FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2011-03-14 (Mon)
    被災地の方々には本当に何と言ったらいいのか
    未だ言葉に詰まります。

    月並みな言葉しか浮かびませんが、
    犠牲となられた方々には、御冥福を、どうぞ安らかにと願います。
    被災された方々には、1日も早い日常生活をと願います。


    さて今回の災害においての、東宝さんや事務所の
    「上演する」「中止する」のゴタゴタには
    正直失望し、特に東宝さんに対する
    今までの信頼感や尊敬の念は残念ですが、失せました。

    「Endless SHOCK」という演目が、他のどんな演目と比べても
    緻密で難易度が高く、平常時でも全幕を通して
    無事成功を祈らざるを得ない心地で観劇していると言うのに、

    まだ余震も続き、節電を叫ばれ、
    原発の方も案じられる事態の最中なのに、
    興行主本体が、毎日右往左往。

    振り回されるファンはどうすればいいのでしょう?
    (そこまで判断に迷う理由、道理は何?)

    またこの未曽有の、
    1000年に1度と言われる大規模災害の中で
    何故潔く中止を決められないのかが、とても不思議です。

    上演することばかりがファンサービスでも
    責任の全てでもないでしょう。

    また中止か否かを発表するのも遅すぎて、
    地方から上京するものには、とても間に合いません。
    (東宝さんにしても、事務所にしても)

    近場にばかりいるファンだけで成り立っていると
    勘違いしてもらっては困ります。

    席料の何倍もの
    交通費や宿泊費を支払って観劇に行くファンがどれほど多いか、
    東宝さんも毎年の帝劇枠での応募で分かっておられる筈。
    事務所にしても同様。

    万が一分かってないのなら、残念ながら
    職務怠慢も甚だしいと言わざるを得ません。

    またスタッフさん、演者の皆さんに
    今回の件がどれほどの心労・過労になっているか
    分かっておられるのかも、甚だ疑問に思えます。

    更に被災地の人々はホームページを見るどころではないし
    今回の東宝さんや事務所の姿勢には
    どこをどう折り合いをつけようとしても、
    自分としては、憤りを覚えずにはいられません。

    今 何が最も大切なことか、更なる熟慮を希望します。
    早急に潔い英断を望みます。
    これ以上失望させないで欲しいです。
    また「Endless SHOCK」という演目を汚さないで欲しいです。

    更に興行主さんである東宝さんが前面に出て謝罪せず、
    主演者であり、座長である人を最も重い場面に立たせて
    謝罪させる、その方法にも耐えがたい怒りを覚えます。

    座長さまには最終決定権はないと推察するからです。
    全く関わりがないとは言えないかもだけど
    でも最高責任者でも決定者でもないと思います。

    もっと言えば、失礼な言い方になるけれど、
    座長さまは、ただの使用人、一タレントです。
    また、彼はやれと言われれば何をおしてでも、やる人です。
    そういう意味では、彼はあくまで受け身なのです。

    謝罪をするならば、それに相当する人が出て来て
    シッカリと事の経緯を説明し、誠心誠意、
    その人自身が、お詫びをするべきでしょう。

    また、いくら他の劇団や劇場が、営業の中止をしていないとしても
    それはそれ。

    個々に事情も違いますし、演目内容等も違います。
    見通しの甘さ、
    観劇する顧客の広範囲さに対する思いやりの欠如
    演目の危険性に対する認識の甘さがあるように思えてなりません。

    それと、以前に戦争を体験した誰かが
    (誰かは、記憶にないですが)
    言っておられたのを聞いたような記憶があります。

    お芝居ができるのは世の中が平和だから。
    だから世の中が平和であって欲しいと。

    今、日本は国土の半分が壊滅状態で、
    復旧や復興のメドすら立たない。
    それって今までにない、戦後最大の非常事態でしょう?
    現にまだ余震も続いてるし、原発も怖い状態だし……。

    ただ今 自分が思う事は、「通例」があれば、
    それと同じように「特例」があっても良いと思います。
    「Endless SHOCK」のファン、座長さまファンは
    その辺りはシッカリと理解できていると私は信じています。

    今は頭の中がごちゃごちゃして
    冷静な考えもしにくい今の自分だけど、思う事は、
    ホントに座長さまの気持ちを考えると辛くて……。

    どれだけ無念で悔しいだろうかとも思うし、
    どれだけ心を痛めているだろうかとも思うし
    また、立場的にもどれだけ大変だろうかと……。
    それに今回の震災は誰のせいでもないのに……とも。

    せめて座長さま、もうこれ以上責任なんて感じないで、
    体を休めてシッカリと食べるモノ食べて
    次にすることにちゃんと対応できるよう準備して欲しいです。
    それが例えどんな仕事であろうと……です。


    先日の、いつもの真摯な貴方の姿を伝え聞くと涙が出ます。
    もう十分貴方は手を尽くしました。
    私はそう感じています。
    どうぞもうこれ以上、御自身を責めたりなさいませんように。


    また話は変わりますが、自分は次回の観劇はもう諦めています。
    チケは手元にあるのに、と思わないでもないけれど
    悔しい気持ちがないと言えばウソになるけれど
    色々事情もあり、行くも気がかり、残るも気がかりな状態です。
    仕方ありません。

    もしこの先、SHOCKが上演されるのであれば、
    空席を作ってしまうのが座長さまには申し訳ないけど、
    でもきっと座長さまは御理解くださるでしょう。

    あと新しい座長さまのフォトが出たと聞きましたが
    演目だけでなく、それも見られないのがとても残念です。

    この先、上演再開となりましたら、
    帝劇に行かれる皆さま、どうか自分の分まで
    座長さまに拍手をお願いします。<(_ _)>


    そして願いが叶うのなら。
    座長さま、
    こんな私ですが、またお逢い出来るチャンスが来たら
    どうぞまた御招待ください。(-人-)

    舞台でも、ソロコンでも
    今度は、きっときっと行かせていただきますから……。


    あるところでこんな意見をお見かけしました。
    3月公演は全て中止。
    来年の初日を800回記念公演から始めたらどうか、と。
    私は良いアイデアだと思いました。


    未曾有の事態。
    誰にもきっと正解なんて分らないでしょう。
    どうすることが平等で、正しいかなんて
    きっと選ぶ事すら出来ないでしょう。

    ならばせめて安全と安心と生命を最優先すべき。
    私はそう感じます。



    神さまはどこまで王子に苦難を強いるのでしょう?
    そんなに試さなくても、王子はもう立派な人柄を持ち、
    誰からも慕われ、尊敬される人ですし、
    日々の芸事への精進も類稀なるほどの努力を惜しまぬ人です。

    それを1番分っておられる筈の神さまなのに、どうして?
    ……と、凡人な私は思ってしまいます。

    どうかお願いです。
    王子を1日も早く、平穏な日においてください。
    王子は多くの人々の希望の星なのですから……。

    今最も私が案ずることのひとつは、
    王子、貴方の心身の健康です。


    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)

    13日 to○○さま 13日 03:56さま
    13日 13:23さま 13日 と○○さま

    14日 あ○○○さま 
    14日 Kさま(Sさま? 
           漢字一文字なので正確に分かりかねます。
           御容赦ください。)
       詳細事情の情報ありがとうございました。
       後半部分の御心情、激しく同意!&私もそうしました。

    14日 09:43さま

    コメントありがとうございました。(⌒-⌒)


     

    23:10 追記
    メル友さんから、13日の座長さまの御挨拶の言葉
    ほぼ全文を教えていただきました。
    直感的に思ったのは……

    お客さまを第一に考えるとはどういうことか?
    それをSHOCKカンパニーは考えに考えた末、
    東宝・事務所の上層部に懇願した末、
    あの日の中止が決定したのかも? と思いました。
    あくまで私の推察ですが。

    また他所さまで拝読したところ、
    実際に握手をしていただいた方。
    最後の方だったためか、座長さまの手は
    熱を帯びていたとのこと。

    座長さまの心も手のひらも、どれだけ痛かったのでしょう……。
    スポンサーサイト
    | つぶやき |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。