FC2ブログ
    2008-07-01 (Tue)

    あの事務所は本来はミュージカル俳優の事務所である、と

    某所に書いてあったのを読んだ記憶がある。

    事務所誕生の理由は男性版宝塚を目指して生まれたものであったとも

    聞いたことがあるような記憶がある。

    そしてその社長の夢であったことを最も具現化したものが 

    「SHOCK」 であり、それを成功に導いたのが

    光一さんであると聞いた。

    また光一さん自身も、

    Jさんの夢を叶えることが自分の夢のひとつであると語ったことがあるとも

    聞いたことがある。

    全てまた聞きなので、正確さには欠けるかもだけど。


    でもそれを聞いた時、私が最も恐れたこと。


    それは邪推の上に言いすぎかも知れないけれど

    光一さんは舞台中心に活躍し、それを進化させてくれればそれでいい。

    それを最も望まれ、要求されるが故に、逆にそれ以外のソロ活動は

    むしろおざなりにされてしまうのでは? と言うことだった。

    万が一私の邪推がある一部の部分であっても当たっているとするならば……。

    あまりに勿体なさすぎる。

    無論舞台は素晴らしいもの。

    現に何度観に行ってもまだ観たりない気がするし

    観れば観るほどまた引き込まれるし

    舞台上演中にも関わらず、進化し続けているし、

    故に観るたびに新鮮で新たな発見も沢山ある。

    一流の舞台が出来る=役者として舞台だけでなく、

    映画、ドラマ等何でもできるとも言えると思う。

    まして一流のミュージカルができるということは表現者として

    オールマイティーであるということでもあると思う。

    ミュージカルには、芝居、音楽、歌、ダンス、

    ありとあらゆるものが詰まっているから。

    そして更に光一さんの魅力を発揮できる場は舞台だけではないのが現実。

    それに勝るとも劣らない力を “音楽面” でも
    光一さんは併せ持っているのだから。

    その上光一さんは何よりセルフプロデュースの能力に長けている。

    これは何よりもの強みと言えるだろう。

    どんな難題を突き付けられても、

    やりこなせる可能性がより高いということだと思う。

    そんな光一さんを舞台だけに縛り付けるのは 

    Gに縛り付けるに次ぐ罪だと言えよう。

    光一さんはいつも一貫して言っている。

    望まれたからこそ、ここまでこられたと。

    望まれれば、それに応えたいと思っていると。

    また、映画の時にも言ってたよね?

    そこに台本があれば演ずるだけだ、と。

    私たちはもうずっとずっと望んできた。

    Gを完全に見限る前から望んできた。

    欲しいものは私だって一貫しているのに。

    なのに何故望みは叶わないのか?

    どうすれば望みは叶うのか? 

    私たちの声は何処に葬り去られ、

    光一さんの耳に、目に届かないようになっているのか?

    色々な雑誌やその他のマスメディアで募集される

    アンケートやbbsにお願い事を書いても

    時に反映すらされないのは何故なのか?

    何処かから検閲でも入ってるのだろうか?

    そしてどうして光一さんはいつも受け身なのか?

    何故周りから促されないと動けないのか?

    一旦手がけ始めればあんなに前向きなのに。


    ねぇ、答えてくださいよ、J.K.さん。

    スポンサーサイト



    | 堂本光一 | COM(0) |