FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-04-30 (Thu)
    もう10年以上前、もしくは8年くらい前の光ちゃん。
    そんな昔から既に可愛い、カッコいい光ちゃんがいっぱい。
    先日のとーまくんの回の堂兄に刺激され、
    連休でヒマぶっこいてるから次々見てしまった、昔のV。

    実はこれらは皆、メル友さんをはじめ、
    人さまからご厚意で分けていただいたり譲っていただいたもの。f^_^;

    JEから発売されていて、自分でお金を出して買ったGモノは
    1年ほど前にブチ切れた時、勢いで処分してしまったけど。
    (遅れてやって来たファンだった分、お金を出して買ったGモノは
     少ないけど、その分話題についていけない時も多々だけど……。)

    実害?は、アルバムはA~Fまでは全部レンタル品をコピーしたから
    買ったアルバムはGとHだけ。
    シングルで買ったのは「心に夢を~」から「×3」までだけだし。
    GのDVDやビデオはレンタルがないから、そちらは必死で買い集めたけど。

    それ以外、例えばドラマ系・バラエティー系は、やっぱり御好意によるものが殆ど。
    無論、そういう御好意をくださる人たちそのものが
    光ちゃんonlyファンだったので、ドラマは「若葉のころ」以外はソロ・ドラマばかり。
    (これはこれで好きなのよー。(⌒◇⌒;))

    バラエティー系は見事に編集済みという素晴らしいものだったので
    今でも時々時間があると懐かしく見ているものもあり。
    ≪だから被害(?)は最小限に抑えられたって感じ?≫

    でも元々自分はGファンだった歴史がないから、Gを見切る時は
    きっとGファン経験のある人よりは、ず~~~っと楽だったと思う。
    所詮Gは私にとっては光ちゃんの付録にすぎなかったから。

    それでも光ちゃんが一生懸命関わってきた場所だから・・
    そう思うと、それなりの葛藤もあったんだけど、
    ファン歴のある人に比べたら、恐らく足元にも及ばないと思う。

    でもGを見切った今でも、人さまからの頂き物等は全部保管してある。
    だって嬉しいんだもん。(=⌒ー⌒=)
    その‘ご好意’が。 その‘お気持ち’が。

    だから捨てられるワケがない。何があっても。

    お陰で今週月曜から今日まで暇を見つけては、アイオン、PJ、US等を
    ずっと見ていた。(PJはソロVr.のみ鑑賞)

    ≪アイオンは流石に編集が難しいのでソロだけに編集
     ・・という訳にはいかなかったみたいだし
     自分としても脂紫大嫌いと言いながらも、まだ99年くらいまでの彼は
     今ほどの姿でもなければ、歌い方もまだ若干サラっとしているので、
     何とかギリで受け入れOK。≫

    それらのVを見て、いつも いつも思う事。

    光ちゃんってホンっと凄い。
    当時にしてもうあのレベル。
    全てのことがズバ抜けてる。
    そしてもう後にも先にもこんなに美しい少年は
    恐らく決して、絶対的に出ては来ないだろう。
    もうそれだけ。(大バカ、溺愛上等

    そして当時の姿に時折既にもう今の片鱗が垣間見れたり
    (時々ドキ―――――――、ゾク――――――― とするような場面多々。)
    あら、この仕草は当時からの癖ね、なんて改めて思ったり。

    そのアイオンは95~96年を中心にDVDに落としたものを分けていただいたけど
    一番古い「千年メドレー」は94.09.04.と記してある。
    光ちゃん、15歳だよね。^^

    そして衣装の中にはジャケットの裏地に名札か目印らしき布がピンで留めてある
    そんなものもあった。
    Jr.だから着替えから何から何まで自己管理だった、その証だよね。

    さてちょっと話はズレるけど。
    熊川哲也さんは10歳でバレエを始め、
    1989年に第17回ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人初の金賞を受賞した。
    遅くから始めたにも関わらず、僅か7年でそこまでのレベルに達した偉大な方。
    スゴイことだと思う。

    その熊哲さんと比べてはいけないかもだけど、時々思う。
    光ちゃんが事務所に入ったのが12歳の時。
    その翌年にはもう例の腐れ縁が出来て、TV等に出演し始めたらしいけど
    ダンスレベルは私が知ってる15歳当時には、既にもう素晴らしいものになっている。

    人生に‘もし’はないとは言うものの、あの時光ちゃんが入ったのが
    事務所ではなく、バレエ学校だったら。
    第2の熊哲さんになってたかも、とも思う。

    その時はクラッシックは勿論だけど、出来ればモダンダンス、
    それも光ちゃん振り付けの作品を光ちゃんが踊るさまで見てみたいと思う。

    また、事務所ではなく、フィギュアスケート・クラブだったら…とも思う。
    (私の中では言うまでもなく、ゴールド・メダリストよ!)
    その時はジャンプは無論、ストレートラインステップシークエンスや 
    サーキュラーステップシークエンスなどのステップをどうこなすのか見てみたい。

    (でもそれじゃあやっぱり光ちゃんの‘音楽‘には触れられないから
     やっぱり芸能関係が良かったことだけは確かなんだけど……。)f^_^;

    ……話を戻します。
    その光ちゃんのダンス。
    素晴らしいが故に、ソロを任された場面ではもうレベルが高い振り付けが
    あてられている。

    ユニットで踊る場面でも、場面によっては二人の振り付けが違う。
    難度が違う場面もある。

    また、光ちゃんはバク転もバク宙もできるから、それをする。
    しかしもうひとりの方は、そのどちらも・・だから。。。

    その点だけをとっても、例の彼の心中が穏やかでなかったのは
    容易に想像できる。
    そしてその‘心中穏やかでいられない本当の理由・原因‘を
    今 改めて私は考え始めている……。


     Web拍手 ありがとうございました。 

     30日 1:41さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    「Tell me」は、光ちゃんお気に入りの曲だったのですか?
    うわー、何だか嬉しい。♪d(⌒〇⌒)b♪  だって私、あの曲好きですから!
    「揺れてるランチボックス~」からのくだりが特に好きで。

    しかし残念ながら
    「3 Days Panic!at Tokyo Dome」'98-'99('99.4.21)VHSは
    最初から手元にありません。(T_T)

    アニバはコンにも行きました。DVDも後に買いました。
    しかし前述のように、処分してしまいました。
    (禁忌コンに参加したのは、G・H・アニバのみ)

    しかしまだ光ちゃんファンになりたての頃、KinKi Kids Dome F concert、
    -ISM、風雲再起近畿小子2001、KinKi KISS 2 Single Selection 
    KinKi KISS 3 Single Selection は持っていて
    光ちゃんのお仕事履歴として何度か見ました。

    (実はどれがどれやら忘れてしまって、詳細は公式ページで確認してきました。)

    でも最後に買ったアニバは1~2回見ただけでお蔵入り。
    やっぱり昔のものの方が華やかで楽しめて良かったです。

    最後に買ったアニバは何だか光ちゃんがとても痛々しい印象で
    その上もう当時は例の彼が、もうどうしてもダメになっていたので……。
    何だかそれを考えると淋しいです。(┬_┬)
    純粋なGファンであった訳ではない私ですら……。

    なのでGファンから光ちゃんファンになられた方、または
    スマ兄さんのバック当時からファンでおられた方のお気持ちを考えると
    私などまだまだ傷は浅すぎるくらいだと思います。

    色々教えてくださってありがとうございました。(⌒-⌒)
    (もしかしてお辛くはなかったですか?) それではまた。(^-^)

     30日 1:50さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    ありがとうございました。早速見させていただきました。

    あれは秀作だと思います。
    仰られるように、新旧の良いところをMIXして作ってありますね。
    なんだか懐かしいです。あの頃、バックはMAさんだったんですね。
    思い出しました。アッキーもちゃんといます。

    (余談ですが、今夜からは1996のホワイトシアター、
     続いて1997のローソン・コンを見るつもりでいます。)

    教えてくださってありがとうございました。(⌒-⌒)
    また何かあったらよろしくお願いします。それではまた。(^-^)

     ね○○○さま
    いらっしゃいまし。よーこそでござります。(^^)
    イチロー氏もBなんですか?
    そして内助の功の代表選手のような奥さまはO。

    聞くところによると、BとOの相性は抜群だとか。
    その典型例ですかね。いえ、きっとそうなんでしょう。
    血液型が全てとは言わないし思わないけど、やっぱりそんな風に感じます。

    >自分では思っていないのに 
    >自然とリーダーになってしまうようなところがあるってのが
    >一番の特徴かもしれない。
    >直接話すと 第一印象はあまりよくない。
    >人に媚びるのが苦手かも。でも、気を許すと「馬鹿になる」


    成程……です。そして

    >光一君の根底にあるものは「愛情溢れる家庭」
    >私が一番惹かれたところは「育ちのよさ」 
    >僻みとか妬みとか そういう感情を感じることが無いってところ


    言えてると思います。正にそのとおりって思います。

    あと、いつだったか聞いたことがあります。
    夫婦と言うのは、互いに修行のために一緒になるんだと。
    だから嬉しい・楽しいことより、辛く苦しいことの方が断然多い。
    だから醜いことも起きてくる。沢山。だから当然上手くいかないことが多い。
    別れる・別れないは別として。

    でも全ての夫婦や家庭をそのようにしてしまうと
    誰もが夫婦生活や家庭生活に望みや希望を抱けなくなってしまい
    結婚する人がいなくなってしまう。それではマズイ。

    だから神さまは100組に1組くらいの割合で
    幸せのお手本のような夫婦生活・家庭を築けるカップルを作るんだ、と。

    そう考えると、光ちゃんの育った家庭と言うのは
    もしかしたら、その神さまの考えた貴重な1組のひとつだったのかも、
    なーんて。(⌒◇⌒;)
    だって天使が  生まれて育つ家庭ですから。(笑)

    それとあと極最近ですが、脂紫とその周りを取り巻く環境や人々。
    何だか可愛そう。そう思うようになった面があるのです。

    無論だからと言って彼やそれを取り巻く人々を擁護する気も
    許す気もないんですけどね。(ーー;)
    (うーん、まだ今日は上手く言えない。表現できない。(>_<))

    コメントありがとうございました。それではまた~~。(^-^)

     か○○さま
    いらっしゃいませ~、ようこそおいでくださいました。(^^)
    いいえ、全然構いません。

    それより嬉しいです。そのように捉えてくださって。(*^_^*)
    そうですか、ウケましたか。それもとっても嬉しいです。(*≧m≦*)

    でも文字にするってことは面白い反面、顔が見えない場合は
    難しい面も多々出てきます。
    時にはこちらが思ってないような反応が返る時があって
    そうかー、そう受け取れるんだ! と驚かされることもあります。

    私は文を短くまとめる能力がないので余計ボロが出やすい割に
    長文になるので下書きにだけでも大体普通数時間かかります。
    どんなに早くても1時間は下りません。

    要点だけをチャッチャとまとめられる能力が欲しいです。(ノ◇≦。)
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)


     拾いネタ(受け取り方は人それぞれ……と思います。)

        週刊○春
           http://uproda.2ch-library.com/123511Ljm/lib123511.jpg

        日刊サイ○ー
           http://www.cyzo.com/2009/04/post_1910.html

         (週刊○春は、一旦画像保存して、PCのルーペ機能を使うと
          全文読めると思います。
          尚、著作権の関係でリンクは貼っていませんので
          コピペして飛んでください。(^人^;))

     いくら寡黙な男性(ひと)が好き、と言っても限度がある。
       時々 がーーーっとその口を開かせてみたい衝動に駆られる。
       それでも……喋り過ぎる男より何万倍も好きだけど。(苦笑)


        web拍手ボタン。
              非公開コメントご希望の方はコチラへお願いします。
               (拍手だけでも結構です。力・励みになります。<(_ _)>)
    スポンサーサイト



    | 堂本光一 |