと叫んでみました。)f^_^;
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)


         web拍手ボタン。
                非公開コメントご希望の方はコチラへお願いします。
                 (拍手だけでも結構です。力・励みになります。<(_ _)>)
    スポンサーサイト



    | 堂本光一 |