FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-04-03 (Fri)
    今年のSHOCKほど賛否が分かれたSHOCKはないんじゃないか。
    それは私も感じます。
    (今日は先回より更に更にまた辛辣なので、苦手な方はご遠慮くださいね。)

    今まではどのライバル役の解釈がいいか、好きか嫌いか
    そんな話は私も聞いてきたし、自分もしてきました。
    また、貴女さまの仰るように、光ちゃんは言うまでもなく勿論大好きだけど
    “光ちゃんの創り出す世界が好き” そういうファンもいます。
    私もその一人です。

    だから光ちゃんが提供してくれるものならオールOK、そうは言えない。
    そう言った点から言えば、例えばGでの光ちゃんは好きではない。
    そう思うのと同じ感覚なのかも知れません。
    また、光ちゃんが好きだからこそ、堂本光一の世界を大事にしたい、
    そういう思いも強いです。

    なので光ちゃんが提供してくれる世界に 「うん?」 と思えば
    正直にNo!と私は言います。

    また今回のSHOCKを観て、否定的な言葉を発すると、何故かそれを叩く人がいる。
    そんな場面も何度も見ました。
    Blogや某掲示板等でのやりとりも、私も同様の気持ちで見ておりました。

    幸い私のところには、否の意見を書いても叩きに来る人は
    本当に極々稀で、(アクセスが少ないからかな?)
    逆に賛成の意見を寄せてくださった方の方が圧倒的に多かった。
    それはとてもありがたかったです。

    >屋上もBW.も再会の場面も、アドリブによってグダグダでしたよね?

    と仰る貴女さまのご意見に私も同感です。
    また被りモノまでして出てきたと初めて知った時には
    「はあ?」 と呆れて、開いた口が塞がらなかったのも同様。
    何事にも限度、ボーダーラインがあると思うのですが
    あれは行き過ぎ、それ以外の何物でもない、そう感じてしまいました。

    ハッキリ言って、栄えある大賞を受賞した翌年の舞台がこれか。
    脱力しました。
    1つ1つの部分的な事柄や場面のクオリティーは間違いなく過去最高に高い、
    それだけに何とも残念で勿体ない思いでいっぱいです。

    >悲劇を予見する大事な伏線も台無し。シリアスな台詞も滅茶苦茶です。(中略)
    >楽しければ舞台のクオリティも整合性も二の次なのかい?と。
    >Uさんが千穐楽の挨拶で
     「光一の素の笑顔を見せたくて(アドリブ)やってた。
     光一の笑顔をたくさん引き出せたから成功だった」 というようなことを言ってたそうで。

    >あのー、言ってもいいですか?それは、間違ってるよ。
    >ストーリーを無視してまで笑いに持っていく必要はなかったでしょう?
    >アドリブなんかなくたって、台本どおりきっちりやったとしたって、
     あなたがいただけで光ちゃんは精神的に楽な気持ちで
     舞台をやれていたはずですよ、と。
    >内輪受けの舞台じゃないんだから、演技の途中で役者を素に戻してどうするの? と。


    本当に激しく同意です。
    同じことを思ってくださる人がいた。
    私も救われた思いです。

    私はプレゾンどころか、Endless SHOCKになる前のSHOCKも
    詳細は知らないし、流れに至ってはまるっきり分からない。
    また先輩Gである「S」もあまり知らない。
    だからその辺りのことは何とも評価し難いのですが
    実は全くと言っていいくらい同じ御意見をいただいたことが何回かあります。

    と言う事は、古くからのファンの方で、その辺のことを御存じの方々は
    同じように感じていた方も実は多々おられた、そういうことだと思います。

    >あと、もう一つ……。
    >今年のSHOCKに対して、ほとんどのファンが、
    >そして当の光ちゃんまでもが
     「今年は植草さんが出てくれたおかげで、何だかあったかい舞台になった」
    >と言っているのにも、ちょっとダメ出し。
    >今までのEndless SHOCKだって、そうだったでしょう?と。

    >翼も、亮も、斗真も、大倉がいたカンパニーも、いつも暖かかったでしょう?と。
    >光ちゃんが気持ち的に柔らかい雰囲気で演じられたというのはまた別の問題で。(中略)
    >今年の光ちゃんは「コウイチ」ではなく、堂本光一のままステージに立ってる気がした。
    >違和感の根源はそこにあったんだなあと、今更ながら思いました。


    >今年のSHOCKがどうしてこうなってしまったのか?
     ということについてですけど(中略)
    >舞台が始まる前の演劇誌のUさんのインタで
     「俺がアドリブやろうとすると光一が “それ、本当にやるんですか”
     とか “まじめな場面で笑わせないで下さいね”って怒るんだよ」 と言ってましたよね?

    >だけど、舞台が始まってしまって、 日増しにどんどん
     アドリブがエスカレートしてくUさんに、光ちゃんからは言えないんじゃないでしょうか?
    >座長とは言え、植草さんは仮にも20年も先輩だし、
     やり始めたら乗るしかない、みたいな。
    >それが度重なるうちに、もう修正が効かなくなって行った……そんな気がします。
    >舞台が始まる前、HさんやNさんが言った
     「Uで大丈夫か?」という本当の意味はこれだったんだと思いました。(中略)

    >で、今回、意外な人物が修正係やってましたね。ええ、裏番ことリカちゃんです。
    >光ちゃんのアドリブに笑わず、
     冷静に対処できるヒロインは歴代にいませんでしたよね。
    >Uさんのアドリブにひきずられる光ちゃんたちを、
     びしっと軌道修正して場を繋げてました。(中略)
    >サトメグちゃんより歌やダンスがうまい女優さんはいましたが、
     進行ができる人はいなかった。これは私の中では、かなりポイントが高いです。


    すみません、引用だらけで……。
    でもそれだけ激しく同意!ってことでお許しください。

    彼女はダンスや日舞に関しては、正直イマイチだった。
    でもそれは不慣れなだけで、基礎から練習を積んで行けば、きっともっと上手になる。
    それより、そのシッカリさを私は買いたい、最終的にそう思いました。
    流石は裏番、と言ったら怒られるでしょうが、その辺は称賛です。

    私も来年また今度あの舞台が年上オーナーで再演されるなら。
    Hさんとサトメグさんにお願いしたい。
    Hさんのオーナーだと、同じ年上オーナーで同じ立ち位置でも
    どう変わってくるのか、それに対してリカやコウイチ、その他のメンバーがどう変化するのか。
    それを観てみたい。

    言い換えれば、今年のEndless SHOCKを完成形として次に行くのは
    ストーリー的には 「うーん…。」と言わざるを得ない。
    そう感じます。

    本音を言えば、あのストーリーに年上オーナーは合わない。
    そう思いますが、もしまた年上オーナー登場、となるなら、私はそう思っています。
    (肉体的なことだけを取り上げて考えるなら
     Endless SHOCKはそろそろ卒業して欲しいと思うんですが。)

    プラベで光ちゃんと先輩・同輩格の人、後輩が仲良くするのと
    お仕事で御一緒するのとはまた別問題。
    それを仕事の中に持ち込んでしまうのはどうか、と思いますしね。

    >それはそうと、あの危険きわまりないロープ回し!(怒)
    >28日夜?ロープが光ちゃんに絡まったのも、
     Yくんが両手をちょっとロープから離したせいだと言うレポを読んで怒り心頭でしたよ。
    >よけいな場面で足を捻挫してる光ちゃんにバク転させるし……。


    えぇ―――――――? そうなんですか? 
    バク転とロープ絡まり事件(?)のことは知ってましたが、
    ロープの件はそれが原因だったとは。(激怒) 激怒

    あれはちゃんと上手に成功しても 「気絶しそうに痛い。」
    以前光ちゃんはそう言ってましたよね。なのに……。

    あのロープ、Aくんが回してくれている頃は
    本当にキレイに、まるで当り前のように回っていたけど……。
    実はそう簡単なことではなかった、ということなのでしょうか?
    光ちゃんはその時、珍しく 台詞の中で
    「思いきり足に絡まったけどな。」 とアドリブで返したそうですが…。

    キツイ言い方で申し訳ないけど、Yくんのロープって一向に上達しないじゃないですか。
    DVD見ると、女の人でも上手く回す人は回す。
    ましてあれだけ身体能力があるのに、いつまでも上達しない、
    比べてはいけないと思いながらも、いつまでもAくんと同じようにキレイに回せないって変。

    そう思って去年から見てたけど、今年も結局進歩ナシ。
    挙句は29日には失敗してしまって、あわや、・・という場面になってしまったでしょう?
    なんだか、起きた日程的にも、もしかしたら……? と思えてしまって。
    (ロープ回しが上達しないのも、ロープが絡んだ事も。)

    また、元々Aくんが回すロープはキレイな弧を描くから、
    光ちゃんはその遠心力の助けを借り、本当は楽ではないけど、
    見た目には楽そうに本当にキレイに回っていました。
    だけどYくんにかわってからは、肝心のロープ自体がキレイに回らないから
    光ちゃん自身が勢いをつけて、半ば無理やり必死で回っている。
    そんな印象が最後まで拭えなかったんです。

    そして今年、ロープの衣装が変わりましたね。
    あれ、キレイに回ったら、凄く衣裳が晴れるから、より以上にキレイなロープになった筈。
    だけど結果は……あの衣裳がキレイに花開くことはなかった。
    少なくとも私が見た時にはなかった。

    あの変更は、もしかしたら、
    光ちゃんは今年はYくんも上達するだろうからこの衣装でも大丈夫、
    そう思ったのかも知れないし、邪推をすれば、
    「Y、この衣装がキレイに見えるように回してくれよ。」
    そういう願いが込められていたのか (場合によっては暗黙の注意) なんて
    思ってしまったりして。

    あと性格的な面から言うと、例のYくんは何かどこかで本音を隠していそう。
    そんな印象があるんです。
    以前から彼はJ-webでもBooingの方につくというか
    Booingに好意的な発言を何度かしてきましたね。
    それを目にするたび、彼はわざとそう言っている。
    そう解釈しようと努力してきたんです。

    MA全員が光ちゃんについてしまったら、Booingは益々暴走する。
    それを恐れてあえて彼はそういう態度を取っているんだ
    だからWebにも、そういう日記を載せるんだ。
    そう思ってきたと言うか、そう思いたいと言ったらいいか。

    だけど救済コンでのあのYくんの態度……。
    ハッキリ言って私はレッドカードを出したんです。
    彼にはフッキングやロープを任せられないって。
    それに彼の役割で何が一番怖いって言ったら、フッキングよりロープかな。
    私はそう思ってました。

    フッキング=フライング。
    万一のことがあれば怪我をするのは座長さまだけでは済まない。
    だけどロープは舞台上のことだけで済む。
    結果として起きてしまったことを前に、うーん、なんだかな~って。

    それに2008年版SHOCK・DVDの時のYくんのロープ。
    比較的キレイに回ってるんですよね。
    去年DVD・カメラが入ったのは、記憶によると確か2月6日。(間違ってたらゴメンなさいです)
    カメラが入る日なんて、関係者は予め分かってますよね、知ってますよね?
    それって……。○△◇だったのか、それとも……?

    そして今年も帝劇内にDVDカメラが入りました。
    あの日のロープはキレイに回っていたのか、それとも?

    MAはAくんが抜け、去年ヤラくんがライバルになってから、
    残念ながら軋みが出てきたと思います。
    Aくんのコトに関しては、MAの存在自体を私はこうなるとは
    予想もしていなかったので、平和なうちはそんなに気にしてみてはいなかったんです。

    だけどAくんがあんな形で急に抜けて。
    そして抜けてみて改めてその存在の大きさに改めて驚かされたのです。
    でも外から聞こえてくる彼に対する評価は二分されていて
    Aくん好き派・賛成派、怪しい派・拒否派、両方いらっしゃるようですが
    私には正直 どっちなのかは分かりません。

    だけど内情はどうあれ、光ちゃんがあれほどの笑顔を向け
    体ごと全て預けられたのは、長ちゃん以外ではAくんだけだった。
    光ちゃんのあの笑顔を引き出せる数少ない人だった。
    そんな気がしますし、ただ言えるのは、それだけです。

    その点においては、彼はEndless SHOCKにしろ、ソロコンにしろ、
    一緒に仕事ができる可能性の高い中では、ダントツ1番 そんな存在だったと思います。

    去年の帝劇ポスターの光ちゃんを一目 見た時。
    光ちゃんの目を見て、何とも言い難い思いがしました。(T_T)
    まだ幕が開く前というのに、その顔はやつれてすら見えました。

    だからそれらを総合して考えると、今後も光ちゃんがソロコンや舞台をする時
    MAさんたちみんなは、単独舞台も立派にこなす実力もあるんだし、
    光ちゃんも信頼してるんだから、彼もそれに応えてほしい。光ちゃんをシッカリ支えて欲しい。
    それにMAさんたちと仕事をするなら、先にも言ったように、その性格を考えると
    Yくんは逆におろせない。下手に注意もできない。万一、それが逆効果になると怖いから。

    あとYくんにはもし万一何か思う事があるなら、正直に打ち明けて欲しい。
    光ちゃんにも何かあったら言って欲しい。
    万が一何かあるなら自ら気付いてほしい。
    本当は 「愛してやまないMA!」 そう言った光ちゃんのためにも
    信頼したい。信頼させて。 そう思っています。

    ○○○さま、Blog内でのメールへのレス、お許しください。
    丁度私が思っていることと被る部分がとても多かったこと
    そしてこれまた偶然にも近々取り上げたい、そう思っていたこと
    それが重なってしまいましたので……。

    以上が私が感じたことです。非常に辛辣だとは思いますが、
    そうであってほしいと願う部分も……多くあるのです。

    お断り
    今日のBlog、自分の推察に基づく個人攻撃が強い。自覚しています。
    多くの方々がどこでどう目にするか分からぬネットに乗せると言う事がどういうことか。
    覚悟はしています。

    でも言わせていただけるなら、これが 「一光ちゃんファン」 の本音でもある。
    そう御理解いただければ幸い、とも思っています。


     サトメグさん Blog。千穐楽のことが。
       http://official.stardust.co.jp/sato/diary.html

        Kちゃん、情報ありがとうございました。\(^0^)/


     ★☆。.:*:・“゚★(‘-^v)web claps Thanks!(v^-‘)★。.:*:・”☆★  

     の○○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    いいえ、どういたしまして。

    でも私もあのように推察し、納得させることにより、4回目の観劇では舞台そのものに集中し
    心から笑い、心から涙してきました。
    そういう意味では、オールOKなファンでもある、と言えるでしょう。

    あとこれは私の勝手な解釈なんですが、多分貴女さまと私、
    同じように感じている部分、きっと沢山あるんじゃないかな、そう思っています。
    また時間が取れるようになったら、ゆっくりお聞きしてみたいと思っています。(ダメ?)

    >今回のSHOCK、光一くんファンとしては、Uさん効果によって
     素の光一くんを感じられる温かくて素敵なステージだった。
    >でも作品ファンとしては存在理由のはっきりしないオーナーに
     イライラした。そういうことなんだね。
    >自分は光ちゃんのファンであると同時に、光ちゃんの創り出す世界の大ファン。
     だから今年のSHOCK、嫌いじゃないけど、う~んって悩んじゃったんだなぁと。


    うん、凄く分かります。私も同じですもん。
    まぁ 兎に角凄い難産で、無理くりに落ちつけた、そういう部分もある、
    それが正直な感想です。

    それにね、光ちゃんだって人間だし、
    できることや出来ないこともあるだろうし、言えることとそうでないこと
    それだってあると思うんです。色々とね。

    その上 年上オーナーを初めて入れるにしては
    脚本等を練り込む時間があまりになさすぎた。それもあると思うんです。
    (つくづくG活動が邪魔だ) 

    あと 「漠然と感じた事」 は、今後 の○○○さまが
    言葉にできることが出来たら、教えてくださると嬉しいです。
    無論そうできないことだってあることも承知していますのでご安心を。

    あと文章を書くのが遅いのは私も同じだし、私なんかタイピング自体が遅いんです。
    昔と違って指を痛めてしまったので、思うように動かない指があるし
    長時間打っていると全部の指がこわばったり痛むので……。
    恐らく再度受験したら、もうPCの検定は合格できないと思います。
    (そんなだからケータイでメールを打つのはもっと嫌いだし辛い)

    だからもうPC入力を中心とした事務の仕事に就くのは無理でしょうね。
    筆記なんかはもっと悲惨ですしね。キー入力より力が要るから。
    ではお体に気を付けて。また時間ができたらゆっくりお話したいです。
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)
    スポンサーサイト



    | 舞台 |