FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    2009-03-28 (Sat)
    キラキラ・ビーム  に当たったあとは暫く社会復帰ができましぇん。
    何かね。
    元気をもらった筈なのに、何も手につかないの。(情けない) 
    それもこんなに引きずったのは初のこと。
    それは多分……。

    今年ほど真剣にストーリー等を追って、何とかこれを理解したい!!
    …って思った年はなくて、そのせいもあるかもだし
    非常に光運にもお声掛けをいただいて観させていただいたのが
    my楽日となったせいもあるかも。(⌒◇⌒;)

    それも22日夜と23日昼を連続して観て、それが最後になったせいが
    大きいのかも。

    今までにも過去に偶然2公演連続で観劇した経験はあるけど、
    その後にまだ観劇できる、つまり本当の楽日があとにまだ控えてる
    そんな状態ばかりだったので
    今年は初めてづくしの観劇になったので……、ね。(;^_^A

    自分的には物語がやっとストンと胸に落ちてきた22日がmy楽日  
    23日はやっと純粋に物語を楽しむことだけに徹底出来た
    プレゼント公演だと思っています。 

    それにしてもね。。。
    ふと気付くと、ステージ衣装を身にまとった笑顔の座長さまが
    ほわん……と頭に浮かんでる。はあと
    顔が一緒にだら~~~~~~~っとしてる。
    涎を垂らす直前2秒前って感じ。   (アヤシイ――!! キタナ――イ!!)
    そんなことが一体1日に何回起きることか。
    だけどそれがとってもしあわせ。ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

    しかしそれ故に22日に有楽町駅前で買ったFグラすら読めず……。ひい
    だって他の光ちゃんを見てしまったら、あの時のコウイチが
    夢のように消えてしまいそうで。
    もうちょっと・・もうちょっとだけ
    あのキラキラ・ビーム発光しまくりのコウイチの面影に浸っていたくて。

    帰京してからはずっとカウントダウンが始まっています。
    始まった頃は長いと感じていた2か月、76公演も
    過ぎ去ってしまえば何と短かったことか。
    あと何日、あと何公演……。

    光ちゃん、貴方は今もあの時、あの頃のように、
    日程表に×印をつけているんでしょうか?
    「さぁ 行こかーい!!」 と自分で自分に喝を入れているんでしょうか?


     ★☆。.:*:・“゚★(‘-^v)web claps Thanks!(v^-‘)★。.:*:・”☆★  

     と○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    と○○さまもmy千穐楽を終えられましたか。
    毎年自分は、my千穐楽を迎えると本当の千穐楽を終えた時と同じくらいの
    何とも言えない淋しさがついてきてしまうんですけど……。

    今年は殊更です。
    解釈にこんなに難儀したのも初めてなら、
    参加日程等も初めて尽くしの年だったので余計かも知れません。(;^_^A

    さて先日の座長さまのカテコでのご挨拶。

    「植草さんは自分を落として笑いを取れる人。」
    「人をけなさずに笑いがとれるというのは素晴らしいと思います。」


    そして昨日の公演でのアドリブ。(拾いレポ)
    屋上シーンで、オーナーが、顔に何か落書きをしていたので、

    コウイチ 「何書いてんすか?これ分かんないっすよ。」
    オーナー 「いいの、お前にだけ分かれば。俺はお前の素の笑いが大好き。
           お前の素の顔が見たくてやってんの!」


    と言ったとか。
    これらの言葉や流れから、ぱっと頭に浮かんだのが
    堂兄での光ちゃんやら、G活動をしている光ちゃんの顔。

    無論言うまでもなく、光ちゃんは誰かに愚痴を言うような人ではない。
    どこでどんな出来事があったなんて、いちいち誰かに報告なんかもしない。
    けど、やっぱね、まわりまわって
    いろんなところから情報って回ってきてるんじゃないかな?
    そんな風に思ったんです。

    堂兄やG活動で光ちゃんがどんな扱いを受けているか
    どんな思いで仕事をしているか、どう仕事をこなしているか。
    ほんの少しでも見れば、漏れ聞けば 見る人が見れば、
    聞く人が聞けば、光ちゃんが何も言わなくても、おのずと分かる筈です。

    正直、ここ数日のアドリブの炸裂ぶりは半端ないようだけど
    逆にもう千穐楽が近いからこそ、もうこれで……と思って
    植草さんもあえてそうしているのかな? 何て思ってみたり。
    過日の光ちゃんの言葉には、
    言うに言えない本音が隠されているんじゃないかと思ってみたり。
    (ああ 切ないよー!) 

    あの座長さまのカテコの言葉を、一瞬あのPやBooingに聞かせたい、
    そう思ったけど、厚顔無恥で大バ○二人組には
    決して通じはしないだろうとも思ったり。

    どちらにしても、光ちゃんに少ないとは言えソロ活動の場があって、
    また光ちゃんの真の凄さや偉さを理解してくださる方がいてくださって
    (最近の例をあげるなら、ツツミン監督とかね。) 本当に良かった。
    心底そう思います。(⌒-⌒)

    だけど思うんです。
    光ちゃんだって普通の感情をもった人間。
    ただ器が大きいから、懐が深いから、普通の人ではできないことを実行してるだけ。
    けど、あの二人を相手に、決していい感情を抱くとは思えない。
    いくら光ちゃんが菩薩だろうが何だろうがね。

    単に相手にしてないだけだし、諦めてるだけだと思うんです。
    バ○を相手にどうこうするより、今自分に何ができるか、
    そっちを考えた方が早いと割り切ってるだけでしょう。
    どんな場にいても、どのような目に合わされようと、
    常に自分の感情より Show must go on! それだけなんでしょう。

    あの足がまだ痛む日の収録でまた何かあったのか なかったのか知る由もないけど、
    またあったとしても半ばそれは日常茶飯事化してるんでしょうけど
    光ちゃんの発する良い言葉にも悪い言葉にも、ふっと神経が尖ってしまう癖が
    何時の間にか自分にもついてしまいました。
    (堂本光一道は針と棘のついた上り坂ばかりだから…ね。) 

    さて25日だか26日だかに、またあのPが
    たかみーさんたちと観劇したみたいだけど、ホント―――――――に
    勿体ないお化けが出る思い。
    たかみーさんたちには是非見てほしいけど、あのPだけは余分だ
    例え1回きりでも帝劇にすら足を踏み入れて欲しくないとすら思います。激怒

    私はGからもBooingからも、Booing側についた人間からも、光ちゃんを隔離して欲しい
    解散は無理でもせめて永遠の活動休止をと、心底願っているけど
    肝心の光ちゃん自身は、Jさんご本人の口から直に
    「You、もういいよ。止めよう。」
    そう言われないと止めない人だと思うからこそ
    Jさんの勇気ある一言を今や遅しと待っているんですが……。

    せめて光ちゃんの4月以降の仕事にソロの文字が沢山踊っていてくれること。
    それだけを今は楽しみに待っています。o(^^o)(o^^)o
    何時から何が、と先が見えれば、多少の事は耐えられますから。
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     み○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    いやいやいや、み○○さまの解釈も素晴らしいです。

    >オン・ブロードウェイの舞台裏で既に足もとが見えなくなりかけていたコウイチ。
    >故に放ってしまった言葉。
    >「お前はもう舞台に立つな。」
    >「俺抜きでやれよ!俺の立ち位置もお前がやればいい!」
    >行き過ぎた挑発がヤラに火を付けてしまった。

    ここの部分なんですけど、私はちょっとだけ違う感想を持ったんです。

    この台詞の前にヤラがスタッフをなじって荒れてますよね?
    それを見て「お前は自分の見せ場がなくなって怒ってるだけだろ」と
    光一に図星をさされる。
    それでさらに怒りに火がついたヤラが暴走して、
    「スタッフにこんなミスが起こったのも、コウイチが毎回手直しをさせるから、
     みんな疲れてついていけなくなってるんだ」と。
    「暴走するコウイチにみんな振り回されてるんだよ!」と怒鳴りつける。
    そのヤラに対して呆れて言ったのが上の台詞ですよね?

    コウイチはヤラを舞台から降ろす気はなかったと思う。
    ただ、あの場で冷静さを失ってるヤラに対して、少しきつくお灸をすえただけで。
    まだ舞台の本番中だから、自分を見失ってるヤラに頭を冷やしてもらうために。
    もしかしたら、その日の舞台が終わってから
    「さっきはごめん・・・」とヤラが詫びてくるのを期待して。
    ヤラがそう謝ってきたら、コウイチも 「いや俺も悪かった」と和解するつもりで。

    でも、そうじゃなかった。
    階段であきらかにわざと刀を落としたヤラを見て、
    そして予備の刀が真剣だと知った瞬間にコウイチは犯人が誰か気づいたと思う。
    その時の感情は、『どうして舞台を壊すようなことを?』 という怒りと
    『なぜ俺の気持ちがわからない?』 という悲しみ・・・ではなかったのかな?

    そして 『本当にお前はそれで俺を刺せるのか?』
    と、ヤラの最後の良心に訴えたかったんじゃなかったのかな?
    だから、挑発というよりも、ヤラが我に返って真剣を持っても刺す真似だけで
    あの場を何とかきりぬけて 1幕を終わらせようとしたんじゃないのかな?
    ・・・結局、コウイチの気持ちは何一つヤラには伝わらずに、
    あの悲劇が起きてしまったけど。


    そうですね。そういう解釈もアリですね ええ。 目から鱗です。 にぱ
    ただ、ひとつだけあと付け加えるとするなら、コウイチはこうも言っています。

    「俺の立ち位置もお前がやればいい。」

    この言葉は……トップに立つ者として、決して言ってはいけなかった言葉、
    そんな気がします。
    カンパニーのトップ(座長)としても、トップスターとしても。
    この言葉は相手が例え冷静であっても、それを壊すに十分な言葉だと思うから。

    前々からこのEndless SHOCKという作品は本当に奥深く
    芯の部分の変更はナシに、だけどどのような形にも姿を変えることができる
    本当にEndlessな作品だと書いてきましたが、今年の作品を観て
    更にその思いを強くしました。
    そしてそんな作品を作ってしまった(それも実質若干25歳の時にです)
    堂本光一という人の恐ろしいまでの多岐に渡る才能に改めて舌を巻く思いです。

    今年のSHOCKは今までのどの作品よりも、
    光ちゃん自身の本音が垣間見える台詞が随所に出てきて
    ある意味、とても感慨深い2009年版SHOCKでした。


    はい、私も同様の感想を持ちました。
    そして今年ほど上演中に色々な変更点が多かったのも今年が初めて。
    そんな印象も持ちました。

    大作のコメント、本当にありがとうございました。 
    (大歓迎です。本当にうれしく思います。 でもお疲れになったでしょう?)
    また来てくださいますこと、楽しみにお待ちしています。それではまた。(^-^)

     あ○○○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    もう真剣勝負ですよ、座長さまと私の。観劇中はね。

    座長さまが身を粉にして作り上げてくださった上に、
    FC枠と帝劇枠しか参加する術がない自分だもの、ましてお泊り遠征組なので
    チケが手に入れば10回でも20回でも行ける、というわけじゃないんで
    数少ない観劇チャンスをいかに有意義に過ごすか、それだけに集中します。

    実はあれから光ちゃん絡みのDVDすら見ていないんです、今年は。
    何だか例えEndless SHOCKといえども、見てしまったら
    「今年のコウイチが消えてしまう。そんな気がして…怖いの。」  リカ風に。
      
    それくらい今年のものはショー劇SHOCKでしたから。
    (実際のショー劇SHOCKを私は知りませんが。/(苦笑)
     大体、Endless SHOCKになる前のSHOCK、何年の作品が
     どんな名で呼ばれていたのかよく分からないんです。)

    さて私も今年の作品が胸に降りてくる前は、あ○○○さまと同じ思いでした。
    でも2回目でちょっとだけ胸のつかえが下りて
    そして3回目でやっと自分なりに ああそうか! ……って。f^_^;

    本当にあの舞台は多面性を持っているし、柔軟性をも持ち合わせている。
    観れば観るほど引き込まれ、毎年違う感動をもらえる凄い作品です。
    だけど一方で思うんです。

    いくら光ちゃんが、昔より体力がある、体調もいい。そう言っていても。。
    あの舞台はあまりに過酷すぎる。
    観ている方は満足極まりないけど、でも光ちゃんが本当に命を削っている。
    まるで鶴の恩返しの“つう”のようで、いつか無理がたたって
    空に飛び立ってしまいそうで、その時期を無駄に早めてしまいそうで怖い。

    マチダではないけど、派手なショー部分のない舞台もいいもんだよ。
    そろそろ そう言って次の作品を魅せて欲しいな、なんて……。
    光ちゃんの実力なら、もう私は何年も前から思ってますけど
    歌とダンスと芝居、それだけでも今のEndless SHOCKを超える舞台が出来る。
    きっとできる。そう信じてるし、太く短い堂本光一の芸能生活より
    細く長い堂本光一の芸能生活を観たいし、それについて行きたいから。
    灰になるまで私は堂本光一、その人一筋だから。(爆)

    だからそろそろEndless SHOCKは卒業してくれてもいいな、とも思っています。
    そして地方者の願いとして、全国の主要劇場でも上演可能な舞台を作って欲しい。
    気軽に何度も近くの劇場へ足を運べる作品を作って欲しい。
    そうすれば、チケも当たりやすくなるかもだし、そうなれば
    新規の方を舞台に誘いやすくなって、ファンの裾野を広げられるのにって。

    そうだー。  Jさん、J事務所専用でいい。
    全国主要5都市にJ舞台専用の劇場、建てちゃいなよ、You! (ダメ?)
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)

     野○さま
    いらっしゃいませ、ようこそおいでくださいました。(^^)
    あれは衝撃的でしたね。
    茜! 止めろよ、止めろよ、茜! 何で止めねぇんだよー!
    そう思いつつ見てました。 (無理だってばそれは!)

    何かねぇ。 あまりに風太郎がね、哀れで切なくて哀しくて。
    芯はきっと誰よりキレイで純粋で、だからこそ本当の愛情を求めて
    最後まで彷徨って、そして絶望して……救われないっす。

    あとご質問の件はズバリ当たりでございます。(*^_^*)
    野○さまのことだから、信頼しておられることは分かっていたけど
    初演の頃からは随分改良がなされた今年のSHOCK
    (多分今年が一番変更点が多かったでしょうね)
    それをどう評価されるのか。
    是非!と思えて、今でも思えて仕方がありません。

    だけどあの舞台の当落への道のりに、セオリーはない。そう感じています。
    遠征組の自分は、去年までは土日・祝祭日を必ず絡めてた。
    最初の頃はそれこそ、それオンリー。
    でも段々ヤバい、そう思うようになってきて、平日も絡めるようになった。
    今年に至っては全て平日に的を絞った。

    にも関わらず、蓋を開けたら今年は過去最高の惨敗ぶり。 (|||_|||) 
    しかも3月9日以降に申し込んだ分は玉砕。(当然、記念公演はパス)
    来年からは、再演にしても新作にしても、どうなることやら。
    それを思うと今からもうため息が出ます。┐('~`;)┌  半ばヤケクソ?

    しっかし、豚に真珠、猫に小判の豚ヲタ、禁忌ヲタ、菊○が
    SHOCKに行くのが許せないっす~。
    光ちゃんの楽譜を悪意でもって隠すようなスタッフを飼ってるクセに
    面の皮が厚すぎて菊○には呆れるばかり。


    本当にその通り!!! 
    でも……いるんですよね、現実に。
    先日も開場を待ってる列でのこと、私の前にいた人。
    以前教えていただいた状態のお方がいたんですよ。
    ムッキー!!!!   (猿か、お前は。/えぇそうよ。光ちゃんへ ア~イ愛! だもん。)

    そうそう、話は変わりますが、もう行けないけど、今どうなってるんだろう?
    そう思って数日前にチケット交換掲示板に行ったら……

    SHOCK千穐楽チケと、紫のBD・ライブのチケ交換希望が結構出ていて、
    ビックリ――――――― 
    何でそんな奴らに
    よりによって千穐楽チケが当たるのよ―――――――!!!!!! 
    前楽ってのもあったわ。  ああ ムカつく―――――――!!!!!!
    (もしかして、それら自体が自演?)

    でも泣いても笑っても明日と明後日でEndless SHOCK 2009も終わり。
    淋しさは去年みたいに今後のスケがハッキリしてないから余計だと思うし、
    不安もあるし かもですね。
    ああ なんでもいいから ソロコン 恋、いや 来―――――――い!!! 
    コメントありがとうございました。それではまた。(^-^)
    スポンサーサイト



    | 舞台 |