FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-04-04 (Sat)
    Look at STAR! B=PASS  オリ○タ
    先週末はちょっとした雑誌ラッシュ。
    勿論、森繁超えの記念公演の模様。
    さーて、どれにしようかな?

    Look at STAR!

    グラビアはまぁまぁだったけど(記念日らしかったしね)
    テキストが……既読のことが多々。
    あのテキストは何?
    何で新たに書き起こす気がないの? ムカつく。
    古い記事をそのまま、必要部分のみ抜き書きして載せたみたい。
    折角のグラビアが台無し。 

    B=PASS

    >8年5ヵ月の日々で、彼が成し得た偉業。、
    >これを機に由緒ある舞台『Endless SHOCK』を掘り下げてみたい……
    テキストは一番良かったものの、でもグラビアが記念日らしくなくて……。

    だけどそのグラビア。
    汗に濡れた座長さまの肌がそそり、メッチャ萌え。はあと 
    白い衣裳がまたまたいいの。最強MAXのグラビア。

    だけどね……くどいけど記念日らしさがないのよ。
    テキストは抜群なのに何て勿体ない。
    うーん、残念、惜しいなぁ。ホントに惜しい。

    問題はオリ○タ。
    3冊中、もっともリーズナブル。

    でも……
    汚物がいっぱい。 まず表紙が……。  
    遠目にも分かる、その汚さ。 汗;;汗;;汗;;  そしてそれはきっとその中にも。

    そう思うと……手に取るだけで、そう思うだけで ひ――――――― げ

    だけど。。
    座長さまのお姿は拝みたい。

    仕方がないので平積みされたその本の山の上の部分の
    何冊かを目をつぶったまま、「えい!」と、まとめてひっくり返す。
    そして恐る恐る中身に気をつけながら座長さまのページを後ろの方から探す。

    ほっ……
    何とか無事に座長さまのページに辿りつけた。
    うん、グラビアは一番記念日らしい。テキストもまあ……ここなら、こんなもんか。

    しかし...悩む。ひい
    さいてあるページ数はどれも同じ。 グラビアはいいですよ、どれも。
    座長さまがメインなんですから、素材なんですから
    まして舞台の座長さまなんですから、最上級であることはあっても悪いわけがない。

    ううぅぅぅうう。
    そしてルクスタ、ベスト~はどっちもお値段800円超え。
    せめて倍のページ数さいてあったらなー。どっちも。

    あああ。 仕方ない。
    泣く泣く汚物つきを買ったわさ。光一ビンボーど真ん中だもん。出費  
    今年の観劇には予算をオーバーして色々使ったし。
    (洋服とか、ステージフォトとかねー。日帰りが1回もなかったし。)

    それに きっと きっと 今年あるであろうソロコンに向けて
    緊縮財政体制は是が非でも続けなければ。

    緊縮財政 Must Go On
    定額給付金支給前に、その分の金額は遥かに超えて既に使っちゃったしね。

    あああ くそー。 それにしてもムカつくーーー。
    また抱き合わせかよ  そんなことしても読まねーよ  開きもしないよ

    表紙なんざ家に持ち帰るのも汚らわしくて、清算と同時に手でバリバリと切り離して、
    書店のゴミ箱に八つに破って捨てたわよ。 (これがホントの八つ裂き?)
    ああ ちょっとだけスッキリ。ぷぷ


     web拍手 ありがとうございました。 

     の○○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    そうですね。私もそう思います。

    最後に観劇した日、あの日私はもうここまで来たら
    いきさつや内部事情はどうあれ、座長さまの思いに応えよう
    そう思って 「思いっきり楽しもう!」 とばかりに
    アドリブ部分では思いっきり笑って帰ってきました。

    3度目までは本音を言うと苦々しく思っていたんだけど
    もう今年の観劇も最後だからと開き直り気分も手伝って。
    だけどあとでよく考えたら、それってどうよ? …と反省もしたんです。

    それは

    >座長さまが勘違いするひとつの要因にもなった

    の○○○さまの仰るとおりだと思います。(反省) 
    帝劇内で爆笑が起きるたび、こういうものが求められているんだ
    そう思われても仕方がない。

    無論、そう思っている方にまでそれを押しつける気はないですけど
    少なくとも作品レベルとして 「?」 と思っているなら……
    あまり乗らなかった方が良かったのですよね。

    >否定意見はなかなかおおっぴらにはならないし、言いたい事があっても
    >黙ってしまう場合が多いから、光ちゃんも勘違いしちゃったのかもしれない。
    >今一番恐いのは、光ちゃんが自分のファンは
    >「こんなもんでいいのか、これを喜ぶのか」って思って、
    >禁忌の光ちゃんのようになってしまうことです。(そんなことないと思いたいですが)


    いちいち うん、そうだった、と頷くことばかりです。
    1回目の観劇では今年のSHOCKの意味が分からなくて
    やたら軽くなってしまった感があった。

    酷い言い方をすれば、帝劇内で行われる、
    まして大賞を受賞した翌年のSHOCKがこれ?
    そう思うと何のためにこの1年、この日にかけてやってきたのか…
    脱力したんです。
    そして理解できない自分にイライラした。不満がありまくりで焦りました。

    2回目も改善されたとは言え、不完全燃焼感が残りました。
    3度目は半ば無理くり自分を納得させようとして、ああいう解釈に落ちつけた。

    でも……舞台上には被りモノを被ったオーナーと、
    グタグタになった 『堂本光一』 がいた。

    4度目はもう最後だから理屈抜きに何も考えずに楽しもう。それに徹した。
    ハッキリ言うと、そうするしか手がなかった。自分的に。
    そうしないとこの1年の自分が報われない気がしたんです。

    楽しかった、納得できた、最高の作品だったと思いこみたかった。
    そうしないと、何のためにあの救済コン等を耐え忍んできたのか
    そう思うとやり切れなかったし、いたたまれなかったんです。

    だけど自分のそいういう態度が、思いが
    光ちゃんに誤解を生ませるひとつの要因になるとしたら。
    やっぱりいけないことだったんだと今になって思います。

    堂本光一ファンとしても、その人の創り出す世界のファンとしても
    それらを大切に思うなら、尚更自分の気持ちにも正直であらねば。
    反省ですね……。

    来年、またあの作品が再演されるなら……今度はもっと冷静に
    キチンとその人や作品と対峙し、そして自分に正直にいよう。
    そう思っています。コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     非公開希望さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    御同意、ありがとうございます。

    そして貴女さまの行動力に頭が下がる思いです。
    (非公開御希望と言う事ですので、この辺にしておきます)
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     3日 10:54にくださった方
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)

    座長さまのあのコメントは、色々周りが騒ぎ、つつかれやすい立場の
    そして不安いっぱいで舞台に臨み始めた彼女の成長ぶりや
    予想以上の根性の据わり加減を褒めた言葉と受け止めています。
    (あの役はとっても難しい役どころですしね)

    だから実際には座長さまはそんな彼女を温かく優しい目で見つめながら
    掌で踊っていたフリをしていたんだと思います。

    ただ、

    >タイタニックは一つの部屋のほころびから
    >たちまち全体の崩壊につながり沈んでいった。
    >プレーイングマネージャーは極めて難しい。
    >冷静にファイトしろ、どんなときも常に冷静さを失ったらお終い。


    その点には同意します。

    来年もし再演があるのなら (恐らくあると思うのですが、この流れだと)
    どんなキャスティングになるか、そしてそれをどう梶取りするか、
    正念場になるやもしれませんね。

    でもそういう時こそ彼は強い。私はそう信じています。
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     も○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    私も同じ気持ちです。

    作品の路線、演じられる場所、“作品の立場” 等 それらを考えると
    本当に大変だとは思うのですが、過去の実績も考えねばならないし
    期待もされていると言う事でもあると思うのです。

    だからこそ、より以上に一線を引かねばならないところはキッチリ引く。
    大切なことだと思います。

    私も3月末には笑って帰ってきましたが、
    あとになって冷静になってくるにつれ、段々と考えてしまう事が多くて。
    オマケにあの千穐楽でのカテコでの「あの人」の挨拶。(溜息)

    勿論 も○さまの仰る通り、あの舞台で一生懸命やっていない人などいない。
    それは私も分かっていますが、それと作品の出来やレベルは別問題。
    それがあの世界の掟でもあると思うのです。

    >光一さんの笑顔は好きですがSHOCKではそれを求めていないというか、
    >舞台裏で和ませてくれればそれで充分、
    >舞台上ではコウイチを表現してくれればいいと思っているからです。


    本当にそう思います。
    私も数少ない否定派だったようなので、同じ思いの方がいてくださって
    気持ちが楽になりました。
    無論全てを否定している訳ではないのですが。
    (そのあたりは も○さまもそうではないかな、と推察しますが)

    あと例のYくんの件ですが、私はメル友さんがweb  での彼の日記を読み
    「こんなこと書いてる……」 と言うと
    「そんなのBooingの手前、そう書いてるんでしょう?
     MAさんと光ちゃんの鉄壁の信頼関係がそう簡単に崩れるわけはない。」

    いつもそう返してきていたんですが、例の救済コンを経て……。
    意見は残念ながら変わってしまいました。
    危惧する思いの方が断然強くなってしまったんです。

    「愛してやまないMA!」
    あの日そう叫んだ光ちゃんや、それを見ていた光ちゃんファン
    そしてMAさんファンのためにも、彼には今一度、何が最も大切か
    欠いてはいけないことを欠いてはいないか
    自分を見つめ直してもらいたい。そう願っています。

    ただ、4人から3人になって間もないうちから
    仕事面で急にそのバランスが崩れてしまったのも確かなことで
    色々心情的に複雑な思いがあるのは人間として無理からぬこと。

    そうも思いますが、肝心な、一番大切なものだけはなくして欲しくない。
    そういう時こそ、それを忘れて欲しくない。それも願っています。

    私もあの日のMAさんたちには、とても楽しい思いをさせてもらった一人だし
    SHOCKでは毎年同じ板の上で苦楽を共にしてきたのを
    多少なりとも垣間見てきたからこそ、彼に寄せる期待も大きかったのだから。

    CDデビューこそしていないけど、彼等は実力派なんだし、
    彼はそのGの一員であるのだから。

    コメントありがとうございました。これからも何かありましたら
    また御意見を聞かせてください。よろしくお願いします。それではまた。(^-^)
    スポンサーサイト



    | 日記 |