FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-04-06 (Mon)
    昨夜初めて浮気をしました。
    実は・・ずっと誘われてて。
    自分はと言えば、去年からずっと迷ってたんだけど
    それでも何とか踏みとどまってて…。
    でもとうとう誘惑に負けてしまいました。

    ゴメン、光ちゃん。

    彼等が気になりだしたのは・・2年程前から。
    特に注目し出したのは去年から。 ええホント、急激に、だよ。

    気持ちがどんどん傾いて行って、気づくと目で追うようになってた。
    思えばその存在を知ってから、もしかしたらずっと好きだったのかも知れない。
    出逢いは……実は光ちゃん、貴方とより先だったし。

    貴方のGでのデビューは何故か知らない私。
    なのに彼等のデビューは鮮明に覚えてる。
    ・・と言っても、TVの中でだけだけど。f^_^;

    デビュー曲にGの名が繰り返し出てくるのが印象的だったからな?
    3月末、そのGのCMをTVで見てライブ・DVDを出したのを知ったので
    暫く考えた末……ネットで買ったんだけど、それが昨日届いたの。
    (入荷待ちでした。/緊縮財政 must go on!なのに。)

    光ちゃんやGモノ以外で初めて自腹で買った他GのDVD。
    (S○○○は5年ほど前に借りて見たことはあるけど、正直言ってつまんなかった。)
    で、 昨夜Blogをあげて、その後に……見た・・の。

    そこにはリハの様子からコンサート本番に入り、そしてWアンコが終わって
    彼らが舞台裏に捌けてくるまでの様子が収められていたんだけど……。

    こんな広い場所でコンサートが出来ると言う感慨深い思いを抱きながら
    でもリハの最中から和気藹々。
    だけど真剣になる時は真剣になる。アイデアも出す。

    全員がお互いとっても個性的でソロでも各々活躍してるのに
    メンバーが集まった途端に個性はそのままにパッと結束する。
    役割分担もシッカリしているみたい。
    そして良い意味でお互いの領海侵犯をしない。

    けど何かあったら自然にサッとフォローする。
    その上、フォローした後の絵面がまたカッコいい。  
    お互いを尊重し、結束を大事にする気持ち、信頼感。

    Gであると言うコトをとっても大事に思っているG。
    このGだからこそ、ここまでこれたという自負とお互いへの思いやり
    そしてメンバー愛とファンへの愛に満ちたコンサート。
    兎に角ファンを楽しませる、そのことだけに集中してた彼等の思い。
    それらがバンバン伝わってくる。


    結論。

    楽しい!!! すっっっごく楽しい!!! 
    無条件で安心して手放しで楽しめる!!
     

    兎に角誰も一時もじっとしていない。
    笑顔満面で広い会場を走り回り、踊り、歌い、御手ふりもいっぱいで、
    彼ら自身がとても楽しそうにその場を楽しむことで、
    ファンを楽しませ、ファンもまた結束してる。

    そんなコンサートが盛り上がらない筈がない。
    あの場にいたら疲れること間違いないくらい コンサート時間中は盛り上がりまくり。
    無論カメラ割も平等でそれぞれの輝く笑顔をいっぱい捉えてる。

    どのメンバーもキラキラ輝いている。
    知らない歌が殆どなのに、初聞きの歌が殆どなのに……楽しい!!
    退屈しない。
    引き込まれる。

    これが本来のコンサートなんだ。
    これが本当に楽しい、でもフツーのコンサートなんだ。

    勿論彼等はとっても努力してる。
    だけど、あの雰囲気、お互いを思う気持ち、ファンを思う気持ち。
    それは常識的な感覚から言えば、ホントはあれがタレント本来の姿。
    改めて思い知らされた気持ち。

    禁忌のコンには3年通ったけど、とうとう1度も味わえなかった感覚。
    Gコン・アニバコン・Hコン。
    その3年のコンでは、遂に一度も味わえなかった感覚と感動。

    「見に行きたい!!」

    同時に自分がいかにこういう平和で楽しいコンサート
    フツーの、当たり前のコンサートに飢えていたのか、それも思い知らされた。

    見終わったのが明け方4時少し前。一気にdisk1とdisk2を見た。
    見ごたえタップリの大満足なDVDだった。

    いかにもジャニらしい華々しいステージング。
    でもよく計算された、練り込まれた、最初から最後まで飽きの来ないステージ。
    視覚的にも楽しめる上に、その広い会場を縦横無尽に走り回る彼等。

    会場が広いからと、スタンドのお客さんにも十分楽しめるようにと
    ムービングもトロッコもリフターも、その他ありとあらゆるセットや機材を使って
    少しでもファンに近づけるよう、努力しているのが分かる。

    勿論不要な場面以外ではずっと笑顔のまま。
    今 この瞬間が楽しくて嬉しくてしょうがない。
    そんな思いが伝わってくる笑顔。 全員がそう。
    曲もバラエティーに富んだセトリ。幅広いジャンル……。


    本気で彼等を光ちゃんのように愛せたら。
    何も心配することもないし、TVをつければ毎週彼等に逢える。
    ソロででも、Gででも。  それも複数回、1年中。

    凄く平和で楽しくて気楽だから、ブログはやらなくてもいいかも知れない。
    いや、やってるヒマがないかも知れない。楽しむのに精いっぱいで。

    そのDVDの中から。
    印象的な言葉、其の一。

    リハの合間。
    とてつもなく広い会場で初めて行われるコンサートについて
    メンバー各々がその思いを語る。
    下準備の様子も収められている。
    そのリハの途中。

    広い 広い会場の一番てっぺん。
    そこは真っ暗な中だと舞台先端が見えない。だけど本番では真っ暗になる。
    先端には端っこが分かりやすいようにと、白いテープが貼ってあるけど
    それは実際には見えないらしい。その場所でメンバーの中の一人が言った。

    「もしココでメンバーの中の誰かが、“コイツ気にいらねぇ!” とか思って
     背中をポンと押したら (ココは高いから落ちて) 確実に死ぬよ。」
    「やめてよ、そう言ってビビらすのは~。」

    メンバーの中の二人が暫くそんな会話をしていたら・・
    それを聞いていた他のメンバーが一人、ぽつんと言った。
    「もしそうなっても。オレ、後悔しねぇ。」

    印象的な言葉、其の二
    MCの途中で、メンバーの一人が肩に掛けていたタオルを置きにバックへ消えた。
    それに気づいた、その時マイクを持って話してた人。
    「あ、ちょっと待って。(一人いないから) ○人で○○○(Gの名)だから。」
    バックに行ってたけど、スグに戻ってきたその人。
    ジャケットを羽織りつつ、ちゃんとメンバーにご挨拶。
    気持ちいいね。(⌒-⌒)
    親しき仲にも礼儀あり。そして愛もあり。 

    印象的な言葉、其の三。
    (コンサートは)
    年に1回やるから大切なんじゃない。ずっとやってきたから大切。
    それを積み重ねて、それが積み重なって○○でやれるのが大きい。
    (言葉は全て大体のニュアンスです。)

    オマケ・エピソード。会場となるソコ。

    メインステになる所の上、スタンドのまた一番上に聖○台がある。
    その周りにメンバー全員がいた時、ふと一人が言った。
    「(聖○台の) この中、どうなってるんだろう?」 
    すると他のメンバーの1人がすっと極自然に彼を肩車して立ち上がった。
    勿論、彼にその中を見せるために。
    たったそれだけの事に私は感動した。


    羨ましかった。心底羨ましかった。悔しくもあった。

    禁忌は……CDデビュー前から売れ過ぎてたと思う。
    メンバー全員で苦労するって体験がなかったから…。
    だから余計 Booing があんなになったのかも? とも思う。
    Gの歴史の前半2/3を知らない自分は何とも言えないけど。
    いや、そうだからこそ、そう思うのかな?

    浮気をしたのは。
    ちょっと光ちゃんソロコンを待ちくたびれたのも確か。
    だけど失礼ながら、浮気は浮気。
    私の一番はやっぱり・・光ちゃん。
    いっそ彼等が一番になってくれたら……どんなに楽か。


    Booingのニュースばかりになるだろう、この先暫くの間。
    どうして過ごしていいのか、戸惑う。悩む。
    取り合えず……来週はラジオで凌ごう。


     蛇 足 

    さっき気付いた。今更かもだけど。
    ジャニではフツー、メンバー内では呼び捨て、もしくは愛称か、“クン” づけ。
    なのに Booing が光ちゃんを呼ぶ時、いつも呼び捨てだけのような気がする。
    もしくは “お前” とか。

    片や光ちゃんがBooingを呼ぶ時。
    光ちゃんは呼び捨てか “さん” づけで呼んでるような気がする。
    どうして “さん” づけなんだろう?


     Web拍手 ありがとうございました。v(⌒0⌒)v 

     と○○○さま
    いらっしゃいませ、はじめまして、ようこそおいでくださいました。(^^)
    Gyao magazineがいいんですか?
    今日は残念ながら書店には行けなかったんですが
    明日は行けるので、早速見てきます。

    うん、緊縮財政中でも光ちゃんソロものなら、出来さえよければ
    値段も見ずに買ってしまう私です。(⌒◇⌒;)
    光ちゃんソロものには、どうしても王様買いになり、財布の紐も緩みがち。
    だけどメッチャ楽しみです。(テンション、上がるー!) 

    情報、コメント、ありがとうございました。何かありましたらまた教えてくださいね。
    よろしくお願いします。それではまた。(^-^)

     り○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    はい、そのつもりです。私は各個人を悪者にする気はないのです。
    ただ作品レベルとして捉えると、どうなんだろう? そう思ってしまって。

    私はなるべくオペラグラスの使用は最小限にしたいと心がけているのですが
    そうするといかんせん、どうしても細かい表情は分かりづらい場面が多々。
    でも今回 り○○さまの御体験を聞かせていただいて、
    ああそうか、やっぱり……と確認できて、とても助かりました。

    ならば私も自分の思ったことが決して偏見や過去作に拘り過ぎたものではない
    ということで、前に進んでいくことが出来ます。
    少数派が必ずしも間違っているとは限らないけど、イマイチ自信がなくて。
    単に自分に理解力がないのか、感覚がおかしいのか、
    何かに固執し過ぎているのか、とか。f^_^;

    ただ、光ちゃんに関して言えば、それが的確な意見と思えば
    どのような角度から捉えたものであっても、受け入れてくれる度量のある人
    それだけは信じられます。

    とても参考になることを教えてくださって ありがとうございました。
    また、とっても過分な御言葉をいただき、その上お気遣いまでしていただき
    恐縮兼、深謝です。<(_ _)>
    また何か気付いたこと等ありましたらお気軽に声をかけていただけると
    とても嬉しいです。  コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     真○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    真○さまのような御立場の方から見たら、観劇出来るだけでも感謝しろ!
    そう言われても仕方のない立場なのに、私の気持ちも受け入れてくださり
    ありがとうございます。

    仰る通り、今までとても素敵で感動できていたからこその今回のギャップと言うか
    違和感がとても気になってしまった、それは紛れもない事実です。

    私ももう光ちゃんのホームは禁忌と言うGではない、それは思っていることです。
    逆にだからこそ、と言う思いもあったことも否めないのです。
    ただ光ちゃんが楽しく笑っていればそれでいいの? とか。。

    無論 光ちゃんの生き生きとした心からの笑顔は、ファンとしては嬉しい。
    単純にそれだけなら、本当に嬉しい。いくらでも見たいと願っています。
    その辺りの匙加減が……難しいなぁ~と思うのです。

    あとYくんのことは、今にしてみると、自分もホントは気付いていた。
    少なくともAくんが抜けてからは。。
    だけどそうじゃないと思い込みたかった。今としてはそんな風に捉えています。

    MAは元々メンバーの入れ替わりが激しいGで、
    2000年末あたりから、やっと落ち着いてきたG、そんな風にも聞いています。
    そして2007年秋、Aくんが抜けて、もう一人のYくんがライバルになって。
    その上、いつ復帰してくれるんだろう? 
    そう期待して待っていたAくんは去年事務所自体を辞めてしまった。

    あまりに急激に起きた立ち位置の変化。
    ショックだったし、残された3人がとても心配でした。
    できることならずっと ずっと心の底から信頼できる仲間同士でいて欲しい。
    この先、ひとつのGとしても、光ちゃんの心から信頼する仲間としても。。

    そして光ちゃんソロの場面では、いつも一緒にいて、支えて癒して欲しい。
    光ちゃんファンの勝手な我儘とは重々承知しながらも、そう望んできました。
    3人とも其々に個性も実力もあるのだから、それも生かして3人での活躍の場も広げて欲しい。

    滅多なことでもない限り
    恐らく直にこの目で彼等の舞台を観に行くことは叶わないだろうけど
    陰ながらそれも祈っていました。
    この先彼等はどうなって行くんでしょうね。

    さて先週末に発売されたオリ○タ、相当迷ったんです。実は。f^_^;
    理由は真○さまと同じです。
    今 月末の$誌、P誌をなるべく買わないようにしているのも同様。

    基本、気に入りさえすれば私も光ちゃんソロの記事が載っているものは
    原則全買いですが、今回のあの2誌はどうしても踏ん切りがつきませんでした。
    B=PASSとベスト~を足して2で割ると完璧だったかも。

    さて。 舞台の千穐楽からもう1週間が経とうとしていますが 
    (早っ!/いや、まだ1週間と言うべき?)
    ファンと言うのは貪欲ですから、そして淋しがりでもありますから
    どうしてもスグに次の約束が早く欲しくなりますよね。
    ホントに待ち遠しい今日この頃です。(光ちゃん、ゴメンだよー。/(^人^;))
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     更にヘビ足 

    醜悪な堂兄はブログを書きながら横目で見てた。
    誰がアイドル? あんた靴を脱いだはずでしょ? いつのまに また履いたの?
    あんなデブデブ・ダルダルなアイドルなんて見たことないっちゅーの!

    デブ専の俳優にもなれず、アイドルにもなれず、
    無論ミュージシャンなんて、チャンチャラおかしくて誰も鼻にも引っ掛けずに
    みんなに同情されて食ってること、いい加減気付けちゅーの!
    オメデタイにも程がある
    スポンサーサイト



    | コンサート・ライブ |