FC2ブログ
    12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    -------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | スポンサー広告 |
    2011-03-31 (Thu)
    本当なら、今日は華々しい千穐楽の日だったんですよね。
    ステージでのあの1シーンのように、
    舞台裏では、「千穐楽お疲れさま!!」「千穐楽に乾杯!!」
    そうなっていた筈だったんですよね。

    今までずっと続いてきた「SHOCK」、
    でも12回目の千穐楽は幻となってしまいましたね。

    未だ私は千穐楽には御縁がないので
    いつも自宅で“一人千穐楽”なのだけれど
    例年にはない切なさと憂いを抱いた千穐楽になりました。

    誰が想像したでしょう。
    まさかこんな事態になるなんて……。
    未だに、あの日からずっと時が止まったままのような心地です。

    4月になれば、年度も変わるし、
    また1歩前に歩きだせるでしょうか。
    いや、歩きださねばなりませんね。
    そうでないと、貴方についていく資格はありませんね。

    それにこういうことは、今までだって
    本当は有り得ない事態ではなかった筈の事なのですから。

    それでも本当は何かね、
    千穐楽ってあって当たり前だと思っていたと
    無意識のうちにそう思っていたと思い知らされました。

    でもそうじゃなかったんですよね。
    当たり前のことだけれど。

    頭では分ったつもりでいたけれど、芯からは分っていなかった事、
    本当に沢山あるんだって、今年になって
    今更のように色々思い知らされました。

    大体があの演目、考えてみると、王子だけではなく、他の人までもが
    誰も代役が居ない、キャストもだけど、スタッフさんまで代役が居ない
    もしくはそれにほぼ等しい舞台なのに

    今まで電気系統のトラブルで1公演だけ振り替えになったものの
    それ以外は何もなかったと言う事自体が奇跡のようだ、いえ
    奇跡と言っても過言ではないことだったんだ、改めてそう思います。

    その“奇跡”を創り出し続けたのが、
    王子とSHOCKカンパニーと、そのスタッフさん、関係者さん。
    それがどういうことなのか、分かっていたつもりでも
    実は分かってなかったと言う事が嫌と言うほど分りました。

    幻となった今年の千穐楽から色々なことを沢山教わりました。

    そんな千穐楽にはやっぱり
    「千穐楽に乾杯!!!」 ♪( ^^)Y☆Y(^^ )♪
    と言わせていただきたいです。


    先日帝劇に行った帰りに、次の観劇の日のためにと
    東京駅で手頃な白ワインとおつまみを買って帰りました。
    ワインはコンビニではなかなか適当なものが買えないから。

    今日、そのおつまみを食べながらワインを飲みました。
    本当なら観劇の余韻と一緒にホテルで味わう筈だったのに。
    何だか観劇予定日より、今日の方が酷く淋しく感じます。

    そして王子に逢えない、王子の作品、カンパニー、チームに
    もう当分、暫く逢えないって言うだけで、
    こんなに空虚な日になるんだとも、久々に思いました。

    失って初めて本当に分る事ってこういう感覚なんですね。
    何をなくすよりも1番胸に大きな穴があく、
    王子との次の約束のない 「さようなら」。

    初日の、そして帝劇さん100歳の時の王子の輝く笑顔が
    今は胸に痛いです。

    去年の夏のNHKさんの特集で見た
    「どうやって終わらせないようにしようか?」
    そう言いながら笑う貴方の笑顔が今は苦しいです。

    思えば自分が観劇出来なくても、他に観劇された方々のレポ、
    それを読むだけでも本当に幸せでした。

    ごめんなさい、王子。
    今日1日だけは、今夜だけは、泣いてもいいですか?
    胸に空いた穴を涙で埋めたら、また明日からは
    きっと貴方のように前を向いて行きますから。

    それどころではない人々が、今この同じ空の下に
    沢山、沢山みえるのに、愚痴ってしまって申し訳ないと思いつつ……。


    また受け身である私がこんななのですから
    当の王子の思いはいかほどか、私などには想像もつきません。
    またこのような思いや、今まで他にも色々耐えがたい思いを
    王子は沢山してきたと思います。

    そのたびに王子は、もしかしたらそういう自分の思いに
    わざと気付かないフリをしたり、無理矢理にでも
    自分の感情を封じ込めて、一心に歩いて来たのだと思います。

    貴方の性格、主義、志。

    それの究極、突き詰めるところは一言、「お客さま第一主義」。
    全てのことのスタート地点がそこから来ているんですよね。
    だからこそ……と想像すると、
    ファンとして余計に辛いものも出てくる事があるのです。


    だけどコウイチは毎年必ず帰って来るから。
    きっと来年もこれまで通りに帰って来るから。
    1年後にね、
    「ただいま―――――――!!!」って。

    そして来年は栄えある800回記念公演からスタートですね。
    その日を信じて待っています。
    でもチケ取り合戦は更に更にまた超・激戦になるんでしょうね。

    2幕を開けられなかったあの日のために
    貴方がひとりでそっと深夜に下ろしたあの日の幕。

    そのCONTINUEをもう2度と貴方の独唱では聞きたくないです。
    来年の予定回数だけ、CONTINUEをカンパニー、スタッフさん
    そして観客一体となって歌えますように。
    今はただそれだけを願って待っています。


    そして更に願わくば……。
    王子もこれで例え少しでも肩の荷が下りてくれるでしょうか?

    いくら王子のことだから、もう前を向いているだろうと言っても
    それはそれとしてまた別に、色々思うこと、感じる事、
    考える事はきっと必ず多々あった筈。

    誰が何と言おうと、どう決めようと、王子の背負った荷の重さに
    変わりはないのだから。

    それを思うと、ホントに「よしよし」って
    ギューっとハグして、頭をナデナデしたいです。

    王子、本当に今年もお疲れさまでした。
    来年、貴方がまた「座長さま」の顔になるのを楽しみに、
    日付が変わったのなら、こういう自分のジメっとした気分は封印します。

    そう、無理矢理にでも。

    立ち止まらない勇気。
    立ち止まる勇気。
    どちらも大切ですよね。


    さて王子。
    明日から4月、どんなスケが待ってるのでしょう?
    期待しています。
    1日も早く次の約束が欲しいです。

    そして何がどうあっても自分の気持ちに揺るぎはない。

    私は王子が好き。王子だけが好き。
    王子の創り出す世界だけが何より好きで大切。
    バカだけど、それだけはブレない自信があります。

    変でしょう? 



    明日はエイプリル・フール。
    素直な貴方はまた東さまのソレに、騙されちゃうのかな?
    そういう貴方が心の底から大好きです。


    ☆御訪問、web拍手、拍手コメント、ありがとうございました。(*^_^*)

    27日 mi○○○○○○さま 27日 ほ○さま
    ありがとうございました。(⌒-⌒)


    王子の曲たちは名曲揃い。
    故にどんなにアレンジを変えてもまた別の楽しみ方が出来るし
    そうしなくても、例え同じ曲調でも
    名曲には飽きると言うことは決して有り得ません。

    何度でも姿・形を変えて、
    また私たちを楽しませてもらいたいです。

    そして今回の場合は特に、
    「楽しかったBPMコン」だったからこそ余計に
    今はまだ見られない、そう思っておられる方々がいることも
    また確かなのですから、是非にと思います。


    素晴らしいモノは素晴らしい
    凄いモノは凄い
    美しいモノは美しい
    可愛いモノは可愛い

    それもまた世の常なのです。
    スポンサーサイト
    | 舞台 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。